« 世界のISOマネジメントシステム認証取得件数 | トップページ | コンサルタント自身が実践している「顧客満足把握法」は »

2014年1月15日 (水)

動き出すティラワSEZプロジェクト

ミャンマーのティラワ経済特区(SEZ)開発の進捗やSEZ法、現 地日系企業の動向などをテーマとするセミナーに参加しました。日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部主催の「ミャンマー・ビジネスセミナー:動き出すティラワSEZプロジェクト」です。
ティラワSEZプロジェクトは、2013年10月29日の日緬共同事業体「ミャンマー ・ジャパン・ティラワ・デベロップメント(MJTD)」設立、同年11月30日の現 地鍬入れ式により、構想から実施の段階に入りました。今後の開発スケジュー ルや入居受け入れ態勢、入居企業への恩典などミャンマー進出を検討する上で欠かせない情報を入手する絶好の機会です。
◆プログラム:
講演1「ミャンマーの最新経済事情・日系企業動向(仮)」
    ジェトロ・ヤンゴン事務所長 高原 正樹
講演2「ティラワSEZ開発の進捗と今後のスケジュール(仮)」
       住友商事株式会社海外工業団地部 部長付 升岡 裕善 氏
講演3「新SEZ法の概要について(仮)」
    KPMGミャンマー事務所長(日本国公認会計士)藤井 康秀 氏

|

« 世界のISOマネジメントシステム認証取得件数 | トップページ | コンサルタント自身が実践している「顧客満足把握法」は »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。