« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月31日 (金)

設計・開発のPDCAを回せ(№3338)

31日はISO90001の審査の立会です。設計・開発のPDCAをまわすことが大切、これからですね。
■明日から11月です。
4日(火)・5日(水):ISO9001・14001審査立会。
8日(土):中小企業診断士理論政策更新研修
13日(木)14日(金):ユアサ32会「奈良古都の世界遺産に出会う贅沢を、たっぷりと」
15日(土):ユニコン会
16日(日):マンション管理組合総会
20日(木):桑蓬会11月例会
21日(金)22日(土)23日(日):第13回りんご総採り収穫隊(長野県)

| | コメント (0)

2014年10月30日 (木)

外部の力をを利用してイノベーションを加速(№3337)

20141027


今日は製造業のISO9001の審査の立会でした。■日経ビジネス2014.10.27号は「東レ、勝つまでやり切る経営」です。■現在の東レはファーストリティリングや米ボーイングとの協議に見られるように、外部顧客との強固な関係でイノベーションを加速しています。自前の技術力をさらに磨きあげるために、改革をさらに深化させるために、外部の力を利用しているとの言えます。

| | コメント (0)

2014年10月29日 (水)

連結送水管耐圧試験の 立会(№3336)

本日は連結送水管耐圧試験の 立会でした。 火災の際に消防隊が使用する連結送水管は、高層ビルなどに設置される設備です。 支障なく消火活動ができるように送水口本体・配管・接続部分・弁類等の変形、 漏水等がないことを事前にチェックすることが義務付けられています。 点検は、設置後10年を経過したものにつき、3年毎に実施します。

| | コメント (0)

2014年10月28日 (火)

大阪府中小企業診断協会「秋の懇親会」(№3335)

大阪府中小企業診断協会「秋の懇親会」に桑蓬会から3人が参加しました。▼参加者は60数名。うち新入会員及び入会希望者が20数名。▼①プロコンを目指す会、②税理士交流会、③大阪中小企業診断士会、④青年部、⑤交流会、⑥登録研究会(ISO研究会、最先端ビジネス研究会)、⑦業種別交流会(不動産業交流会、電機業界交流会)■中小企業診断協会は今日、東京でシンポジウム、明日30日は、中小企業診断協会の創立60周年記念大会開催。

20141028


201410282






■「秋の懇親会」のあと、パスタフルカフェ・マリアンへ移動し、打ちわせをしながら美味しい料理とお酒をいただきました。
■関連WEB:パスタフルカフェ・マリアン 20140929

| | コメント (0)

2014年10月27日 (月)

中小工業における規模間業績格差の要因について(№3334)

平成26年第3回大阪府・大阪市経済動向報告会に参加しました。

第1部『最近の大阪経済の動向』

第2部『アジア主要都市と大阪の都市間競争力比較 ...
―企業立地の観点から(基礎調査)―』
    http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php…          

第3部『中小工業における規模間業績格差の要因について』
http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php…

20141027


201410272

| | コメント (0)

2014年10月26日 (日)

第4回大阪マラソン ~OSAKA MARATHON 2014~(№3333)

第4回大阪マラソン ~OSAKA MARATHON 2014~
3万人が走りだしました。ゴール目指して頑張ってください!! 大阪城公園前のスタート会場で観戦(応援)しました。20141026_7


20141026_3_3



http://www.osaka-marathon.com/
大阪マラソンは大阪府、大阪市などの主催。27日の朝日新聞によると、今回の大会には過去最高の145,473が応募し、抽選で29942人が参加することになった。抽選倍率は4.8倍で「なかなか当たらない」。昨年の神戸が4.5倍だったそうです。マラソンが、いま、人気があるのですね。

| | コメント (0)

2014年10月25日 (土)

111年の時を経て・天王寺周辺の変貌(№3332)

