« 日本に最も近いヨーロッパ・浦潮斯徳(№3366) | トップページ | 天王寺界隈の現状と課題(№3368) »

2014年11月28日 (金)

今後の世界経済の行方と日本の企業戦略 (№3367)

今後の世界経済の行方と日本の企業戦略

日 時:11月28日13.00--14.30
講 師:BRICs経済研究所 代表 門倉貴史氏

■米国経済は順調に回復
■ユーロ圏の火種はPIGSからFISHへ
■フライジャル・ファイブ(脆弱な5通貨)の問題
■新興国は中長期で高成長が続く
■アベノミクスの政策効果(金融緩和政・策財政政策)
▼日本では中長期で総人口の減少が加速
▼恋愛や消費への関心が薄れる日本の若者
▼日本企業の進出先として有望なのはASEAN
▼2020年東京五輪の経済効果は?
▼クールジャパン戦略のシナリオ
▼ご当地グルメによる地域振興
▼シニア層の消費力を取込む工夫20141128_2_3


20141128_1_2

|

« 日本に最も近いヨーロッパ・浦潮斯徳(№3366) | トップページ | 天王寺界隈の現状と課題(№3368) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。