« 快適な図書館(NO.3257) | トップページ | 奈良のピラミッド、都塚古墳の現地説明会(NO3259) »

2014年8月15日 (金)

難破した宮から難波宮へ(NO3258)

「難破した宮から難波宮へ-初期の発掘調査と大極殿発見-」
■難波宮第1次発掘調査から60周年にあたることを記念し、盛夏の“なにわ歴博講座”。
■講師:李 陽浩(当館学芸員)
■昭和29年(1954)から開始された難波宮の発掘調査は、当初、なかなか宮殿跡がみつからず、「難破した宮」とも揶揄されました。■そのような中、地道な 調査が続けられ、昭和36年(1961)に宮殿の存在を裏付ける大極殿跡が発見されました。■本日は、難波宮発掘の歴史と謎、初期の調査を振り返りました。
■明日は明日香の都塚古墳の説明会に行く予定です。
20140815_1


20140815_2


20140815_3

|

« 快適な図書館(NO.3257) | トップページ | 奈良のピラミッド、都塚古墳の現地説明会(NO3259) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。