111年の時を経て・天王寺周辺の変貌
~1903年第5回内国勧業博覧会から2014年への近代都市風景~

阪南大学あべのハルカスキャンパス開設記念公開講座
講師:神尾登喜子教授 博士(阪南大学国際コミュニケーション学部)

1903年開催当時のポスター、ガイドブックの実物を拝見しました。
▼博覧会とオリンピックの2つが、近代的な都市を造形する上で、極めて有能な祝祭であったことがよくわかりました。この博覧会誘致で大阪が大きく変貌をとげました。
1903年(明治36年)の出来事・話題「5月勧業博覧会」ほか
■海外13カ国参加、蒸気自動車や冷蔵庫などの出品。入場者530万人。
大阪では初めてのエレベーター、大林組の望遠楼「大林高塔」の料金は10銭。
第4回内国勧業博覧会は京都市岡崎公園で1895(明治28)年開催されました。

20141025_3


201410251


20141025

| | コメント (0)

2014年10月24日 (金)

石鎚神社夏季大祭(№3331)

八尾の企業の審査に立ち合い、夜は第4回士業交流会に参加しました
▼24日(金)18.00--20.30
▼場所:谷町4、花や
▼ゲスト:FCS不動産鑑定㈱代表・米倉誠人様
▼テーマ:広大地判定とFCSの取り組み
1)広大地(相続税申告)の基礎知識
2)FCSの取り組み
■様々な士業の皆様と交流を深めることができました。
石鎚山のお山開きのことが話題になりました。
■石鎚山の祭礼、石鎚神社夏季大祭,お山開き夏季大祭7月1日~7月10日
20141024


20141024_2

| | コメント (0)

2014年10月23日 (木)

中小企業の海外展開と地方創生(№3330)

中小企業診断士技術向上研究会で発表させていただきました。
 
今年の中小企業白書第4章で、「海外に打って出る」を取り上げて
います。S20141023_1


S20141023_6


S20141023_7


S20141023

...

 地域に根付く中小企業・小規模事業者のさらなる販路開拓のため
には、海外需要の獲得も重要である。
 
国内と言語・商習慣が異なる海外に進出することは、経営資源が限
られている中小企業・小規模事業者にとってリスクが高く、企業経
営を左右する課題となっている。

テーマ:「中小企業の海外展開支援施策」
     ~グローバル化とローカルの関係~

1)JICA専門家派遣「中国製造業診断指導」体験
2)日本再興戦略(2013年6月14日策定)
3)平成26 年中小企業施策(中小企業白書2014)
 「行動4.海外に打って出る」
4)海外展開支援事業のご紹介
  JETRO,中小機構、JICAなど
5)海外展開支援と地方創生
  グローバル化とローカルの関係

出席者の皆さんと活発な意見交換ができました。貴重なご意見ありがとうございました。次の感想をメール等でいただきました
▼ありがとうございました。浅野さんの熱い思いが伝わりました(TK)
▼木曜日の研究会は目を開かせて頂きありがとうございました。
小生も「日本再興戦略」に注目し今年の改訂版も注視していました。当方は、1年ごとの「KPIレビュー」や小規模事業者への取り組み、「稼ぐ力」の力点などで、今回の施策は今までと違うな? と感じていました。当方の過去の動きから海外は注意力が回らないのが現実でした。この点を先日、教えていたき、大いに感謝いたしてます。「JICA」「JETRO」「中小機構」「中小企業庁・白書」ここの違いについてご説明があり、その違いについてこれから探索をしてみようと思います。 ありがとうございました(HT)
▼発表者自身の長年の研究、実体験を基に、中小企業が海外需要を獲得するための施策を多面的に解説した。一方で、経営資源が限られた中小企業が海外展開するリスクは大きく、海外で成功するためには「ローカル」に徹底的に向き合う必要があることを示唆した。多数の参考資料の提供があった(TN)。
▼研究会でのご経験豊かなご発表ありがとうございました。中小企業が海外に出るというのは非常に高いハードルのように思います。頂いた資料を参考にさせていただき、機会があれば支援に役立てたいと存じます(MH)。
▼先日の研究会では深い内容の講義をお聞かせいただき、感謝申し上げます。(SS)
▼先日の研究会では大変勉強になる御発表を賜り誠に有難うございました。小生勤務先が海外進出を果たしたばかり、ということもあり、我が事として拝聴いたしました(KK)。
▼ご発表後の質疑応答も含めまして、特に印象深かったのが、企業の海外進出の課題として、以下2点が挙げられていたことでした。①ヒトの問題:能力や適性のある人材が存在し、国内本体から離れても会社が回るのか②カネの問題:万一進出に失敗しても国内本体に致命傷とならない程度の余剰資金があるのかいずれも自力では簡単に解決できない課題ですが、そのためのハンズオン支援をはじめとする各種施策だとの認識を持ちました(KK)
▼先日の技術向上研究会では大変勉強になるお話を頂きありがとうございました。また、本日の懇親会でも東南アジアの情勢をお聞かせ頂き参考になりました。私も10年ほど前にベトナムやタイでの○○工場建設や○○の生産準備に関わっておりなつかしく思いました(TO)

