« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月30日 (火)

中小企業の海外展開支援施策(№3307)

10月23日の中小企業診断士技術向上研究会で発表するテーマは「中小企業の海外展開支援施策」です。

「中小企業の海外展開支援策2013」近畿通産局
施策内容
①海外の経済や貿易に関する情報を入手したい(情報収集)・・・・P.1
②海外展開に関するアドバイスを受けたい(相談・アドバイス)・・P.10
③海外のマッチングイベントに参加したい(海外展示会・商談会)・P.23
④国内のマッチングイベントに参加したい(国内展示会・商談会)・P.30
⑤海外取引に関するセミナー・研修に参加したい(セミナー・研修)P.32
⑥海外展開に向け資金を調達したい(資金調達)・・・・・・・・・P.39
⑦補助金・助成金を受けたい(補助金・助成金)・・・・・・・・・P.45
⑧海外でのサポートをお願いしたい(海外サポート)・・・・・・・P.50

20132013__01


40263__01

| | コメント (0)

2014年9月29日 (月)

桑 蓬 会 研究発表例会(No.3306)

営コンサルタント集団  桑 蓬 会(そうほう会) 研究発表例会

20140918_8


10月以降の桑蓬会のプログラムです

○10月16日(木):中小企業診断士・升田さん
「中小企業の会計34問34答を読み込む!」

○11月20日(木):中小企業診断士・松島さん
「省エネルギーについて-省エネの必要性とその対策-」

○12月6日(土):中小企業診断士・内池さん
「宝塚歌劇とキリシタン大名高山右近」

○1月15日(木):中小企業診断士・衣笠さん
「企業における従業員の健康管理」

■関連ブログ:桑蓬会ブログ

20140929

| | コメント (0)

2014年9月28日 (日)

バイオミメティクス、生物に学ぶイノベーション!(No.3305)

20140928


20140928_2199


20140928_2


2015年1月17日(土)のユニコン会で、発表させていただくことになりました。
発表のテーマは「バイオミメティクス、生物に学ぶイノベーション!」
■バイオミメティクス(biomimetics)は、生物の形態や機能の模倣のことで、
Bio(生命)、 mime(パントマイム)、mimic(模倣者、擬態の)を組み合わせた造語です。
▼生物の形態や構造、機能、能力などを模倣し、ものづくりに応用することを「バイオミメティクス」といいます。
▼ヤモリの足裏の構造をヒントにしたくっつきやすくはがれやすいテープ、
▼ハスの葉の表面構造をヒントにした超撥水金属、
▼蚊からヒントを得た刺しても痛くない注射針、
▼鳥や魚の形態を模した空気抵抗の少ない乗り物(新幹線など)
▼水抵抗の少ないスポーツウェアなどがあります。
■いま、バイオミメティクスを産業につなげ、世界に展開していくために、国際標準化(国際規格化)が進められています。

| | コメント (0)

2014年9月27日 (土)

京都大学春秋講義「生命と老化を考える」(No.3304)

京都大学春秋講義「生命と老化を考える」へ。 20分遅刻。残念ながら、「本日は参加者が多く、 入場できない」という掲示。■折角きたので、頑張って二つ目の講義の空きを待つ。 運よく、二つ目の講義を中継TVの部屋で、辛うじて受講できました。

■13時00分~「老化からみた人の一生」石川 冬木 生命科学研究科教授

■14時50分~「安心して終焉を迎える日本的な看取り:その準備、受容、意味」  カール・ベッカー こころの未来研究センター教授 ▼「迷惑をかけずにいきるための手続き12項目」を説明された。20140927


20140927_3

| | コメント (0)

2014年9月26日 (金)

サイバー攻撃の手法とその効果的対策(No.3303)

26日(金)午前中は八尾でコンサル。全員参加による意識改革、改善活動の進め方でした。
午後は【サイバーセキュリティを紐解く!】NEC関西ショールーム特別見学会に参加しました。
▼第一部:特別セミナー
   『サイバー攻撃の手法とその効果的対策
          ~NECの事例をもとに~』
▼第二部:NEC関西ショールーム見学
■情報セキュリティのプロフェッショナルが語る特別セミナーでした。
20140926_1

| | コメント (0)

2014年9月25日 (木)

コストを抑え、ITが経営の戦略的な武器に(No.3302)

