« 七夕の夜(NO.3116) | トップページ | うましうるわし奈良と世界遺産(NO.3118) »

2014年6月19日 (木)

「巨大地震から中小企業が生き残る」(NO.3117)

  1. 2014061920140619_220140619_320140619_2_2












  1. 「巨大地震から中小企業が生き残る7つの法則」
       ~阪神・中越・東北で実践した防災士が、分かりやすく語る防災とBCP~
    <主催:大阪商工会議所南支部 異業種交流会「Sネット」>
    ■場 所: 住吉大社 吉祥殿「明石の間」
    ■講 師:株式会社BCPJAPAN 代表取締役 山口 泰信氏
    ■大阪市の津波の高さは5M、到達時間は1時間50分と予想されています。大阪に甚大な被害をもたらす恐れのある南海トラフ地震は、今後30年 以内に高い確率で発生することが予想されており、ひとたび巨大地震が発生すると都市機能がマヒし、事業の継続ができなくなります。
    ■関連WEB:南海トラフ地震の被害想定(朝日新聞)2014年3月28日

|

« 七夕の夜(NO.3116) | トップページ | うましうるわし奈良と世界遺産(NO.3118) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。