« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月31日 (月)

ミャンマー、アジアを母国市場と捉えなおす(NO.3039)

ミャンマーをはじめ、アジアを母国市場と捉え直し、「アジアファースト」という事業構造に転換すべき時がきている。
①アジア全体の最適化を考えてビジネスモデルを構築する。
②経済水準や文化の違いに対応すべく、国ごとのきめ細かな現地化も欠かせない。
■2つの戦略を両立させられるかどうかが成功のカギを握る。                   ■日経ビジネス2014.03.31号の特集です。
20140330

| | コメント (0)

2014年3月30日 (日)

1万人のラジオ体操のお祭り(NO.3038)

201403301_4 20140330_3 生憎の雨のため、は城見ホールで行われた。                 20140330 日時:2014年3月30日(日)午前9時~10時 場所:大阪城公園・城見ホール           主な催し物:                                                  ▼開会宣言                                                   ▼よさこい、ソーラン演舞(近畿大学)                                      ▼みんなの体操、ラジオ体操第一・第二                                 ■ラジオ体操実技講習会は、ラジオ体操指導士青山先生、アシスタント・小野さんでした。  1)みんなの体操 :⑤突き出し運動(全身の弾みと突き出し)                    2)ラジオ体操第一:⑧腕を上下に伸ばす運動                             3)ラジオ体操第二:⑤体を横に曲げる運動                               ■関連WEB:ラジオ体操・みんなの体操

| | コメント (0)

2014年3月29日 (土)

「今どき、いまだに,教養教育?」~本当の人材育成とは何かを考える~(NO3037)

201403291 20140329_4 o京都市、祇園四条のロシアレストラン・キエフでの第7回MOT研究会に参加しました。■講演「今どき、いまだに,教養教育?」~本当の人材育成とは何かを考える~■講師: 京都三大学教養教育研究・推進機構特任教授、京都大学名誉教授、林哲介氏 ■最近になってまた大学教養教育の強化がしきりと叫ばれている。 それは「社会が求める人材の養成」というところから発しているが、本当に必要な人材の質とは何だろうか。■「教養とは1人ひとりが社会とどのような関係を結んでいるかを常に自覚して行動している状態をいうのであって、知識ではない」 「自分が社会の中でどのような位置をあり、社会のための何ができるかを知っている状態、あるいはそれを知ろうと努力している状態」■大学教育のこれからの課題は「50、100年先の人々、社会、世界、地球を思い描く」ことができる人材の育成である。     ■関連WEB:生まれ変わる「パンキョウ」 国際化で教養再評価の動き

| | コメント (0)

2014年3月28日 (金)

大阪も桜の開花宣言(no.3036)

20140328 201403282_4 3036)(N昨日(27日)大阪も桜の開花を宣言しました。大阪城公園西の丸入口のしだれ桜も満開です。
大坂城夜桜イルミナージュ

| | コメント (0)

2014年3月27日 (木)

我が国ものづくり産業が直面する課題と展望(NO3035)

201403271 ◇ 第134回 中小企業診断士技術向上研究会 ◇ 1.日 時: 平成26年3月27日(木) 18:30~20:30 2.場 所: マイドーム大阪7階 大阪府中小企業診断協会 第1会議室 3.発表 : 山下会員 「ものづくり白書と事例」 ▼課題と方向性、主要国の製造業競争力比較、ドイツ比較など ■2013年版ものづくり白書(ものづくり基盤技術振興基本法第8条に基づく年次報告)201403273_2 http://www.meti.go.jp/report/whitepaper/mono/2013/index.html

| | コメント (0)

2014年3月26日 (水)

大阪ユアサ炭寿会(NO3034)

シティプラザで開催の平成26年度の大阪ユアサ炭寿会に参加しました。201403261201403262_2

| | コメント (0)

2014年3月25日 (火)

「新卒一括採用」に国際競争力なし(NO.3033)