25日はIT研修の一日でした。
午後、関西 ものづくり ワールド 特別講演を聴講しました。
20140925_2 ▼『リコーの経営革新とグローバルIT戦略
~ITが経営の戦略的な武器となる為に~』
(株)リコー 理事 経営革新本部 副本部長 石野 普之 氏
▼『コマツのものづくりとIT部門改革 ~ピンチをチャンスに変える~』
コマツ 執行役員 情報戦略本部長 山根 宏輔 氏
■「コストを抑え、ITが経営の戦略的な武器に」意識変革、大変有意義な講演でした。石野 普之 氏は日経情報ストラテジ-10月号のCIOとビッグデータ、「75日の入院で実践した働きた変革」で紹介されています。
■25日の中小企業診断士技術向上研究会は
テーマ「IT関連の中小企業施策とその活用について」
▼講師は福 田 稔さん
・ 中小企業のIT経営促進
・ 戦略的CIO育成支援事業
・ IT活用促進資金
▼10月23日(木)は私の発表です。テーマは「中小企業の海外展開支援」、主な中小企業施策をご紹介します。工業経営研究学会の視察で学んだこともお話します。
20140925_320140925_4

| | コメント (0)

2014年9月24日 (水)

ISO 14001最新改定(DIS)情報セミナー(No.3301)

BSIの「ISO 14001最新改定(DIS)情報セミナー」を受講しました。
▼ISO 14001は、2015年7月のIS発行に向けて、現在改定作業が進行中です。
▼6月27日に発表された国際規格原案(DIS)にもとづいて、改定経緯と改定のポイント、今後、策定・改訂されるマネジメントシステムが適用しなくてはならない共通のプラットフォームである「ISO/IEC専門業務用指針」附属書SLの説明と、今後のスケジュールについて概要を説明された。
1)2015年7月にISO 14001国際規格発行
2)6.1.2環境側面及び著しい環境側面の特定に関する要求事項は基本的に2004年度版を踏襲。
 著しい環境側面=有害な環境影響(脅威)又は有益な環境影響(機会)に関連するリスクをもたらし得る。 
3)6.1.4脅威及び機会に関連するリスク
 組織は、次の事項のために取り組む必要がある脅威及び機会に関連するリスクを決定しなければならない。
▼ISO27001では、「組織のリスクと情報セキュリティリスク」は区別する必要はないという結論になった。
▼ISO14001のDISでは「組織のリスクと著しい環境側面」の取扱いが、言葉の定義、使い方が不統一。 次のFDISにおいて、この取扱いが明確になるでしょう。
■関連ブログ:「ISO/DIS 14001発行 見えてきた改正対応」

| | コメント (0)

2014年9月23日 (火)

北大江たそがれコンサート2014(no.3300)

北大江たそがれコンサート2014プログラム

≪10月11日(土)14:00~17:00≫
【オーケストラ公開リハーサル&吹奏楽コンサート】※雨天中止
◇開催場所:北大江公園→map】
◇入場無料(問合せ→事務局 06-6942-2261)
▼ 14:00-14:45 Le Stelle di北大江オーケストラ
・モーツアルト ディベルティメント
・バッハ ドッペルコンチェルト
▼15:00-15:20 大阪市立東中学校吹奏楽部
・サンダーバード
・アナと雪の女王(吹奏楽バージョン)
・メドレー銀河鉄道999~宇宙戦艦ヤマト など
▼15:25-17:00 Le Stelle di北大江オーケストラ
・映画音楽コレクション

20141110

| | コメント (0)

2014年9月22日 (月)

これでもがん治療を続けますか(№.3299)

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。
いつもありがとうございます。
■言葉の花束「3142014.9.15.doc」をダウンロード..してご覧ください
☆ がんに関する誤った通説と放置療法――近藤 誠「これでもがん治療を続けますか」(文藝春秋)  20140922

| | コメント (0)

2014年9月21日 (日)

飛鳥・稲淵の「案山子コンテストと彼岸花」(№.3298)

飛鳥・稲淵の「案山子コンテストと彼岸花」観賞に出かけました.。

20140921_5_3_2


20140921_5_1_2


20140921_5_2


20140921_5_4


20140921_5_5


20140921_5_8

| | コメント (0)

食生活の乱れが日本の崩壊につながる(№.3297)