| | コメント (0)

2014年10月22日 (水)

言葉の花束「心を癒す言葉の花束」(№3329)

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。 いつもありがとうございます。 ■言葉の花束「31410.15.doc」をダウンロード..してご覧ください
☆ 「ありがとう」の一言を相手に伝えることが、とても大切
☆ 別れは受け取るものであり、失うだけのものではない――アルフォンス・デーケン「心を癒す言葉の花束」(集英社新書)
■関連WEB:『心を癒す言葉の花束20141022

| | コメント (0)

2014年10月21日 (火)

「『行動観察』から生み出す、新たな商機」~ ヒントは人の行動のなかにある  ~(NO3328)

<講演会>「『行動観察』から生み出す、新たな商機」
      ~ ヒントは人の行動のなかにある  ~
を聴講しました。

◆日 時: 平成26年10月21日(火)14:00~15:30

◆場 所:大阪商工会議所 地下1階 1号会議室
 

◆テーマ:『行動観察』から生み出す、新たな商機
        ~ヒントは人の行動のなかにある

◆講 師:大阪ガス行動観察研究所株式会社
        代表取締役兼常務取締役 磯 龍介氏

■現場で観察した「行動」から解決策を導き出す新手法、「行動観察」が近年注目を集めています。この手法は人のしぐさや表情などを観察し、科学的に分析することで、従来のアンケートやインタビューでは把握できない、本人すら気づいていない潜在意識下にある課題やニーズ、熟練スキル等を導き出す手法です。

■「行動観察」とは何か、
人の動きを徹底的に見て、気付いたことを科学的に分析し、ひらめきを体系化する手法。
客観的には現場の事実を収集し、その事実を分析し、解釈することで現場の優れた点や課題を見出す。

■観察で大事なスキル

▼自分の価値観はいったん捨てる

▼さまざまな観点から事実を見る

 

| | コメント (0)

2014年10月20日 (月)

三菱重工業とツネイシのグローバル化(№3327)

20141020


東京からの帰りは日経ビジネス10.20号の原発、ロケット、タンカー、戦闘機、印刷機、エアコンなど700品目の製品を送り出し、改革に苦闘する「三菱重工」と事業・人材もグローバル化し成長する「ツネイシ」の記事を興味深く読みました。

■シリーズ企業再攻 
「三菱重工」
遅すぎた改革、最後の挑戦

▼PROLOGUE
好業績が隠す停滞

▼PART 1
モノ作りが通用しない

▼PART 2
いつの間にか取り残された


▼PART 3
宮永社長 初めての「経営」

▼PART 4
三菱重工 宮永俊一社長 インタビュー
常に負ける恐怖心 神に祈るような気持ち

▼PART 5
“化石”にならないために

◆日本企業が陥りがちな7つの落とし穴「あなたの会社の化石度チェック」

□「匠」の技を極めた”神様”が多数いるが、モノ作りでトラブルが頻発

□自前主義が強く、大規模な企業再編は「タブー視」されている

□海外に日本人駐在員が多く、現地の人に「秘密警察」と恐れられている。

□社内の部門同士が、お互いを「敵視」して協力しない

□取締役会が社内やグループ企業関係者など「内輪の会」になっている

□仕事のやり方を変えなくても「会社は潰れない」と思っている幹部や社員が目立つ。

□自分が所属する事業部や製品の「損益を知らない」社員が多い

| | コメント (0)