25日は東京のオフィスで仕事でした。20140325
往復の車中で読んだ雑誌は下記です。
■日経ビジネス3.24号は「ユニクロ大転換、柳井正の決断」
■AERA14.3.31号は「大特集、捨てる哲学」、潮流「和食を救え」▼あふれるモノ、手放せない欲、しがらみだらけの人間関係、強固になる固定観念---。人は生きていると、いろんなものがたまっていく。成功した人たちは、いかにして「捨てる哲学」を身につけたのか。 20140325_4
■WEDGEウエッジ4月号の特集は「就活」が日本をダメにする~不満続出するリクルートのビジネスモデル。

| | コメント (0)

2014年3月24日 (月)

「ありがとう」には、苦しみを乗り越える力が(NO3032)

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。いつもありがとうございます。
■言葉の花束「3022014.3.15.doc」をダウンロード してご覧ください
☆ 自己肯定感を育んでいけばいい――乙武洋匡「自分を愛する力」(講談社現代新書)
☆「ありがとう」には、苦しみを乗り越える力が――織戸郁子「私を支えた『ありがとう』の言葉」(小学館集英社プロダクション)

| | コメント (0)

2014年3月23日 (日)

「日本一幸せな従業員をつくる!」(NO3031)

『日本一幸せな従業員をつくる!」
4期連続の赤字から7期連続黒字のホテルへの復活。そこには何があったのか?病気でも障がいがあっても働ける?

総支配人の柴田秋雄さんがしたことは
1)経営理念をつくる。
すべての源泉は人だ。朝、早く出社したいと思うような会社をつくる。
会社はあなたにとって学校です。従業員の食堂をまずリフォームした。人を大切にするということは「嘘をつかない」ということだ。研修は社長が行うこと。
2)毎年の事業計画は全員でつくりオープンにする。収支を従業員にもわかるようにする。
3)事業計画の進捗を3カ月ごとに全員参加で説明する。
4)従業員を褒める。
目立たない社員をよく観察してほめる。社員の誕生日を祝う。従業員の感謝の日をつくる。自分の得意なことをしてお客様をもてなす。

■映画の予告編はこちら!
http://www.youtube.com/watch?v=0H3n9Ub4A1Q20140323

| | コメント (0)

2014年3月22日 (土)

セント・パトリックス・デイ(NO3030)

20140322_2 八軒家浜→とんぼりリバープレイス(太左衛門)→八軒家浜 舟の上でのミュージシャンによるライブ。 大阪のど真ん中を舟で巡りながら、ギネスビール片手にアイルランド音楽を楽しみました♪ 5世紀頃、アイルランドにキリスト教をもたらした宣教者が聖パトリックです。 その聖パトリックの命日が3月17日、この日をセント・パトリックス・デイ (聖パトリックの日) とし、アイルランドでは最大級の祝祭日として国を挙げて祝います。 201403222_2 201403223

| | コメント (0)

2014年3月21日 (金)

雑貨店Clasisがオープン(NO3029)

20140320_4 お向かいにおしゃれな雑貨店Clasisがオープンしました。 https://job.rikunabi.com/2015/company/blog/detail/r851910088/33/ 20140320

| | コメント (0)

2014年3月20日 (木)

「製造拠点と消費市場からみたベトナムへの期待」 (3028)

桑蓬会3月例会第336回に参加し、司会役でした、                           ■日 時 :平成26年3月20日(木)、18時30分~                          ■ 会 場 :エル・おおさか  608号室                               ■ 発表者: 中小企業診断士 大佛 健一 氏     ■テーマ: 「製造拠点と消費市場からみたベトナムへの期待」201403201_2

第1章:奈良 201403202 県とフート省&視察団日程
第2章:投資ウオッチャーの目線(アセアン諸国)
第3章:ベトナム
第4章:ミャンマー・ヤンゴン
第5章:ベトナム&ミャンマー経済視察まとめ
■奈良県フート省ベトナム視察団参加、生駒商工会議所と奈良県中小企業診断士会でのホーチミン視察の報告でした。■中小企業のこれからのアジアへの海外展開については、タイ、ベトナムではなく、対日感情が非常によく、政治的にも安定しており、賃金も安く、労働の質も良く、将来の国内市場も見込めるミャンマーが、成長性の観点でベストと考えられる。■後半60分は参加の皆様と活発な質疑応答でした。20140320_2

