« 建築基準法施工令の一部改正とエレベーター(NO.3223) | トップページ | 蝉の大合唱(NO.3225) »

2014年7月15日 (火)

USJ「ハリポタ」開業への波及効果(NO.3224)

20140715 午後は大手食品商社のISO監査でした。
■19時からハルカス「ホテル大学」第3回に参加しました。
■第3回のテーマは
「日本のホテルと外資系ホテル~マーケティング戦略を考える~」
▼外資系ホテルと日本のホテル
 マーケティング戦略を考える
▼外資系ホテル戦略の強み
「マネジメント力」と「ブランド力」
▼今後の差別化戦略
①サービス戦略 ②地域連携戦略
▼ホテルの成長ポテンシャル
USJの「ハリポタ」は450億円を投じてつくられた。「ハリポタ」が楽しめる新エリア効果で来園者は年200万人増え、全国で10年間に5.6兆円の経済効果があるとUSJは見込んでいます。■すでに首都圏からのツアーや公式・提携ホテルの予約が好調。■外国人観光客の消費額は13年の約3380億円(推計値)から、30年に約3倍の約9780億円になるととする■ハリー・ポッターへの来園者の相手をするクルーを1000人を新たに採用した。■大阪市内のホテルでの宿泊は難しくなるでしょう。20140715_220140715_1

|

« 建築基準法施工令の一部改正とエレベーター(NO.3223) | トップページ | 蝉の大合唱(NO.3225) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。