20140921_5_3


20140921_5_1


20140921_2


20140921_3_2


今朝9.30から日本小集団協会の6月例会でした。
本日も貴重な情報を皆さんからいただきました。
-------------------------------------
・食生活の乱れが日本の崩壊につながる
・国際比較から見た日本の子供の貧困率
・セルフ・コントロール力から考える
・自立型人間の育成と未来のリーダー作り
・地球のやさしい食べ方
・なにわ男の料理倶楽部
・社会活動参加で要介護リスク減
・気温上昇の目標値修正を
・横須賀に高効率火力
・3Dプリンターモノ作り加速
・車の生産受託、米で加速、アンドロイド
・タイ・ラオス視察「労働コストが低い場所を探して製造業が世界をさまよっている」
・建築業界で人手不足問題と無関係な会社
・65歳から始める健康法
・外国人が選んだ日本の観光地
・五輪戦線異常あり
・建設人材不足解消への取り組み
・21世紀のヤングに与える話
・主要大学の人権問題に取り組む姿勢
・歴史的事実の確認について
・わが国の防人について
・産業競争力強化法関連施策
・創業支援策の全体像
・学び重視の京都試作ネットが生み出す「予期せぬ成功」とは?
・取り残される単工程中小企業
・下請中小企業の現状と今後の政策展開について
・革新の種は異分野にあり
・2020年日本からの人口減少ショック
・人口減少で沈む産業、浮かぶ産業、業種シュミレーション
・人口減を生き残る処方箋、消滅する公的サービス
・サービス産業の現状・課題と政策の方向性について
・おもてなし学、何を教えるか
・カジノ、20年までに3ヶ所、大阪・沖縄など候補
・カジノ事業甘くない
・「研修」で革新的な人材は育たない
■次回は12月14日(日)です。この勉強会のあと特急で阿倍野橋から飛鳥・稲淵の「案山子コンテストと彼岸花」へ出かけました。

| | コメント (0)

大阪城の彼岸花(№.3296)

今年も彼岸花が大阪城京橋口で、咲いています。

20140921_5_2_2


20140921_5_3_3


20140921_5_5_2


20140921_5_1_3

| | コメント (0)

2014年9月20日 (土)

第11回 江坂ISO研究会「消防車工場見学会」(№.3295)

第11回 江坂ISO研究会「消防車工場見学会」に参加しました。

1.日時  2014年9月20日(土) 14:10~17:00 

2.場所  株式会社モリタ 三田工場 大会議室
      兵庫県三田市テクノパーク1番地の5
         
3.次第 
▼第一部 14:10-15:20
1.モリタグループ紹介ビデオ鑑賞           (10分)
2.モリタのビジネスモデル                   (15分)
3.消防車あれこれ ビデオ図鑑             (15分)
4.モリタ三田工場 レイアウト紹介         ( 5分)
5.モリタ三田工場 見学                      (25分)
休憩 (10分)

▼第二部 15:30-16:50 Q&A
1.監査員になったつもりでISO9001/14001の改善点を指摘。

■関連WEB:株式会社モリタ|トップページ

■関連WEB:NHK土曜ドラマ「ボーダーライン」撮影に対する協力について(大阪市
■関連WEB:NHK土曜ドラマ「ボーダーライン」
■関連WEB:NHKトピックス土曜ドラマ「ボーダーライン」
火災や事故などでの人命救助の舞台で生死に関わるボーダーライン(境界線)に立って働く消防士の活躍を描いた作品である。大阪市消防局の全面協力で撮影。消防車も登場します。10月4日(土)21.00から放送予定です。
20140920_2


20140920_4


20140920_3


20140920_5

| | コメント (0)

2014年9月19日 (金)

「テーピング」ウオーキングソックス(№.3294)

「テーピング」ウオーキングソックスの広告を良く見ます。

▼「エコノレッグバリエ」の特徴です。

●テーピング効果で
 足首のねじれを保護!