2014年10月19日 (日)

日本国宝展(№3326)

19日(日)午後はJR日暮里から谷中の参禅会のある「全生庵」へ、日本国宝展が開催されている東京国立博物館へまで散策。安倍首相は全生庵で座禅をされました。
■日本国宝展では時空を超えて、約120件の国宝が終結します。ポスターは善財童子立像と勢至菩薩坐像です。元興寺極楽坊五重小塔もここで拝見することができ感激でした
■関連WEB:全生庵坐禅会:毎朝(除日曜日)/午前5時~7時 指導:平井正修
■関連WEB:「勢至菩薩坐像・観音菩薩坐像

20141019


20141019_2


20141019_3

| | コメント (0)

2014年10月18日 (土)

【TOPSY 秋のセンチメンタルライブ】(№3325)

大阪城での早朝ラジオ体操、ヨガ教室、北大江たそがれコンサート、タイガース応援の一日。明日、明後日は東京です。

2014年、北大江たそがれコンサートweek

【TOPSY 秋のセンチメンタルライブ】

≪10月18日(土) 11:00~ 14:00~≫

◇開催会場:Maruzen Button Gallery (中央区島町1-1-2-1F)

◇出演:城間フミ (ヴァイオリン)、梅田望美(ピアノ)、椿原栄弘(ベース)

  G線上のアリアのファンキーバージョン、枯葉、take5など。

20141018_3


20141018_2


20141018_120141110_2

| | コメント (0)

2014年10月17日 (金)

北大江公園野外オーケストラコンサート!」(№3324)

北大江たそがれコンサート2014
<<10月17日(金)17:45~20:00>>
【恒例!!北大江公園野外オーケストラコンサート】
◇開催場所:北大江公園】
◇ 17:45-18:30 Le Stelle di北大江オーケストラ
・モーツアルト ディベルティメント
・バッハ ドッペルコンチェルト
   弦楽オーケストラによるクラシック、
◇18:30-20:00 Le Stelle di北大江オーケストラ
・映画音楽コレクション
  弦楽オーケストラに様々な楽器のソリスト、歌が加わり、
  映画史上に残る名曲の数々。
■夜になってちょっと寒かったですが、贅沢なオーケストラコンサートでした。■「北大江たそがれコンサート2014」をこんなに身近に聴かせていただける幸せに感謝しなければならない。この辺りは大阪城、府庁、合同庁舎も近く、大阪駅へは地下鉄2駅と大変交通の便も良い。

20141110


20141017t_1


20141017_2


201410173


20141017_5


20141017t_9

| | コメント (0)

2014年10月16日 (木)

桑蓬会 10月例会 第342回「中小企業の会計34問34答を読み込む!」(№3323)

【桑蓬会 10月例会 第342回 】

○開催日時 平成26年10月16日(木)、18時30分~

○会場は、 エル・おおさか  706号室です。

○発表者   中小企業診断士 升田 博之さん

○テーマ: 「中小企業の会計34問34答を読み込む!」


■下記は質疑応答の一部です

▼中小企業の経営の中で、特に会計面で、いま、指導する上で何が最も重要か?▼中小診断士は企業の会計面でどう指導したら良いだろうか? ▼会計上のコンサルのニーズはあるか?経営者が管理会計を使いこなせるように指導すべきだ。▼経営者自身が会計の数字を読む力が必要である。▼会計の数字が私たちに何を語りかけているのかということである。▼数字が私たちに語りかけていることを聴けることが一番付加価値のある仕事である。
▼to read between the lines
「行間を読む」
或は、read among the lines
▼listen to the figure
▼その数値が問題提起している答えは現場の観察から発見できます。▼本質はこの会社を良い会社にするためにはどのように変えたら良いのか、どこから手をつけたら良いのか、なにができるのかと言う視点である。▼熱い質疑応答で盛り上りました。

