« ISMS規格改訂解釈基礎コース | トップページ | 原発と戦争はつながっている »

2014年2月 1日 (土)

アートの世界からの提言

201402011


追手門学院大学大阪城スクエア講演会「新しい大学をどう見せるか-アートの世界からの提言-」に参加しました。
■講演者は、アートディレクターとして国内外の美術展等を多数プロデュースされている北川フラム氏、そして、金沢21世紀美術館長等を歴任、現在兵庫県立美術館長の蓑豊氏です。
■ 北川氏は、各地で現代アートの祭典を大成功に導き、地域活性化に貢献、日経ビジネス2014.1.6号の「THE100,2014日本の主20140201


役」に紹介されています。
一方、蓑氏は地方の公立美術館を魅力的な文化施設に変革し、集客に目覚ましい成功をおさめられています。
■関連WEB:北川フラム氏、
■関連WEB:蓑豊氏

|

« ISMS規格改訂解釈基礎コース | トップページ | 原発と戦争はつながっている »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。