 

| | コメント (0)

2014年3月19日 (水)

ISO9001・14001:2015年版改定準備セミナー(NO3027)

20140319 経営者・ISO担当者向けの「ISO9001・14001:2015年版改定準備セミナー」に参加しました。 ■講師:株式会社マネジメントシステム研究所・代表取締役・北形幸信氏 ・マネジメントシステムと実際の経営業務が乖離している ・組織の方針・目標・実施計画が、経営リスクや利害関係者の意見を反映していない ・マニュアルが形だけで、機能していない……

| | コメント (0)

2014年3月18日 (火)

世界が注目するミャンマーの魅力と実態は?(NO.3026)

S20140318_4 20140318218日(火)18.30--20.30スキルアップ研修会の講師を担当しました。
■テーマ:「NATO」「4L」と揶揄される日本企業
    ~素顔のミャンマーの視察報告~
■内容
第一部「世界が注目するミャンマーの魅力と実態は?」
第二部「中堅・中小企業へのアドバイス」
第二部「ミャンマー進出は迅速な対応を」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

ウクライナのクリミアのセヴァストポリ港(№3025)

S190507_64 7年前に訪れたウクライナのクリミアのセヴァストポリ港です。その前の日は オデッサでした。 ■関連WEBブログhttp://asano.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_cdbd.html       ■関連WEB:セヴァストポリ http://ja.wikipedia.org/wiki/                       ■冷戦か?  クリミアを本当に編入するのか? 経済制裁がどこまでやれるのか?  7年前に訪れたウクライナ・クリミア自治共和国のセヴァストポリ特別市がいま、 世界の注目の的です。16日のクリミア半島の住民投票でウクライナからの離脱と ロシアへの編入方針が承認されたことで、 当面の焦点S190507_31_2 20140317_3 は編入申請へのロシア側の対応に移ります。もしロシアが編入を強行 すれば、第2次大戦後の欧州を舞台にした主要国(G8)による初めての武力を 背景にした領土拡張となります。

| | コメント (0)

2014年3月16日 (日)

全ての組織人は10年のプロフェショナル・ビジョンを描こう!(NO.3024)

20140316 日本小集団協会の3月例会、今日も皆様から貴重な情報を沢山いただきました。本当にありがとうございました。
■場所:エルおおさか
■ いま勉強会がブームですが、今日の例会は三浦啓親先生が創設され、「日本小集団協会」として、「QC活動を進めるための啓発・研鑽の資料の検討・作成」からスタートし、研鑽研究暦は20年を超えています。
■グローバル人材育成、歴史都市上町台地、古代大阪の変遷、CSRとCSVは何が違うのか、顧客価値経営のすすめ、日本経営品質賞への取り組み「金沢工業大学」、最近の金融・経済情勢、コネクターハブ、省エネへ取り組み加速、元気企業に見る成功の秘密、赤字社長に共通する7つの特徴、全ての組織人は10年のプロフェショナル・ビジョンを描こう!

| | コメント (0)

2014年3月15日 (土)

中小企業経営指導の方向づけ~顧客価値経営のすすめ~(NO.3023)

220140315 520140315 経営コンサルタントの化サロン「ユニコン会」、40年もの長い歴史を持つ由緒ある会です!
経営に興味のある方、ぜひご入会ください。
■15日(土)のユニコン会は下記の内容でした。
■テーマ「中小企業経営指導の方向づけ~顧客価値経営のすすめ~」。
■講師は有限会社サミット・ラボ取締役社長、
    中小企業診断士・技術士・ISO審査員
    ・経営品質協議会セルフアセッサー
    杉村 光二 氏
■経営品質の合議審査(審査チーム)では「組織プロフィールからKFS(重要成功要因)を探る」
■人の「ヤル気」の源泉は成・貢・連(成長感、貢献感、連帯感)。
■「組織に働く人々の成・貢・連を生みだすべく、仕組みを作り、人作りの支援をすることを目指しています」と結ばれた。
■中小企業診断士に挑戦からこれまでの積極的に行動されている活動のお話、とても勇気づけられました。有益なお話ありがとうございました。

| | コメント (0)

