« 日本が水素革命をリードする理由(№3364) | トップページ | 日本に最も近いヨーロッパ・浦潮斯徳(№3366) »

2014年11月27日 (木)

日本の成長戦略は分散型・再生エネルギー関連製品の市場開発(№3365)

◇ 第141回 中小企業診断士技術向上研究会  ◇

  1.日 時: 平成26年11月27日(木) 18:30~20:30

  2.場 所: マイドーム大阪7階 大阪府中小企業診断協会 第2会議室

  3.発 表 : 松島会員 「今、なぜ省エネか!」 
     ○省エネルギーの必要性
     ○エネルギー(電力)価格抑制の提言
     ○中小企業の省エネ実態と家庭の省エネ制度
目次
■1.省エネルギーの必要性
■2.福島原発事故による電力の課題と提言
■3.省エネ法    (大手・中堅企業)
■4.省エネ事例   (中小企業)
■5.家庭の省エネ制度(家庭)

日本の温暖化対策が不明確だ。リーダーのやる気が最も重要だと感じた。▼風力、地熱、水力、間伐材などを燃やすバイオマス発電などをバランスよく伸ばすことが大切です。▼分散型エネルギー、再生エネルギーの発電機や関連製品の市場が広がれば、技術革新を促し、雇用を生むでしょう。送電網を増強し、地域をまたいで電気をやりとりして需給変動を抑える対策にも、電力会社が真剣に取り組んでほしい。▼全世界で進行する環境配慮型都市「スマートシティ」によって、新たなサービスが生まれつつある。▼スマートメーターやスマートグリッドの整備が進むと、供給側から需要調整をうながすデマンドレスポンス・サービスや、リアルタイムの節電アドバイスといったサービスが生まれる。▼電気自動車(EV)が普及すれば、充電サービスや、搭載電池の再利用といったサービスも盛り上がるでしょう。▼ASEAN地域内でのエネルギーの融通が非常時にできることが求められます。20141127_2


20141127_3


20141127_1

|

« 日本が水素革命をリードする理由(№3364) | トップページ | 日本に最も近いヨーロッパ・浦潮斯徳(№3366) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。