« 第116回 ISO研究会(№.3285) | トップページ | 生命と老化を考える(№.3287) »

2014年9月12日 (金)

「ISO/DIS 14001発行 見えてきた改正対応」(№.3286)

2014091210


アイソス10月号」の特集は「ISO/DIS 14001発行 見えてきた改正対応」です。「2014.09.11月刊アイソス10月号 目次.pdf」をダウンロードしてご覧ください。
1.ISO14001:2015年改正のスケジュール
2.2004年版と2015年版の規格
3.改正の主なポイント
4.経営に役立つISO14001:2015年改正
■2015年版での新規の要求事項「4.1組織及びその状況の理解」、「4.2利害関係者のニーズ及び期待の理解」では、環境状況に関する外部・内部の課題を決定することが求められている。
■「6.1.4脅威及び機会に関連するリスク」は新規の要求事項であり、脅威及び機会に関連するリスク決定することが要求されている。
■P.22の表6の事例では
▼脅威:「電気料金のがさらに上昇」「建設工事遅延により鉄筋発注減少」「新鉄筋開発の遅れ」「(省エネ法の)エネルギー効率目標未達成」などを挙げている。
▼機会:「現場加工の少ない鉄筋の積極導入」となっている。
■6.2環境目的、計画の改善項目は6.1.2著しい環境側面として取り上げると良い。6.2環境目的、計画は4.1、4.2, 4.3、6.1と関連させると良い。
■とても分かりやすい説明が書かれています。

|

« 第116回 ISO研究会(№.3285) | トップページ | 生命と老化を考える(№.3287) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。