2014年3月14日 (金)

大福駅に大きな福が来た!(NO3022)

20140314_2 大福駅に大きな福が来た! ISO9001のお手伝いでした。

| | コメント (0)

2014年3月13日 (木)

ISO改訂版で中小企業経営を強化する(NO3021)

20140313iso2_2 13日の中小企業診断士ISO研究会はこれからのテーマとして「ISO改訂版で中小企業経営を強化する(仮)」の提言をまとめることが決りました。20140313iso1

| | コメント (0)

2014年3月12日 (水)

グローバル人材の育成(NO.3020)

エール学園1号館304での心学明誠舎第14回勉強会に参加しています。演題は「グローバル人材の育成」,講師は心学明誠舎副理事長、エール学園理事長、長谷川恵一氏
■石田梅岩は「先も立ち我つ」という言葉を残し、相手が 喜ぶ支援の思想を説いており 、今の 日本に必要な「グローバル人材の育成 」を梅岩の教えを通して教えていただきました。
心学明誠舎 ホームペジ

| | コメント (0)

2014年3月11日 (火)

名庭園『慶沢園』から見る『あべのハルカス』(NO.3019)

天王寺公園内の大阪市立美術館の右手に広がる名庭園『慶沢園』から見る『あべのハルカス』です。
201403125_2 ■関連WEB:『慶沢園』201403122

| | コメント (0)

2014年3月10日 (月)

シェール革命と世界の最新エネルギー事情(NO.3018)

20140310 大阪商工会議所での時局・時事講演会「サプライチェーンIT化事情」「経営者のための長寿健康法」「シェール革命と世界の最新エネルギー事情」に参加しました。いずれのテーマもタイムリーな有益なお話でした。■JETRO報告書

| | コメント (0)

2014年3月 9日 (日)

笑顔(NO.3017)

ほほえみにまさる
化粧はない

欣淨寺さんに掲示されている言葉です。

20140309

| | コメント (0)

2014年3月 8日 (土)

カネボウの興亡(NO.3016)

20140308 20140308_2 3月の記念講座は第987回。公益社団法人國民會館 会長 武藤治太氏 の「鐘紡の興亡」でした。■戦前に鐘紡を倒産寸前から我国を代表する国際的優良会社に育て上げ「日本的経営の祖」と称される國民會館の創設者武藤山治の八十回忌に、嫡孫の會館会長武藤治太氏が、山治没後の鐘紡の「衰亡」に焦点を充て、人材の宝庫と言われながら優秀な人材を活用出来ず、同社を破綻に至らしめた「歴代経営トップリーダー」の資質の軌跡を辿り、その歴史の教訓について語られました。
■関連WEB:カネボウの興亡―日本近代経営史の光と影

| | コメント (0)

2014年3月 7日 (金)

あべのハルカス(NO.3015)

60階建て。近畿日本鉄道が約1300億円をかけて建設。ハルカスは「心を晴れ晴れとさせる」という意味の古語「晴るかす」にちなんだ。7日は288メートルの高さからの眺望が楽しめる展望台のほか、大阪マリオット都ホテル、美術館がオープン。
■関連WEB:近鉄ハルカス

| | コメント (0)

2014年3月 6日 (木)

テレビ中継のスタッフ数(NO.3014)

20140306 「中継番組が家庭に届くまで」
野球中継やちちんぶいぶい中継などを例に普段なにげなく見ているテレビ中継番組の、裏側についてカメラのことや伝送方法、それぞれのスタッフの役割などのお話をお聞きしました。
■関連WEB:ちちんぶいぶい
■関連WEB:Voice Q&A 
■関連WEB:日本テレビ「東京箱根間大学駅伝競走」 中継制作体制・中継制作スタッフ数 約1,000名

| | コメント (0)