●かかとを
 がっちりホールド

●パイル編みで
 やさしくサポート

●特殊滑り止めで
 すべりを予防

■関連WEB:エコノレッグ

| | コメント (0)

2014年9月18日 (木)

奇跡の職場(№.3293)

20110307





大商の中小企業のためのビジネス講演会
「~やる気あふれる3K~新幹線清掃隊の現場改善力」
■講師:株式会社JR東日本テクノハートTESSEI
    おもてなし創造部長 矢部輝夫氏
今回は、新幹線のお掃除チームの意識を変化させ、”奇跡の職場”を誕生させたJR東日本テクノハートTESSEI(テッセイ)のお話を伺いました。講師の矢部氏がJR東日本から異動してきた当初は、事故や顧客からのクレームの多い評判の良くない会社でした。矢部氏がスタッフのやる気に火をつけて、現場の力が高まった結果、親会社のJR東日本が新車両を作るときに「現場を知り尽くしたテッセイさんの意見が聞きたい」と言うほどまでになりました。どうやって変わったのか、その事例をいろいろお話20140917


しされました。
■株式会社JR東日本テクノハートTESSEI(テツセイ)
JR東日本の子会社として新幹線の車両と駅構内の清掃を担当している。その超プロフエツショナルな仕事ぶりが米・独をはじめ国内外の主要メディアで「7分の奇跡」と取り上げられるなど、取材・見学が殺到する。また、早稲田大学ビジネススクール遠藤功教授の著書「新幹線お掃除の天使たち」は10万部を超えるベストセラーとなりミュージカル化、大きな話題になった。「3K(きつい,汚い、危険)職場)」での「地味で過酷」な仕事の中、スタッフは乗客の「おもてなし」「旅の思い出づくり」を常に考え、現場からの改善提案を熱心に行う。
■関連WEB:新幹線お掃除の天使たち 「世界一の現場力」はどう生まれたか?
■関連WEB:米ハーバード大が注目した日本の新幹線清掃会社「テッセイ」(1)
■関連YouTube:新幹線お掃除の天使たち - YouTube
■関連WEB:7分間の美学:新幹線清掃の最強チーム [ちょっとお得な話]

| | コメント (0)

心理学を診断に生かす(№.3292)

「経営コンサルタント集団」桑蓬会第341回9月例会

●日時:9月18日(木)18.30~
●場所:エル・おおさか  603号室
●講師:中小企業診断士 清澤 康弘 
●テーマ:「心理学を診断に生かす」

●「なぜ心理学か」

1.学生時代からの関心

2.30年前からのセンシティブトレーニングの受講

3.キャリアコンサルタントの受験

4.ビジネス心理学会

と幅広い内容のご発表でした。

20140918_5


20140918_7


20140918_8


20140918_620140725_2





-------------------------------------------------

10月以降の桑蓬会のプログラムです

○10月16日(木):中小企業診断士・升田さん
「中小企業の会計34問34答を読み込む!」

○11月20日(木):中小企業診断士・松島さん
「省エネルギーについて-省エネの必要性とその対策-」

○12月6日(土):中小企業診断士・内池さん
「宝塚歌劇とキリシタン大名高山右近」

| | コメント (0)

2014年9月17日 (水)

大商夕学講座 2014年度後期プログラム(№.3291)

大商夕学講座 2014年度後期 の予定が決りました。

大商夕学講座 2014年度後期 

プログラム    (全5日程)
第1回 10月3日(金)
 「孫子に経営を読む」
  伊丹敬之 氏 東京理科大学大学院イノベーション研究科 教授

第2回 10月9日(木)
 「成熟先進国におけるビジネスモデルイノベーション」
  高岡浩三 氏 ネスレ日本株式会社 代表取締役社長兼CEO

第3回 11月11日(火)
 「ピンチはチャンス!~『獺祭』を世界に届ける~」
  桜井博志 氏 旭酒造株式会社 代表取締役

第4回 12月9日(火)
 「中国の社会主義市場経済は続くのか」
  駒形哲哉 氏 慶應義塾大学経済学部 教授

第5回 1月23日(金)
 「既存事業の防衛戦略―新たな挑戦者にどう対応すべきか―」
  内田和成 氏  早稲田大学ビジネススクール 教授

| | コメント (0)

2014年9月16日 (火)

桑蓬会第341回例会「心理学を診断に生かす」(№.3290) 

--------------------------------------------------------
           「経営コンサルタント集団」桑蓬会
 
