« タイ・ラオス研修3日目「タイのワイヤハーネス加工業」(№.3269) | トップページ | タイ・ラオス研修5日目「世界遺産・ルアン・パバン」(№.3271) »

2014年8月27日 (水)

タイ・ラオス研修4日目「ラオス進出の日系男性スーツ製造業」(№.3270)

タイ・ラオス研修4日目

9.30--10.50JETROビエンチャン事務所 ■2014年4月28日開所。 ■JETROのラオス情報2013.pdf ■メコン川の豊富な水資源による水力発電などによる 総発電量の7割はタイに輸出されている。 ■2020年までに25か所の経済特区(SEZ)を設立するという ラオス政府の戦略の下で、首都ビエンチャンや中部都市サワンナケート においてSEZの整備が少しずつしていることも、製造業投資を後押ししている。 ■ラオスがタイとベトナムをつなぐルート上に立地していること、最大10年間 の法人税免税といった優遇措置も魅力となっている。 ■ラオスにおけるビジネス上の課題 ▼労働力の不足、人材採用難 人口が650万人と他のASEAN加盟国に比べると非常に少ない。 寮やバスなどの通勤手段を提供することが必須。 ▼法制度の未整備、不透明な運用も課題。 ▼物流コスト削減のための工夫を タイもしくはベトナム国際港までの陸路輸送分のコストと時間が単純に積み増しされてしまう。
■関連WEB:山田健一郎さんのブログ
■関連動画:ラオスの投資環境 ‐注目される分散拠点‐2013年12月18日(動画をご覧ください)
13.00--15.00㈱サンティクス・ラオス工場
サンテイグループは、サンエヌ(レディース・スーツほか)サンテイクス(男のスーツ)、パンドラ(パンツ)、 アパレルのメンズ・レディス・カジュアル・チャイルドのすべてを海外で生産して日本のマーケットへ。
岐阜新聞2013.12.21の記事 ■グループ総売上115億円、中国総人員5,000名、ベトナム2000名、ラオス500名、日本135名。 ■㈱サンティクス・ラオス工場 ▼2013年4月工場建設しオープン。 ▼従業員:全員で300人(寮:100人、通勤200人)。 ▼日産ジャケット300本、スーツ(ジャケット)300着。 ▼日曜日休みのため1ケ月26日で計算。 1ライン月8000着。年9.4万着。 ▼生産能力:年産19万着(フル生産) ▼出荷先:青山、オンワード、高久、ダイエーなど ▼社員の年齢:20歳。 ▼現状の欠勤はジャケット130人中多い時は10人欠勤。 ▼休暇届けは3日前に提出。 ▼社員の募集方法は口コミ、社員から該当者へ連絡する。 ▼残念ながらまだ目標の生産量にたっしていない。その主因は欠勤問題。 ▼リーダーの識別がない。品質管理の向上策は?
S20140827_372S20140827_366S20140827_480S20140827_503S20140827_456S20140827_397

|

« タイ・ラオス研修3日目「タイのワイヤハーネス加工業」(№.3269) | トップページ | タイ・ラオス研修5日目「世界遺産・ルアン・パバン」(№.3271) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。