« 石鎚神社夏季大祭(№3331) | トップページ | 第4回大阪マラソン ~OSAKA MARATHON 2014~(№3333) »

2014年10月25日 (土)

111年の時を経て・天王寺周辺の変貌(№3332)

111年の時を経て・天王寺周辺の変貌
~1903年第5回内国勧業博覧会から2014年への近代都市風景~

阪南大学あべのハルカスキャンパス開設記念公開講座
講師:神尾登喜子教授 博士(阪南大学国際コミュニケーション学部)

1903年開催当時のポスター、ガイドブックの実物を拝見しました。
▼博覧会とオリンピックの2つが、近代的な都市を造形する上で、極めて有能な祝祭であったことがよくわかりました。この博覧会誘致で大阪が大きく変貌をとげました。
1903年(明治36年)の出来事・話題「5月勧業博覧会」ほか
■海外13カ国参加、蒸気自動車や冷蔵庫などの出品。入場者530万人。
大阪では初めてのエレベーター、大林組の望遠楼「大林高塔」の料金は10銭。
第4回内国勧業博覧会は京都市岡崎公園で1895(明治28)年開催されました。

20141025_3


201410251


20141025

|

« 石鎚神社夏季大祭(№3331) | トップページ | 第4回大阪マラソン ~OSAKA MARATHON 2014~(№3333) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。