      第341回 例会のご案内 : 9月18日(木)18.30~

--------------------------------------------------------

○9月18日(木)18.30~20.30です。

○会場は、    エル・おおさか  603号室です。
    

○発表者   中小企業診断士 清澤 康弘 

○テーマ: 「心理学を診断に生かす」  
20140725_2
       話は60分間に凝縮し、残りの
       60分は参加の皆様と質疑応答です。

○清澤さんが他の会合で発表される案内状をご参考までに添付します

「2014.09.28「心理学とマーケティング」第111回日本販売促進学会.doc」をダウンロード




○桑蓬会ブログに、7月開催の桑蓬会例会の写真を掲載しています。
  http://sohokai.jugem.jp/

-----------------------------------------------------
10月以降の桑蓬会のプログラムです

○10月16日(木):中小企業診断士・升田さん
「中小企業の会計基準~会計の本質から決算書を読み解く!」

○11月20日(木):中小企業診断士・松島さん
「省エネルギーについて-省エネの必要性とその対策-」

○12月6日(土):中小企業診断士・内池さん
「宝塚歌劇とキリシタン大名高山右近」

-----------------------------------------------------

| | コメント (0)

2014年9月15日 (月)

高齢者の割合:25.9%(№.3289)

総務省が14日、敬老の日に合わせてまとめた15日時点の推計人口によると、
■65歳以上の高齢者人口は3296万人で過去最多だった。                    日本の総人口(1億2707万人)に占める高齢者の割合も25.9%(前年比0.9ポイント増)。
■75歳以上の人口は1590万人で、総人口の12.5%を占める。                   8人に1人は75歳以上の後期高齢者。
■85歳以上も478万人(3.8%)に達した

| | コメント (0)

2014年9月14日 (日)

こんなはずじゃなかったミャンマー(№.3288)

20140914


ミャンマー移民・人口省は8月30日、今春に実施した国勢調査の暫定結果を公表した。
総人口は約5141万人で国際機関などの従来推計より1千万人以上、少ない水準だった。
ミャンマーはこれまで「タイに匹敵する人口を持つ有望市場」として外資企業の進出も
相次いだが、期待が先行した部分もありそうだ。
■「ティラワ経済特区」のうち約400ヘクタールのティラワ工業団地部分が完売した。
次は2015年8月操業をめざす。
■関連WEB:ミャンマービジネスニュース 「ティラワ経済特区探訪」2014年6月1日
■ミャンマーに関する書籍が発売された。
■「こんなはずじゃなかったミャンマー
■株式会社芙蓉書房出版
■著者:森 哲志
内容説明
東南アジアで最も熱い視線を浴びているミャンマーでいま何が起きているのか。
世界の最貧国の一つといわれた国の驚きの実態!
政治・経済のシビアな話から、庶民生活、夜の風俗まで、ミャンマーのツボ15話。
信じられないエピソードがいっぱい。
■目次
その1 狂乱土地バブルに戸惑い&迷走
その2 熱い東京と温度差――ティラワの憂鬱
その3 ニッポン・ポンコツ車は「株券」
その4 物売りがなぜ、法律のガイドブックを?
その5 先進産業縫製メーカーの苦悩
その6 苦難経て、今、ニューリッチ派
その7 似て非なり? 親日・ミャンマー人
その8 我らの思い何処に…哀しきレッパダウンの村々
その9 石頭・軍政のツケは教育に
その10 マークに会えるはずだったのに
その11 横揺れ山手線がこんなに楽しいなんて
その12 夜の街から美人が消えた?
その13 グレーゾーンをぶっ飛ばせ
その14 日本の命運握る「十字架」の攻防(上)
その15 日本の命運握る「十字架」の攻防(下)

| | コメント (0)

2014年9月13日 (土)

生命と老化を考える(№.3287)

平成26年度京都大学春秋講義(秋季)、テーマ:「生命と老化を考える」に参加しました。
■昨日、目の難病患者の皮膚からつくったiPS細胞(人工多能性幹細胞)を網膜の組織に分化させ、患者に移植する手術を実施し成功したというニュースがあったばかりです。
■「生殖細胞:生命を継承する仕掛けを探る」
▼斎藤通紀/医学研究科教授
▼ヒトの体を構成する細胞は、体細胞と生殖細胞に分けられます。▼体細胞とは、皮膚や神経、筋肉、肝臓などの細胞のことで、個体の生命活動の維持に必須な細胞です。▼-方生殖細胞とは、精子や卵子など、新しい個体をつくるのに必須な細胞です。▼どうして生殖細胞だけが新しい個体/生命を産み出せるのでしょうか?  ▼多能性幹細胞(ES/iPS細胞)から生殖細胞を作成する研究は、潜在的に大量の生殖細胞作成を可能とし、生殖細胞の基礎研究を大きく促進する。▼これは他の生命科学領域に様々な波及効果を及ぼしうる。
■「難病への挑戦」
▼垣塚彰・生命科学研究科教授
▼世界最高の医療環境を誇る我が国においても治療法が無い難病が多く存在します。▼垣塚教授の研究室では、そのような難病に対する治療法の開発を目指した研究を行ってこられました。▼垣塚教授の研究室が開発された新規薬剤による緑内障や網膜色素変性症といった難治性眼疾患モデル動物に対する治療効果とホップのエキスによるアルツハイマー病モデル動物に対する発症予防効果について示し、他の難病治療についての今後の展望についてお話されました。201409131