20141016_5


20141016_1


20141016


20141016_4_1


20141016_3


201410164

| | コメント (0)

2014年10月15日 (水)

大阪圏における今後の地価展望~大阪の将来都市像を見据えて』」(№3322)

大商第11回建設・建材部会「講演会『大阪圏における今後の地価展望~大阪の将来都市像を見据えて』」(№3322)            
◆講 師:株式会社谷澤総合鑑定所 取締役 真里谷 和美 氏
◆場 所:大阪商工会議所地下1階1号会議室
■本年3月に国土交通省から発表された1月1日時点の地価公示によると、大阪府の商業地地価が6年ぶりに前年より1.9%上昇するなど回復の兆しを見せております。
■図-4 大阪圏の沿線別駅周辺商業地の公示価格例
20141015_1


20141015_2


20141015_3


| | コメント (0)

2014年10月14日 (火)

【古川忠義ギターライブ,リクエストにつき再アンコール公演!】(№3321)

【古川忠義ギターライブ,リクエストにつき再アンコール公演!】(№3321)
◇開催場所:サロン・ド・ガトー・アンジュ (中央区船越町1-6-2-1F)
◇会費:ケーキ&お茶つき(2000円)

◇出演:古川忠義(ギター)20141014_2
■お客様リクエストにより、3度目。懐かしい映画の解説のあと「シェルプールの雨傘」「男と女」などの映画音楽演奏、クラシック、ジャズ、カントリーなど幅広い。自作のエッセイを楽しいトークと音楽。「昭和町慕情」「雨に濡れながら佇む、雨蛙」「犬も歩けば猫も歩く」「猫もこんばんわ」「好きやきだけど、肉がない、ネギもないの」「もう終わりました!」「忘れてしまいました」--替え歌の数々に久しぶりに何度も何度も笑わせてもらった。
後半は「夏の日」ほか多くの歌を、参加者全員で楽しく歌いました。大変楽しい時を過ごしました。
■関連WEB:テデイーズギター

20141110_2


201410141_2


201410142_2


20141014_1_2

| | コメント (0)

2014年10月13日 (月)

大型台風19号接近中の「ジャズコンサート」へ(№3320)

20141110午後のコンサルのお仕事は急遽中止になりました。大型台風19号が近畿上陸!!大阪市中央区の天満橋、北大江たそがれコンサートの会場だけが賑やかです。危険を顧みず、多くのお客様が集まっています。 パスタフルカフェマリアンさんでのジャズコンサートへ!! ≪10月13日(月祝) 開場17:30開演18:30≫ 【You and the Night and the Music】 ◇開催場所:パスタフルカフェマリアン(中央区島町1-4-7-1F) ◇出演:上山崎初美(ベース)、高岡正人(ピアノ)、古川忠義(ギター)  ◇映画音楽を中心に、ムーンリバー、プレスリーメドレー、セシボン、カウントリロード、ベンチャーズなどグラスを片手に、大人のJAZZの世界をたっぷり堪能しました。◇ギターリストは浄土真宗本願寺派のお坊さんです。明日18.30からアンジュでギターライブがあります。

0141013_6_2


0141013_5_2


0141013_3_2

| | コメント (0)

2014年10月12日 (日)

幼稚園の運動会(№3319)

強い台風19号の影響で、12日(日)の幼稚園の運動会開催は心配されましたが、 好天に恵まれ、年長組の競技「鼓笛隊行進」「組み立て体操」などを 応援しました。20141012_1



20141012_2


20141012_3

| | コメント (0)

2014年10月11日 (土)

北大江たそがれコンサート2014(№3318)

北大江たそがれコンサート2014プログラム

≪10月11日(土)14:00~17:00≫
【オーケストラ公開リハーサル&吹奏楽コンサート】

20141110

◇開催場所:北大江公園20141011


20141011_2



▼ 14:00-14:45 Le Stelle di北大江オーケストラ
・モーツアルト ディベルティメント
・バッハ ドッペルコンチェルト
▼15:00-15:20 大阪市立東中学校吹奏楽部
・サンダーバード
・アナと雪の女王(吹奏楽バージョン)
・メドレー銀河鉄道999~宇宙戦艦ヤマト など
▼15:25-17:00 Le Stelle di北大江オーケストラ
・映画音楽コレクション

| | コメント (0)

2014年10月10日 (金)

グローバル社会において、今求められるビジネスマンの資質(№3317)

20141010


大阪中小企業診断士会・大阪府中小企業診断協会共催の「経営経済講演会」に参加しました。
■テーマ:グローバル社会において、今求められるビジネスマンの資質
■日 時:平成26年10月10日(金曜日) 18時30分~20時30分
■会 場:ヴィアーレ大阪4階ヴィアーレホール
■講 師:三菱商事株式会社 代表取締役常務(CFO) 
      内野 州馬 氏(大阪府中小企業診断協会会員)
■内 容:

①グローバル化(Globalization)の定義:(織田信長の見ていた地球儀)   
②現在の地政学的リスクの所在:(ミサイルの発着場所)
③グローバルなマネーの移動:(マネーはどこからどこへ移動するのか)
④2つの世界地図:(「極東」の意味するところ)
⑤三菱商事のグローバル体制:(三菱商事はグローバル企業なのか)
3つの企業価値の継続的創造:(三菱「三綱領」との関係)      
⑦継続的「経済」価値とは:(税金をどこで納めるのか)
⑧継続的「社会」価値とは:(コーポレートシチズンの要件)
⑨継続的「環境」価値とは:(「@」マークの意味するところ)
⑩中小企業診断士とグローバル化:(診断士のグローバル的資質とは)

| | コメント (0)

2014年10月 9日 (木)

ネスレ日本のイノベーションアワード(提案制度){NO.3316)

9日の夕学五十講は「成熟先進国におけるビジネスモデルイノベーション~21世紀型マーケティング~」
■講師は高岡浩三、ネスレ日本株式会社 代表取締役社長兼CEO
■日本的経営で業界平均の5倍以上の利益を上げて成長するネスレ日本。その100年の歴史の中で日本人初の生え抜き社長となり、伝説の「受験にキットカット」キャンペーンを生んだ。
■ネスレのマーケット評価軸は「絶対利益金額」。
■人口減少下でいかに利益を出すか、ビジネスモデル確立がネスレ日本の役割り。
■《イノベーションアワード》を制定して、役員から新入社員まで全員が1年に1回、企業をイノベートするアイデアを出し、自分でやってみて、成否を判断し、結果をレポートするという仕組み。■昨年は約1600のアイデアがでてきた。「カフェ・イン・ショップ」のアイデアも、このアワードに応募した契約社員の女性の案がきっかけになっています。■「ネスカフェアンバサダー」のような企画の場合には、「一杯の美味しいコーヒーを売る」という概念ではなく、「職場でのコミュニケーション」が提供する価値。つまりは商品そのものではなく、その先にあるお客様にとっての真の価値を見つけていくことが求められています。■もう機能や性能だけで差別化するのは難しい。顧客が何を望んでいるかを踏まえ、新しい生活様式、感動も提案しなければいけない。より顧客視点が大切となる。■しかし、そうした価値に対するニーズはお客様も気づいていない顕在化していないもの。お客様を観察しているだけでは思いつくことができません。■そこで、まずは経営者として5年、10年先に自分たちを取り巻く環境がどうなるか。さらに自分たちは、その中でどうあるべきかを考え、その実現のプロセスを作ります。■その上で、最終的にそれをいかにお客様にとっての価値につなげていくかを考えてます。これから来たるリスク、あるいはチャンスをどうお客様にとっての価値に転換できるかがを考え、実行するのがプロの経営者の仕事と言えます(高岡社長)。
■関連WEB:キットkット
■関連WEB:ゲームのルールを変えろ ネスレ日本トップが明かす新・日本的経営

