« 地域を活性化するために海外にも展開する(№3384) | トップページ | 沈みゆく大国・アメリカ(№3386) »

2014年12月15日 (月)

大阪活力グランプリ2014(№3385)

「大阪活力グランプリ2014」表彰式が行われた。大阪の地域経済に貢献した企業などをたたえる「大阪活力グランプリ」が15日発表され、今年のグランプリにUSJが選ばれ,また「大阪活力グランプリ2014」特別賞は「あべのハルカス」の近鉄が評価されました。
■7月15日にユニバーサル・スタジオ・ジャパンが、約450億円を投じて作られた新エリア「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」が開業。■映画の舞台となった「ホグワーツ城」と、魔法使いの住む「ホグズミード村」などが再現され、連日賑わいを見せている。関東や海外からの来場者も増加しており、年間入場者数も過去最多の1102万人超えが見込まれている。
■3月7日、高さ300m、日本一高いの超高層複合ビル「あべのハルカス」が全面開業。11月には、入場者が200万人を突破し、初年度の目標である180万人をすでに上回った。  
■講演「わ力t社の経営戦略と技術開発について」
講師は川崎重エ案株式会社代表取締役社長村山滋氏
■Kawasaki-ROIC経営と技術シナジーによるコア・コンピタンスの強化と成長戦略を話された。
■関連WEB:川崎重エ案株式会社

|

« 地域を活性化するために海外にも展開する(№3384) | トップページ | 沈みゆく大国・アメリカ(№3386) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。