| | コメント (0)

2014年9月12日 (金)

「ISO/DIS 14001発行 見えてきた改正対応」(№.3286)

2014091210


アイソス10月号」の特集は「ISO/DIS 14001発行 見えてきた改正対応」です。「2014.09.11月刊アイソス10月号 目次.pdf」をダウンロードしてご覧ください。
1.ISO14001:2015年改正のスケジュール
2.2004年版と2015年版の規格
3.改正の主なポイント
4.経営に役立つISO14001:2015年改正
■2015年版での新規の要求事項「4.1組織及びその状況の理解」、「4.2利害関係者のニーズ及び期待の理解」では、環境状況に関する外部・内部の課題を決定することが求められている。
■「6.1.4脅威及び機会に関連するリスク」は新規の要求事項であり、脅威及び機会に関連するリスク決定することが要求されている。
■P.22の表6の事例では
▼脅威:「電気料金のがさらに上昇」「建設工事遅延により鉄筋発注減少」「新鉄筋開発の遅れ」「(省エネ法の)エネルギー効率目標未達成」などを挙げている。
▼機会:「現場加工の少ない鉄筋の積極導入」となっている。
■6.2環境目的、計画の改善項目は6.1.2著しい環境側面として取り上げると良い。6.2環境目的、計画は4.1、4.2, 4.3、6.1と関連させると良い。
■とても分かりやすい説明が書かれています。

| | コメント (0)

2014年9月11日 (木)

第116回 ISO研究会(№.3285)

◇◇◇ 第116回 ISO研究会 開催予定 ◇◇◇
日時: 平成26年9月11日(木) 18:30〜
場所:  大阪府中小企業診断協会 第2会議室 (マイドームおおさか 7F)
議事: 
 諸連絡・情報交換
 連絡                                                   <川北さん>
 協会の動き、状況等について                 <椎木さん>
 ISOの動向について    (新情報あれば)

 研究発表
 審査の現場と理解しておくべき点            <山口さん>
 ISO31000 リスクマネジメントに関連して
       「運輸安全マネジメント」についての紹介 <福嶋さん>

■風邪をひき、本日の研究会は欠席しました。

| | コメント (0)

2014年9月10日 (水)

工業経営研究学会第29回全国大会(№.3284)

工業経営研究学会第29回全国大会 は10日から始まります。
■大会日程  2014年9月10日(水)から12日(金)
9月10日(水) 工場見学会:土谷製作所(札幌市東区)、理事会
9月11日(木) 自由論題、特別講演、会員総会、懇親会(全日空ホテル)、理事会
9月12日(金)統一論題、シンポジウム、研究分科会、理事会
■大会会場  北海学園大学豊平キャンパス 7号館
(札幌市豊平区旭町4-1-40 札幌駅より地下鉄東豊線学園前駅下車徒歩0分)
■統一論題  「工業経営研究は今『何ができるのか』『何をしなければならないのか』」

| | コメント (0)

2014年9月 9日 (火)

「Sleep it over」じゃあ、明日また考えよう」(№.3283)

20140909


財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。いつもありがとうございます。
■言葉の花束:「3139.1 (1).doc」をダウンロード..してご覧ください
☆ 「Sleep it over」という方法は、すべての人にお勧めだ。――福原義春「美」(PHP新書905)じゃあ、明日また考えよう
■関連WEB:資生堂名誉会長 福原義春、PHP新書『美』を刊行
■関連WEB:福原義春著「美『見えないものをみる』ということ」(PHP新書)

| | コメント (0)

2014年9月 8日 (月)

仲秋の名月(№.3282)

