« 変化への対応と基本の徹底 | トップページ | サステイナビリティ研究のフロンティア »

2013年11月15日 (金)

レッドブルの誕生のきっかけ

2013111552


「レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか」を一気に読んだ。
■「レッドブル」の本社はオーストリアのザルツブルグにあり、レッドブル社の代表はディートリッヒ・マテシッツ氏である。■「レッドブル」は「リポビタンD」がきっかけで誕生した。タイの「クラティンデーン」(タイ語で赤い雄牛を意味する)というエナジードリンクの販売が「レッドブル」のスタートだった。■レッドブル主催の「大阪城モトクロス大会」は今年の6月1日にあった。■7月に旅行したアメリカのコンビニではどこでもコーラとレッドブルが置いてあった。
■関連WEB:「レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか
■関連WEB: モトクロスの世界大会(大阪城)2013.06.01
■関連WEB:大阪城公園でのアジア初の世界モトクロス大会「Red Bull X-FightersOsaka」2013.05.28
■関連WEB:【FMX】RED BULL X-FIGHTERS OSAKA 2013をJ SPORTSにて無料生中継決定!
■関連WEB:レッドブル、52億本の爆走、脅威の成長戦略を暴く

|

« 変化への対応と基本の徹底 | トップページ | サステイナビリティ研究のフロンティア »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。