« 北斎の地・小布施へ」(№3361) | トップページ | 社長が選ぶ「ベスト社長(№3363) »

2014年11月24日 (月)

岩松院の「大鳳凰図」」(№3362)

あけびの湯から徒歩30分のところに岩松院があります。■岩松院は文明4年(1472)に開山された曹洞宗のお寺です。■戦国の武将福島正則や葛飾北斎、俳人小林一茶ゆかりの古寺でもあり、 境内には福島正則の霊廟や一茶が「やせ蛙まけるな一茶これにあり」と
いう句を詠んだ蛙合戦の池があります。 ■本堂の大間には21畳敷の天井絵があります。 葛飾北斎最晩年の大作「大鳳凰図」です。完成は今から160年以上昔の嘉永元年(1848)、北斎は89歳でした。
■関連WEB:岩松院
■関連WEB:岩松院「雁田山の自然に囲まれた寺院」
20141124_2


20141124_3


20141124_4

 

|

« 北斎の地・小布施へ」(№3361) | トップページ | 社長が選ぶ「ベスト社長(№3363) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。