« レッドブルの誕生のきっかけ | トップページ | 腹式呼吸と笑いでパワーアップ »

2013年11月16日 (土)

サステイナビリティ研究のフロンティア

神戸山手大学3号館での特定非営利活動法人 環境経営学会 平成25年度(2013年度)秋季研究報告大会に参加しました。大会テーマは「サステイナビリティ研究のフロンティア」。
▼「中小企業の省エネ対策」
▼「日本とドイツの比較の視点~エネルギー問題を中心として~」
▼「中小企業の省エネルギーについて」
▼「震災復興における再生可能エネルギー普及に向けた政策提言-ネットワーク理論からの考察」
▼「サスティナブル経営診断2013~ISO26000の中核主題への対応状況を診る~」
▼「韓国における排電子製品のリサイクル現状分析」
▼「東日本大震災における貯水槽水道の学校施設被害に関する調査・分析」
▼「環境マネジメントシステム(EMS)の有効性考究-化学物質管理を対象として」
▼「グループ企業間連携による環境取り組み促進 ― ホンダグループのケース ―」
▼「茅野市におけるミドルソーラー普及の調査研究」
▼「持続可能なサプライチェーンマネジメント~食品小売業の取り組みと企業業績の関係に関する実証研究」
■3.11以降、日本は温暖化対策について消極的である。日本は、20年まで、05年度比3・8%減の目標を表明した。省エネの努力はさらに進めていくべきです。

|

« レッドブルの誕生のきっかけ | トップページ | 腹式呼吸と笑いでパワーアップ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。