« 社長が選ぶ「ベスト社長(№3363) | トップページ | 日本の成長戦略は分散型・再生エネルギー関連製品の市場開発(№3365) »

2014年11月26日 (水)

日本が水素革命をリードする理由(№3364)

日本経済新聞26日の記事より。
燃料電池や水素エネルギーの分野で、日本は国際競争上かなり有利な位置にいる。理由は大きく3つある。
1つは強力な自動車メーカーの存在だ。
2つ目の強みは液化天然ガス(LNG)の技術・ノウハウの蓄積。
3つ目は再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度。
余った電気で水を電気分解して水素を作っておけば、エネルギーの「貯蔵」が可能になる。

|

« 社長が選ぶ「ベスト社長(№3363) | トップページ | 日本の成長戦略は分散型・再生エネルギー関連製品の市場開発(№3365) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。