2014年3月 5日 (水)

海外市場開拓時のリスクマネジメント(NO3013)

20140305 「海外市場開拓セミナー~海外市場の動向とビジネス上の留意点を解説~」セミナーを受講しました。
▼「世界の経済動向 ― 新興国の消費市場と新興国開拓上のリスクマネジメント
▼「国際ビジネスに携わる際のコンプライアンス上の留意点」
▼「わが社の海外市場開拓の取組み」レッキス工業株式会社
■新興国を中心に世界のマーケットは急速な勢いで拡大しています。世界各国の企業がこの成長市場を獲得しようと、激しい競争を繰り広げています。このような市場を獲得するには、対象となる市場の経済発展の度合いなどを総合的に勘案し、戦略的に取り組むとともに、現地でのビジネスリスクにも注意を払う必要があります。潜在力が大きい新興国等の消費市場の現状や市場開拓時のリスクマネジメント、米国の海外腐敗行為防止法など巨額の罰金が課される恐れがある外国法令違反に関する留意点を解説していただきました。積極的に海外市場の開拓に挑戦している企業「レッキス工業株式会社」様のお話など、新興国を中心とする海外市場の獲得を検討するには欠かせない情報でした。

| | コメント (0)

2014年3月 4日 (火)

「レジリエンス 復活力」(NO.3012)

20140304 財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。いつもありがとうございます。
■言葉の花束「3012014.3.1.doc」をダウンロード してご覧ください
☆ 困難に直面した際の対処法について知識と知恵を――アンドリュー・ゾッリ+アン・マリーヒーリー(須川綾子 訳)「レジリエンス 復活力」(ダイヤモンド社)
☆高齢期でなければ身につけられない人間性や味わいを・・・――保坂 隆・聖路加国際病院精神腫瘍科医長「老いを愉しむ習慣術」(朝日新書)

| | コメント (0)

2014年3月 3日 (月)

大阪歴史博物館の常設展示「都市大阪のあゆみ」(NO3011)

大阪歴史博物館の常設展示「都市大阪のあゆみ」では、古代から近現代にわたる都市大阪の歴史を、大がかりな復元模型、映像、数多くの実物資料とグラフィカルな展示パネルなどを使って展示しています。
10階:古代
9階:中世・近世
8階:歴史を掘る
7階:近代・現代
■関連WEB:大阪歴史博物館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

避難所開設訓練(NO.3010)

201403021 「中大江西地区避難所開設訓練」
午前10時に大きな地震が発生したことを想定し、ご自身・ご家庭・お住まいの安全を確認したうえで、ご近所どおし声をかけあって、中大江小学校に避難しました。
10.00避難開始
10.10受付訓練
10.40防災講習会開始
11.00消防実技訓練
12.00訓練の終了
■今後の予定
1)家具が倒れないように固定する
2)消火器の使い方の受講
3)組合員対象の勉強会を開催
4)住宅管理組合の消防訓練計画書策定

| | コメント (0)

2014年3月 1日 (土)

「洗脳への糧」(NO.3009)

20140301 ■このたび北川武夫先生が「洗脳への糧」という本を出版されました。
■書名:「洗脳への糧」
■著者:北川 武夫 (2014/3/1)
■出版社: 文芸社 (2014/3/1)
■内容紹介
2009年の政権交代の頃から、民主党政治を応援する意味合いで著者が始めたブログ。月に3、4本更新し、大局的な視座で日本や世界の諸問題に関する私見を綴ったその内容を書籍化した。現代における戦争の意味を問う項や、「党利・党略を超え、私利・私欲を反省し、国民のために献身せよ」との国会議員への提言など、91歳の年輪から生まれる示唆に富んだ内容が、歯切れよく綴られる。
http://www.amazon.co.jp/%E6%B4%97%E8%84%B3%E3%81%B8%E3%81%AE%E7%B3%A7-%E5%8C%97%E5%B7%9D-%E6%AD%A6%E5%A4%AB/dp/428614819X

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »