« 階段健康法(NO3097) | トップページ | スーパーホテルRohas JR奈良(NO3099) »

2014年5月31日 (土)

ヨーロッパから見たウクライナ情勢(NO3098)

14時から「阪南大学あべのハルカスキャンパス」で[第1回]、講師:辰巳浅嗣学長の「ヨーロッパから見たウクライナ情勢」を聴講しました。
この講座は阪南大学創立50周年記念事業の一環として、今春開設した「阪南大学あべのハルカスキャンパス」で、「あべのハルカスキャンパス開設記念公開講座」(全6回)を開催されます。
■7年前に訪れたウクライナ・クリミア自治共和国のセヴァストポリ特別市がロシアに編入されました。クリミア半島の併合問題などを巡り、激しく対立してきた両国関係は、今後どうなるのでしょうか? いま、世界の注目の的です。■ウクライナ大統領選でポロシェンコ元外相が当選を決めたことを受け、対話姿勢を見せ始めたと言えそうです。ウクライナのボロシェンコ新大統領にとって、ロシアとどう付き合っていくのかは最大のテーマです。
◼ポロシェンコ氏とプーチン大統領は6月6日フランスでのノルマンディー上陸作戦70周年式典に共に出席します。世界が注目する初顔になるでしょう。
今後、日本はウクライナ、ロシアとどう付き合えばよいのか。
■22時からのNHK BS1スペシャル、 グローバルディベートWISDOM
「ウクライナ危機の衝撃~変わる冷戦後の世界秩序~」
をご覧下さい。

|

« 階段健康法(NO3097) | トップページ | スーパーホテルRohas JR奈良(NO3099) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。