« コンサルタント自身が実践している「顧客満足把握法」は | トップページ | 素顔のミャンマー、アジア最後のフロンティア »

2014年1月17日 (金)

「最高のサービス」ではなく「儲かるサービス」を目指すべきだ

20140121


フランセス・フレイ、アン・モリス共著「ハーバード・ビジネススクールが教える顧客サービス戦略」は、「全てが最高」には無理がある。
■企業は「最高のサービス」ではなく「儲かるサービス」を目指すべきだ。■「儲かるサービス」を実践するためには、顧客を納得させ、こころよくお金を払ってもらう仕組み(サービスモデル)が欠かせない。■どこに重点を置き、どこで手を抜くか?誰に費用を負担させるか?■ 顧客を参加させるには?――など、継続的に収益を生み出す サービスモデルの実践的な設計方法を、ハーバード・ビジネススクールの豊富なケーススタディを もとに平易に解説。

|

« コンサルタント自身が実践している「顧客満足把握法」は | トップページ | 素顔のミャンマー、アジア最後のフロンティア »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。