■関連WEB:ネスレが仕掛けるオフィスコーヒー客争奪戦
■関連WEB:日本マーケティング大賞「ネスカフェ アンバサダー」

| | コメント (0)

2014年10月 8日 (水)

桑蓬会 10月例会 第342回「中小企業の会計34問34答を読み込む!」(№3315)

【桑蓬会 10月例会 第342回 】

○開催日時 平成26年10月16日(木)、18時30分~

○会場は、大阪市中央区北浜東3-14  エル・おおさか  706号室です。
   http://bb-building.net/tatemono/osaka/899.html
  (京阪・地下鉄天満橋駅から西へ300m)エル・おおさか

○発表者   中小企業診断士 升田 博之
 テーマ: 「中小企業の会計34問34答を読み込む!」

      話は60分間に凝縮し、残りの
      60分は参加の皆様と質疑応答です。

○参考資料:中小企業の会計34問34答 平成23年指針改正対応版
       http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/kaikei/pamphlet/2011/

-------------------------------------

【桑蓬会 11月例会 第343回 】

 
○日 時:11月20日(木):18.30--20.30

○会 場: エル・おおさか608号室

○講 師:中小企業診断士・松島さん

○テーマ:「今、なぜ省エネなのか!」

     話は60分間に凝縮し、残りの
     60分は参加の皆様と質疑応答です。

------------------------------------------------
【桑蓬会 12月例会 第344回 】 

○日 時:12月6日(土):15.00--17.00

○会 場: マリアン

○講 師:中小企業診断士・内池さん

○テーマ:「宝塚歌劇とキリシタン大名高山右近」

○懇親会:17.00--19.00マリアン

------------------------------------------------

| | コメント (0)

2014年10月 7日 (火)

新興アジア経済論-キャッチアップを超えて(№3314)

末廣 昭著『新興アジア経済論-キャッチアップを超えて』岩波書店

20141005


世界は変わる、社会は変わる。大きく変わるアジア経済の中で日本が果たすべき役割は何なのか。アジアを理解することは、結局は日本を理解することにつながる。アジア諸国の経済成長の構造と社会問題の両側面を理解することは、国際関係を考える際にも重要な基礎知識となり、アジアを理解する上で、必読の一冊である。

はしがき
第1章 新興アジア経済論の視角と課題

第2章 歴史の中のアジア、世界の中のアジア

第3章 アジア化するアジア——中国の台頭と域内貿易の深化

第4章 キャッチアップ再考——技術のパラダイム変化と後発企業の戦略

第5章 「鼎構造」の変容——政府系企業・多国籍企業・ファミリービジネス

第6章 中国所得の罠——労働生産性とイノベーション

第7章 社会大変動の時代——人口ボーナス・少子高齢化・家族の変容

第8章 社会発展なき成長——格差の拡大とストレスの増大

終章 経済と社会のバランス、そして日本の役割

あとがき

| | コメント (0)

2014年10月 6日 (月)

生物が生みだす新素材(№3313)




2014100611

生物が生みだす新素材。「炭素繊維より強いクモの糸、自動車部品や衣料に」。
クモの糸のタンパク質をつくる遺伝子をカイコに組み込んで糸を吐かせ、その強靭な糸を自動車部品や衣服に利用する。カイコにヒト型コラーゲンの遺伝子を入れて、繭に含まれるコラーゲンから化粧品を作る。遺伝子組み換えカイコを使って新しい素材や原料作る技術が実用になり始めている。この分野の研究開発で日本は世界をリードしている(日経エコロジー11月号46--48ページ)。日経ビジネス2014.10.06号には「ムシが起こす産業革命、薬や素材も作る『生物工場』最前線」をリポートしています(48--51ページ)。20141006

| | コメント (0)