仲秋の名月。「お月見」を通じて、日本に住む台湾人や中国人と日本人らが交流するイベント「お月見大会」が大阪城公園・大手前芝生広場でありました。
▼ボランティア団体「関西生命線」が主催し23回目。▼会場ではビーフンや中華おこわ、月餅などの料理を囲みながら、中国古典楽器や琴などの演奏、詩の朗読など。▼ 雲南省の少数民族「ダイ族」の舞踊をベースに、武術の動きを取り入れた男女の舞が初披露されたそうです。201409081


201409082

| | コメント (0)

2014年9月 7日 (日)

バルテュス展の最終日(№.3281)

バルテュス展の最終日です。

ピカソをして「20世紀最後の巨匠」と言わしめた画家バルテュスの絵画は,多くの人々に愛れ続けています。
201409071201409072201409073

| | コメント (0)

2014年9月 6日 (土)

久しぶりのヨガ」(№.3280)

久しぶりのヨガです。

| | コメント (0)

2014年9月 5日 (金)

インド洋経済圏セミナー(№.3279)

インド洋経済圏セミナー 
~ミャンマー、インド、バングラデシュ、ケニア、タンザニア、モザンビーク~
東アフリカは近年顕著な経済成長を果たしており、アジアに次ぐ成長圏と期待され、我が国政府も同地域への経済進出を推進しています。
JICA事務所長から各国概況及び投資環境等の紹介。
インド、ミャンマーは視察済み、バングラデシュは来年視察の予定です。
2014090520140905_220140905_3

| | コメント (0)

2014年9月 4日 (木)

おもてなし経営とは(№.3278)

8「おもてなし経営推進フォーラムin大阪」に参加しました。
先進事例紹介(平成25年度おもてなし経営企業選選定企業)
■5つ星のおもてなしを実現するスーパーホテルの仕組み経営
株式会社スーパーホテル 経営品質部 取締役部長 山本健策氏
■おもてなし経営の心で全社員が団結
~顧客の潜在的なニーズに着目した新事業への取り組み~
株式会社レック 代表取締役 高橋 泉氏
■おもてなし経営の概念、そしておもてなし企業選について
京都大学経営管理大学院 特定講師 鈴木智子氏
231

| | コメント (0)

2014年9月 3日 (水)

八尾空港跡地」(№.3277)

何年も通っている大阪市営地下鉄・八尾南駅の反対側の出口から空き地を初めて見た。30年前から更地のままになっている八尾旧飛行場跡地(八尾市と大阪市の一部)。面積が9ヘクタール。八尾南駅横にこんなに広い土地!
20140903_2_120140903_2_2

| | コメント (0)

2014年9月 2日 (火)

大坂の陣400年天下一祭」(№.3276)

2014年・2015年は、大坂冬の陣(1614年)・大坂夏の陣(1615年)から数えて400年を迎える節目の年にあたります。 これを機に、両年を「大坂の陣400年」と位置づけ、大阪の培ってきた歴史・文化やまちの魅力を広く発信し、 大阪を活性化させるために「大坂の陣400年天下一祭」を開催。 ▼大坂の陣で豊臣軍の主力として、最後まで果敢に奮戦した浪人5人衆が、平成の世に転生し、「大坂RONIN 5」を結成! 「大坂の陣400年天下一祭」を全国にPR!

20140902_3_420140902_3_2

| | コメント (0)

2014年9月 1日 (月)

「タイ・プラス・ワン」の次はどうするのか?」(№.3275)

20140901asean 人口減少が見えている日本国内では競争激化から生き残りが厳しい。■だからこそ、海外に目が行きがち。■しかし、今回の企業視察で見えてくることは、十分な採算を得るまでには時間がかかりそうだということである。
■有効なはずの新天地の海外で儲けられない本当に理由は何だろう?
■それは、自社の強みは何か、強みを活かした企業の経営者の経営力の発揮が大きい。         
■「人件費高騰、人出不足」から「チャイナ+ワン」へ、「タイ+ワン」からラオスへ進出。■勝手が違う海外で日本にいたときのように経営するのは、そんなに簡単なことではありません。■工場を建て、物流を考え、システムを構築するなど日本国内以上の莫大なインフラ投資が必要な上に、文化の違う従業員を教育するといったきめ細やかな日々の努力が求められる。
■売り方、地域のニーズに合致した品揃えで、地域に密着しながら、経営を総合的に管理しながら成果を上げていく経営トップ自らのリーダーシップが何より重要である。

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »