« 失われた20年を超えて 日本経済再生への途(№3310) | トップページ | 大坂の陣400年天下一祭、大きく夢見るまち、大阪(№3312) »

2014年10月 4日 (土)

孫子に経営を読む(№3311)

3日の大商夕学講座は「孫子に経営を読む」
講師は東京理科大学大学院教授・伊丹敬之氏
伊丹流の孫子,大変興味深く伺いました。
1.「孫子に経営を読む」では、「孫子」をどうのように組み替えたか
2.サブタイトルまで含んだ、本全体の目次:これが伊丹のメッセ-ジ
3.どんな読み解き方を目指したか:五つのスタンス
4.孫子の魅力
5.なぜ今、孫子ブームなのか
20141003_420141003

|

« 失われた20年を超えて 日本経済再生への途(№3310) | トップページ | 大坂の陣400年天下一祭、大きく夢見るまち、大阪(№3312) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。