2014年10月 5日 (日)

大坂の陣400年天下一祭、大きく夢見るまち、大阪(№3312)

大坂の陣400年天下一祭、大きく夢見るまち、大阪20141005_2

| | コメント (0)

2014年10月 4日 (土)

孫子に経営を読む(№3311)

3日の大商夕学講座は「孫子に経営を読む」
講師は東京理科大学大学院教授・伊丹敬之氏
伊丹流の孫子,大変興味深く伺いました。
1.「孫子に経営を読む」では、「孫子」をどうのように組み替えたか
2.サブタイトルまで含んだ、本全体の目次:これが伊丹のメッセ-ジ
3.どんな読み解き方を目指したか:五つのスタンス
4.孫子の魅力
5.なぜ今、孫子ブームなのか
20141003_420141003

| | コメント (0)

2014年10月 3日 (金)

失われた20年を超えて 日本経済再生への途(№3310)

国立大学附置研究所・センター長会議第3部会シンポジウム
『失われた20年を超えて 日本経済再生への途』に参加しました。
日本経済は、不良債権問題、グローバル金融危機、東日本大震災と大きなショックに見舞われ20年余り低迷を続けてきました。 長期低迷の真因を踏まえた上で、日本経済が再生するために必要なことは何か?

一橋大学経済研究所所長・深尾京司教授の報告資料「日本の潜在成長率と生産性」より

「潜在成長率引き上げのために何が必要か」を引用させていただきます。 

1)ICT投入加速によるイノベーション

 ICT投資の支援、労働の流動性確保、Off-JTの支援、

 無形資産投資を支援 

(潜在成長率の引き上げ0.73%、総需要拡大効果対GDP0.9%)

2)経済の新陳代謝機能の活性化および大企業国内回帰

 有望な独立系企業の参入促進・育成、規制緩和、

 法人税減税・FTA推進など国内立地促進策、

 労働の流動性確保

(潜在成長率の引き上げ0.75%、総需要拡大効果対GDP2.25%)

3)対日直接投資の拡大

 規制緩和、法人税減税・FTA推進など国内立地促進策、

 労働の流動性確保

(潜在成長率の引き上げ0.19%、総需要拡大効果対GDP0.36%)

4)無形資産投資の促進

 企業内職業訓練の促進、労働市場改革、企業組織改編

 投資の促進

(潜在成長率の引き上げ0.25%、総需要拡大効果対GDP1.0%)

■1)~4)を合計した政策効果

(潜在成長率の引き上げ1.92%、総需要拡大効果対GDP4.51%)

■女性労働の活用や高度な海外人材の受入れ等、他の政策も

ありうる。

2

| | コメント (0)

2014年10月 2日 (木)

自己紹介を光らせるポイント(№3309)

20141003


財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。
いつもありがとうございます。
■言葉の花束「31510.1.doc」をダウンロード..してご覧ください
☆ 自己紹介を光らせるポイント――パトリック・ハーラン「ツカむ!話術」(角川oneテーマ2

| | コメント (0)

2014年10月 1日 (水)

注目を集める消防の仕事[ボーダーライン](№3308)

近くの消防署で打ち合わせをしました。
■掲示版にNHK土曜ドラマ(ボーダーライン)のポスターが貼ってありました。
近年の大規模災害の頻発により、注目を集める消防の仕事。
消防士たちは,常にボーダーライン(境界線)の上にいる。
日常生活のすぐ脇にぽっかりと空いた死の淵の境界に。
市民の感謝の言葉と非難のはざまに。
救助者の命と仲間の命の天秤の上に。
NHK総合テレビ
10月4日土曜日21時から連続5回放送予定です。20141001


20140922_3


201409221

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »