« うましうるわし奈良と世界遺産(NO.3118) | トップページ | 地域の生活を知ることから始まる(NO.3200) »

2014年6月21日 (土)

 『南海トラフ巨大地震に備えるBCP(事業継続計画)策定支援コンサルティングの実際と課題 ~規模の異なる製造業3社の事例~』(NO3119)

桑蓬会第339回研究会・総会・懇親会

日時:平成26年6月21日(土)15.00~19.00
演題:『南海トラフ巨大地震に備えるBCP(事業継続計画)策定支援コンサルティングの実際と課題
~規模の異なる製造業3社の事例~』
講師:小泉國茂氏
場所:錦城閣
■甚大な被害をもたらす恐れのある南海トラフ地震は、今後30年 以内に高い確率で発生することが予想されており、ひとたび巨大地震が発生すると都市機能がマヒし、事業の継続ができなくなります。■南海トラフ巨大地震に備えるBCP(事業継続計画)策定支援コンサルティングの実際と課題~規模の異なる製造業3社の事例~ BCP策定支援事例の報告です。
■BCPの策定・運用、すなわち事業継続への取組は、特別なものではありません。■雇用・人材育成等と同様に、日々の経営の一環として取り組んでいくものです。 そして、BCPを策定・運用することで、あなたの会社は、緊急時の対応力が鍛えられることに加え、平常時にも大きなメリットを得ることができます。■例えばBCPの策定により、自社の経営の実態(在庫管理の実態、顧客管理の実態 等)が把握でき、こうした日々の経営管理を再確認することができます。また、BCPの策定・運用により、防災に係る融資や保険の優遇が受けられる場合もある他、取引先や社外からの信用が高まり中長期的な業績向上も期待できます。
20140621_3 2014062120140621_220140621_420140621_5

|

« うましうるわし奈良と世界遺産(NO.3118) | トップページ | 地域の生活を知ることから始まる(NO.3200) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。