« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月31日 (土)

大阪城梅林の梅(No3433)

大阪城梅林の梅は、まだ少し早いですね。見ごろは2月中旬でしょうか?
梅の名所へ出かけよう「大阪城公園」
梅の開花情報「大阪城公園」2015/1/30 現在

20150131_1


20150131_2


20150131_3

| | コメント (0)

2015年1月30日 (金)

バングラデシュ投資セミナー(No.3432)

JICA、ジェトロ主催「バングラデシュ投資セミナー」を聴講しました。
▼バングラデシュの経済公使、経済特区庁長官、財務省銀行・金融局、インフラ投資基金等の幹部も来日され、説明を受けた。▼中国に次ぎ、世界2位の衣料輸出国。北海道の1.8倍の面積に人口1.6億人、首都ダッカ市は1188万人、実際は3000万人とか。
▼8月にバングラデシュの企業視察を予定。▼昨年12月、ダッカ市内全域で多くの殺人や強盗等の凶悪事件が発生しています。▼バングラデシュ視察参加を迷っています。    ■関連WEB:外務省:バングラデシュ > 危険情報・スポット情報・広域情報
■関連動画:バングラデシュ 投資環境まるわかり(2015年01月21日)
■関連動画:バングラデシュ経済・ビジネス環境                         ■下記地図は日本経済新聞2014年.7月14日                          「後発の東南・南アジア、企業誘致に走る、                             バングラが産業ベルト整備ラオスの特区に日系続々」

2015012913
20150130_1


20150130_2

| | コメント (0)

2015年1月29日 (木)

大阪府・大阪市経済動向報告会(NO3431)

20150129


平成26年度 第4回大阪府・大阪市経済動向報告会に参加しました。最新の景気動向、大阪経済、地域産業の動向についてご説明をお聞きしました。

1.日 時  平成27年1月29日(木) 午後1時30分~4時20分

2.場 所  大阪産業創造館 6階 会議室E

3.主 催  大阪府商工労働部(大阪産業経済リサーチセンター)
       大阪市経済戦略局
       公益財団法人 大阪市都市型産業振興センター

4.内 容  第1部:『最近の大阪経済の動向』
        第2部:『未就業の若者をめぐる現状と就業支援の方向性について』
        第3部:『大阪の経済 2015年版』

「大阪経済は、緩やかな回復基調が続いているが、一部に弱い動きもみられる」と言える。

■昨日の「大阪府・大阪市経済動向報告会配布資料」は近日中に
大阪府の「セミナー等の配布資料」画面に掲載されるそうです。

| | コメント (0)

2015年1月28日 (水)

関西発の航空イノベーション Peachの挑戦(NO3430)

ー第2回中小企業のための経済講演会ー
        「関西発の航空イノベーション Peachの挑戦」
           ~アジアの首都、大阪を目指して~

◆日 時: 平成27年1月28日(水) 14:00~15:30

◆場 所: あべのハルカス25階 会議室
       (大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43)

◆テーマ: 関西発の航空イノベーション Peachの挑戦
       ~アジアの首都、大阪を目指して~

◆プログラム:
     (1)~就航から2年半~本邦初LCCとしてのPeachの歩み
     (2)~一味違う~Peach独自のストラテジー
     (3)~将来を見据えて~Peachの更なる挑戦
     (4)~視点をかえて~経営者として大切にしていること

◆講 師: Peach・Aviation株式会社 代表取締役CEO 井上 慎一氏

◆経営者として大切にしていること
1.何よりPassion
2.社員の高いモチベーションが組織を活性化させる
3.あらゆる角度からのコミニケーション
4.明るい社風の重要性
5.夢を大きく語る
6.志/価値観の共有

◆Peach創業からの学び
1.人のせいにするな
2.日本には日本の花が咲く
3.物事を1人称で語る
4.毎日小さい改善を積み重ねる
20150128_3

| | コメント (0)

2015年1月27日 (火)

なかなか変われない企業が多いのはなぜか?(NO3429)

20150128jpg


今日は東京の事務所で仕事です。
ウエッジ2月号は「大企業を変える~過去を否定し組織を覚醒させるリーダーとは~」を特集しています。古森重隆富士フィルムホールディングス代表取締役会長兼CEOは「リスクを取って勝つのが経営者、世界の市場にチャレンジを」と述べられています。
■なかなか変われない企業が多いのはなぜか?
有事に際して、経営者がなすべきことは、読む、構想する、伝える、実行する、の4つ。
1)「読む」とは、直面している状況を正確に把握し、今後どうなるかという将来を予測すること。
2)それをもとに、どこへ向うか、何をすべきか具体的なプランを立てる。企業は年度や中期の経営計画、つまり数字に落とし込んでいく。これが「構想する」ということ。
3)次に、その構想を社員みんなに伝える。この人ならついていこうと思わせる迫力がいる。
4)そして、最後に。「実行する」。断固としてやり抜く。
以上は、ウエッジ2月号、P.22から。
20150127


| | コメント (0)

2015年1月26日 (月)

水戸の偕楽園へ(NO3428)

午後時間ができたので、東京から1時間、梅の水戸の偕楽園へJRの特急へ向かった。 まだ梅は早かったですね。2月20日から梅まつりでした。 ■人口300万の県庁所在地なのに、水戸市の人口は26万人とかなり少ない。 ■偕楽園は、金沢の兼六園・岡山の後楽園とともに日本三名園のひとつに数えられ、 天保13年(1842年)7月、水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により造られました。 ■「偕楽園」の名は、「古の人は民と偕に楽しむ、故に能く楽しむなり」という中国の古典『孟子』の一節から名づけられました。 造園に際し、斉昭公は自らその構想を練り、藩校弘道館を勉学・修行の場、偕楽園を休息の場として互いに対をなす一体の施設として設計した、と言われています。 20150126


■100種3,000本の梅が植えられ、かぐわしい早春を告げてくれます。20150126_2


20150126_3


20150126_4

| | コメント (0)

2015年1月25日 (日)

環境・循環型社会研究分科会 合同研究会(NO3427)




工業経営研究学会
 

環境・循環型社会研究分科会 合同研究会

環境研究分科会と循環型社会研究分科会は、2つの分科会の統合を視野に入れて、次のように合同研究会を開催しました。

1.   日時 2015125日(日)1400~17:50

2.   会場 大東文化会館 K-302教室

   [東武東上線(池袋発)の東武練馬駅、北口から直ぐのところです]

3.   議事次第

    総合司会 浅野宗克

  (1)開会(浅野)

  (2)報告[30分予定]

  鶴田佳史「環境経営」

  坂本 清「資源循環」

  鈴木幸毅「環境政策」

  九里徳泰ISO26000と企業意思決定の関係性」

  (3)これからの活動方向について(鈴木)

    「環境研究分科会」と「循環型社会研究分科会」とを統合し、新たに「環境経営学研究分科会」(主査:鈴木幸毅氏)を設立することが本日の合同研究会で承認されました。     

  (4)閉会(浅野) 

4.懇親会(研究会終了後)

■関連WEB:2014年7月12日の合同研究会(前回)

■関連WEB:2011年11月27日の合同研究会

■関連WEB:2009年3月1日の合同研究会

■関連WEB:2008年7月13日の合同研究会(第20回循環型) 

■関連WEB:2007年12月 9日の合同研究会(第19回循環型)

■関連WEB:2007年8月 5日の合同研究会 (第18回循環型)

■関連WEB:2006年12月 2日の第17回循環型社会研究会

■関連WEB:2006年7月23日の第16回循環型社会研究会

■関連WEB:循環型社会研究会 第1回(1998.6.28から第13回(2005.2.20)の開催記録

■関連WEB:循環型社会研究会 第1回(1998.6.28から第15回(2005.11.06)の開催記録
20150125

 







 

 

20150125_2











20150125_4_4
20150125_5_320150125_2_4


20150125_7


| | コメント (0)

2015年1月24日 (土)

起業時のリスク対策(NO3426)

図書館ビジネス講座元気塾は「起業時のリスク対策」で、講師は中小企業診断士・恩村政雄氏です。20150124_1



1これからのあなたの人生設計は?
2.その人生設計の実現を目指して、どんな事業をしてみたいのですか
3事業を起こす覚悟がありますか
4日本における企業生存率
5企業時のリスクは事業内容によって様々です
6起業時リスクの根源は
7起業者自身から生じるリスク
8売物の掘り下げ不足から生じるリスク
9資金繰りから生じるリスク
10隠れたリスクほど怖いものはない
11顕在・潜在リスクの要因を掘り出し、原因を追求し事前対策を行う
12覚悟を決める
13脇を固める
14ビジネスモデルを描く
15仮説-検証に基づく事業計画を作る
16起業成功の鍵は己に克つにあり
■1月に2軒の美容院がオープンした。1軒は1階に、もう1軒はその美容院の斜め向かい10mに開店した。20150124_2


20150124_1_2


20150124



■奈良の山焼きが夕方から行われた。

| | コメント (0)

2015年1月23日 (金)

既存事業の防衛戦略―新たな挑戦者にどう対応すべきか―(NO3425)

大商の中小企業のためのビジネス講演会は富士重工業株式会社 代表取締役社長 CEO 吉永 泰之氏の「~業界トップの利益率~『スバル』選択と集中の経営戦略」でした。
▼吉永社長は他社と一線を画す個性重視の車づくりを推し進める一方で、軽自動車生産や風力発電事業からはきっぱりと撤退、自動車事業の強みに経営資源を集中投下した結果、世界中が瞠目する自動車業界トップクラスの営業利益率13.6%をたたき出すまでになった背景をお聞きしました。■北米の伸びを支えに、富士重工の今期の営業利益の見通しは前期比3割弱増の4200億円。
■大商夕学講座は
「既存事業の防衛戦略―新たな挑戦者にどう対応すべきか―」
  内田和成 氏  早稲田大学ビジネススクール 教授でした。
20150123_1


20150123


▼1月25日発売の著書「ゲーム・チェンジャーの競争戦略 ―ルール、相手、土俵を変える」。『異業種競争戦略』の続編。各プレーヤーの戦い方にフォーカスし、実戦でも使えるヒントを提供。セブンカフェや東進ハイスクールなど身近な事例が満載。▼ライバルと同じ土俵では戦わない! 「競争のルール」をつくり変えてしまうことで敵の攻撃をかわす、無力化させるといった攻め方、守り方を、事例をまじえて解説。▼ スマホゲームの台頭で苦戦する任天堂、商品売上よりも会費で稼ぐコストコ、不動産業者に変身した住宅メーカーの大和ハウス工業――。競争のルールを破壊する戦い方と、その防衛策は?
▼「競争のルールを破壊している企業(ゲーム・チェンジャー)」の戦い方は、「秩序破壊型」「市場創造型」「ビジネス創造型」「プロセス改革型」の4つのタイプに類型化できます。
▼秩序破壊型は、相手の儲けの仕組みを無力化してしまいます(スマホゲームやリブセンス、コストコなど)。
▼市場創造型は、顧客が気づいていない価値を具体化します(JINS PCや東進ハイスクール、青山フラワーマーケットなど)。
▼ビジネス創造型は、まったく新しい事業モデルをつくり出します(価格.com、オキュラスリフト、カーシェアリングなど)。
▼プロセス改革型は、バリューチェーンを見直すことで、新たな価値をつくり出しています(アマゾン、セブンカフェ、ゾゾタウンなど)。
■関連WEB:ゲーム・チェンジャーの競争戦略 ―ルール、相手、土俵を変える

| | コメント (0)

2015年1月22日 (木)

武藤記念講座のご案内(NO3424)

2015011020150110_1





平成27年1月10日(土)第998回武藤記念講座
上智大学名誉教授 渡部昇一氏の講演「歴史戦争に勝つ」要旨
は、ここ http://www.kokuminkaikan.jp/chair/detail20150110.html をクリックして下さい。                                             ■関連WEB:浅野経営研究所ブログ:第998回武藤記念講座 ごらんください

◆◆◇2月の記念講座のご案内
第999回武藤記念講座
演 題:「武藤山治とブラジル」
講 師:佐賀大学教授 山本長次氏
日 時:2月8日(日)   午後1時30分~3時30分
場 所:大阪市中央区大手前 國民會館12階武藤記念ホール
要 旨:近代日本を代表する鐘紡や時事新報の経営者で、政治家、さらに國民會館の創立者  でもあった武藤山治は、ブラジル・アマゾン河流域への移住事業の端緒をつくった人物でもあった。昨年(2014年)は、アマゾン日本人移民85周年の年であったが、今回は、武藤がこのような事業にかかわった経緯、移住地・トメアスの今日の状況等について紹介する。

| | コメント (0)

2015年1月21日 (水)

筆跡は心の鏡(NO3423)

21日18.00から兵庫県民会館 9階「けんみんホール」での「禅をきく会」に参加しました。
■座禅指導は椅子座禅です。
▼「脚下照顧」の意味。
▼曹洞宗の坐禅は「只管打坐(しかんたざ)」、ただひたすらに坐るということです。
座禅の作法の動画があります。
▼呼吸法では長く息を吐くのが大切です。自律神経に良い影響を与えます。息を吸うときと吐くときでは、自律神経のスイッチが切り替わります。
・吸う → 交感神経
・吐く → 副交感神経(リラックス)
■「筆跡は心の鏡」
書かれた文字には無意識にその人の性格や行動の傾向が表れます。筆跡診断はこれを分析することで、それを書いた人の人間像を推定します。▼実際に自分で書いた文字の癖を先生が診断例に基づき解説された。
筆跡診断事務所「オフィスりるも」・代表筆跡診断士・山上りるも20150121_2


20150121_3

| | コメント (0)

2015年1月20日 (火)

環境・循環型社会研究分科会 合同研究会(NO3422)

工業経営研究学会 

環境・循環型社会研究分科会 合同研究会のご案内

環境研究分科会と循環型社会研究分科会は、2つの分科会の統合を視野に入れて、次のように合同研究会を開催します。ご参加ください。

1.   日時 2015125日(日)1400~1700

2.   会場 大東文化会館 K-302教室

   [東武東上線(池袋発)の東武練馬駅、北口から直ぐのところです]

3.   議事次第

    総合司会 浅野宗克

  (1)開会(浅野)

  (2)報告[30分予定]

  鶴田佳史「環境経営」

  坂本 清「資源循環」

  鈴木幸毅「環境政策」

  九里徳泰ISO26000と企業意思決定の関係性」

  (3)これからの活動方向について(鈴木)

  (4)閉会(浅野)

    4.懇親会(研究会終了後)

 

*参加の有無を、117日までにお知らせください。

 

■前回の研究会
http://asano.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-77d4.html

| | コメント (0)

2015年1月19日 (月)

「ナノ市場」突破法(NO3421)

20150119
日経ビジネス2015.1.19号は「ナノ市場」突破法を特集しています。P24--41
消費者の嗜好が恐ろしく細分化されている市場。それが「ナノ市場」です。これまで言われてきた「富裕層と低所得層の2極化」「若者の消費離れ」では説明できない。消費市場は2極化どころか「1000極」「1万極」に分散、全体がナノ化へとつき進む。
■消費市場が多極化している背景には、社会情勢やライフスタイルなどの長期的な変化がある。散らばった個人の嗜好は揺れ動き、割り切れないから、市場はさらに複雑化していく。
■「ナノ市場」突破法
多極化する消費市場にを前に企業はどうすべきか。変化し続ける消費者の声を丹念に拾い、小さなトレンドを見つけて育てて行く方法しかない。
1)愚直に顧客に聞く
2)現場至上主義
3)データで徹底検証
4)究極のカスタマイズ
把握が容易ではない消費者ならば、いっそ商品の仕上げを一人ひとりに委ねるのも一つの手だ。

| | コメント (0)

2015年1月18日 (日)

飛鳥未知の大古墳(NO3420)

11時半からマンションの新年会に出席したあと▼14.40から明日香村の小山田遺跡の現地説明会に参加し、石敷の大規模な堀跡の解説を聞きました。▼遺構は校舎建て替えに伴う発掘で発見された。▼舒明天皇の墓か?、「蘇我蝦夷の墓」説も。▼今日は7000人の方が説明会に参加。▼歩数は16265歩でした。20150118_5


20150118_4


20150118_2


20150118_3

| | コメント (0)

2015年1月17日 (土)

天王寺の賑わい創出、地域魅力の発信を(NO.3419)

17日(土)は「ユニコン平成27年1月例会」で発表させていただきました。
■ユニコン会は40年の歴史がある、由緒ある経営コンサルタントの文化サロン、自己研鑽の場です。
1.と き  平成26年1月17日(土) 13:30~16:30
2.ところ  阪急グランドビル26階 12号会議室
3.テーマ  「天王寺の賑わい創出、地域魅力の発信を」
■百貨店日本一の広い売場となった「あべのハルカス近鉄本店」の集客の仕掛けづくりについて発表し、みなさんと活発な意見交換を行いました。
1)第5回内国勧業博覧会から113年の天王寺
2)日本一の広い売り場のあべのハルカス近鉄本店
3)コミュニティ、縁活づくり
4)天王寺公園・動物園の魅力づくり
5)天王寺への集客づくりのしかけ

20150117


20150117_2


201403122

| | コメント (0)

2015年1月16日 (金)

貝原益軒の「養生訓」に学ぶ(NO3418)

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから「プラスαの魅力」をいただきました。
いつもありがとうございます。
言葉の花束「3221.15.doc」をダウンロード..してご覧ください
☆貝原益軒の「養生訓」に学ぶ――――平沢龍登・平沢クリニック院長(東京都福生市)公明新聞2015.1.4

| | コメント (0)

2015年1月15日 (木)

企業の従業員に対する健康管理(健康経営)(NO3417)

1月15日(木)18.30~桑蓬会第345回でした。私は会場設営と司会進行役でした。
1)とき:1月15日(木)18.30~20.30
2)場所:エルおおさか608号
3)講師:中小企業診断士 衣笠年季氏
4)テーマ:企業の従業員に対する健康管理(健康経営)
■内容
・健康経営とは?
・アメリカの「健康経営」の考え方(メリット)
・アメリカの医療制度、日本との違い
・アメリカの健康経営事例
・日本の健康経営事例
・中小企業の健康経営事例
・日本の企業が健康経営に取り組むメリット
・健康経営格付により融資を受けた企業
・メンタルヘルスについて
・メンタルヘルスを悪化させる主な要因
・健康経営の今後の課題
「その他」
・メンタルヘルスに係る資格
・健康経営を取り巻く法制度
・メンタルヘルスに関する専門的な知識を有する機関
・健康経営に関わる団体等
・参考資料
 企業の「健康投資」ガイドブック(経産省)
 働く人のメンタルヘルスポータルサイト(厚労省)
■60分の発表のあと、60分の全員参加の活発な質疑応答。
▼健康経営の定義、ロバート・ローゼン氏の提唱した考え方。
▼①健康な従業員こそ収益性の高い会社をつくる。②従業員の健康は経営資源である。③従業員の健康投資は経営戦略の一つである。④従業員の健康被害は経営リスク(機会損失)である。⑤健康経営は企業の社会的責任である。■最後に出席者全員がご自分がいま実行している健康管理のひとつを各自ご披露いただきました。■見学者3人の感想です。素敵な会にご招待いただき、ありがとうございました。緊張感ある会で、大変勉強になりました。■さわやかななプレゼンと、熱いまなざしのお仲間と学習できて、大変、楽しく貴重な有意義な会合でした。■21.30までの懇親会は見学の3人の方を交えて、ワイガヤ会。ホンネの“人間同士関係”の1ページが開かれました。

■関連WEB:「健康経営銘柄」を選定します!経済産業省
■関連WEB:「健康経営のすすめ~今こそヘルシーカンパニーを目指そう」(東京商工会議所)
■関連WEB:NHKクローズアップ現代
2014年1月28日(火)放送 
“健康経営”のすすめ 
~会社も町も大変身!~

NHK動画(7.19)も見ることができます。
■関連WEB:目指せ健康経営/従業員の健康管理の最前線(経団連
20150115_3


20150115_5


20150115_6


20150115_14

| | コメント (0)

2015年1月14日 (水)

「大阪・関西の進むべき道」(No.3417)

20150114


新春新春経済講演会「大阪・関西の進むべき道」
▼なぜ今羅針盤か?
▼大阪・関西の現状と課題
人口減少と高齢化、東京一極集中
▼東西2,800人調査で分かった事
▼処方箋は?
▼シンガポールに学ぶ。
▼新興国ベトナムは今?
■朝のNHK連続ドラマ『マッサン』のモデルとなったことでも話題になっています。▼大阪企業家ミュージアム「周年企業に聞く」講演会では、創業80周年を迎えたニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝氏の本格ウイスキーづくりへの挑戦の軌跡とその気迫、情熱の継承について、お話を伺いました。
20150114_2


▼講師は、アサヒビール株式会社のウイスキーアンバサダー 簑輪 陽一郎氏

| | コメント (0)

2015年1月13日 (火)

2015年 どうなる大阪経済!(NO3416)

<北支部主催-新春経済講演会->
◆テーマ:「2015年 どうなる大阪経済!」
       - 報道記者の視点から景気の行方を予測する -

◆講 師: 朝日新聞社・大阪本社
        経済部編集委員 多賀谷 克彦 氏
          「2015年 どうなる大阪経済!」
■激変する日本経済、2015年の大阪経済はどうなるのか?
消費税率引上げの先送り、大企業と中小企業の回復過程の跛行性、
円・国債・株価の動向が与える影響は?
日々、経済の現場を取材している報道記者の視点から、大阪の景気動向を予測して頂きました。
■消費増税後、地域・所得・世代間 三つの格差。
■関西創生の原動力に取り組む方針は
1番目は「イノベーション」→医療健康分野
2番目は「強靭な国づくり」
3番目は「外国人旅客の誘致」
201501132015_3


201501132015_2


201501132015_1


20150113


■お祭りのような場所、なかなか他では味わえない雰囲気の高知のひろめ市場
バオ バオ イッセイ ミヤケ(Bao Bao Issey Miyake)のレディースバッグ(クラッチバッグ)が海外から人気です。■株高に支えられた「ゆとり層」の消費が頼りでは、あまりにも心もとない。■百貨店は外商の富裕層相手で売上を確保する。

| | コメント (0)

2015年1月12日 (月)

10年目を迎えた大阪いずみ市民生協の『多国籍軍監査』(No3415)

アイソスの最新号で内部監査を特集しています。

■2月号の内部監査の記事
「重点志向型内部品質監査、第7回:監査の後工程を確かめる」P84
「ISOファシリテーション・シリーズ、MS内部監査編
 第7回:自発的なモデリングを滋養する、クリーンランゲージ」P91
「第7回:大阪いずみ市民生活協同組合
 10年目を迎えた大阪いずみ市民生協の『多国籍軍監査』
 日本の内部監査史に残る偉業               P97 

■1月号の内部監査の記事
「重点志向型内部品質監査、第6回:経営トップ自身が自社の仕事ぶりを確かめる」P82
「㈱久永コンサルタント、評定点の維持・向上と環境負荷低減等を推進」P88
「ISOファシリテーション・シリーズ、MS内部監査編第6回「評価・判定」の技法」P94

■12月号の内部監査の記事
「重点志向型内部品質監査、第5回:重要な工程を重点的に確かめる」P86
「㈱ニッキ、プロセスアプローチの視点でMSの有効性を判断」P80
「ISOファシリテーション・シリーズ、MS内部監査編
第5回「MSの動きを理解し、質問力を高める」P93

| | コメント (0)

2015年1月11日 (日)

「ISO9001/ISO14001次期改正対応(No3414)

アイソスの最新号で2015年の改訂を特集しています。

■2月号の特集1
「これですべてが分かる次期改正Q&A25、P10
「ISO14001第3回次期改版への移行準備に関する考察と提案(最終回)」P73
「認証機関に聞く『次期改正対応』」JIA-QAセンター P80

■1月号の特集「次期改正版と現行版、差分はここだ」
「ISO9001改正版と現行版との差分解説」P12
「差分から見たDIS14001のポイント」P31
「ISO9001/ISO14001規格に期待されるMSのありかた」P40
「ISO9001次期改正を読み解く、ISO/DIS9001の図解及び要点(2)7章」P60
「認証機関に聞く『次期改正対応』」UL DQS Japan株式会社 P66
「今からはじめる次期改正対応、現行版から次期改正版へのアプローチ」P72
「ISO/DIS14001規格の意図と次期改正版への移行準備」P76

■12月号の特集
「ISO/DIS9001エキスパートによる徹底解説」P11
「ISO/DIS14001規格の意図と次期改正版への移行準備」P60
「ISO9001次期改正を読み解く、ISO/DIS9001の図解及び要点(1)4~6章」P64
「認証機関に聞く『次期改正対応』」日本能率協会 P72
「今からはじめる次期改正対応、ISO14001:2004版から2015年改正への準備」P77

| | コメント (0)

2015年1月10日 (土)

歴史戦争に勝つ(No3413)

3◆◆◇1月の新春記念講座◆◆◇
第998回武藤記念講座
演 題:「歴史戦争に勝つ」
講 師:上智大学名誉教授  渡部昇一氏
日 時:1月10日(土)   午後1時30分~3時30分2時間
場 所:大阪市中央区大手前 國民會館12階武藤記念ホール
要 旨:日本は今、「歴史戦争」のまっただ中におります。コリアは日本統治を掠奪的なものと言い、チャイナもシナ事変の七十周年で騒いでいます。いずれも堂々と弁ずれば日本はこの歴史戦争に勝てます。勝たなければいつまでもユスられます。勝つ方法は一つ。正しい歴史の知識です。
■第998回です。こんな長期にわたって続いている講座は本当に珍しい。
■渡部昇一先生が強く述べられた言葉は下記です。
20150110_1


20150110_2


■マッカーサーが朝鮮戦争の中途でアメリカに呼び戻され、上院の軍事外交合同委員会で驚くべき証言をしているのです。マッカーサーはある議員の質問に答え、当時の日本の状況を言った後に,「したがって、日本がこの前の戦争に入ったのは主として自衛のためであった」と言ったのです。非常に重要なので,私はいつも英語で言うことにしています。
「Their purpose,therefore, in going towar was largely dictated by security.」
要するに,日本は近代産業国家といっても持っているのは絹産業だけで、石油でもスズでも資源はアジアの海域にあった。われわれがそれを売らないことにしたため、日本は1000万人から1200万人が失業する可能性が生じ、自衛のために戦争に入ったんだと言ったのです。若い方にも、ぜひこの英語とその意味を覚えていただきたい。しかもそれは東条大将の宣誓供述書と同じ趣旨になっています。■東京裁判で日本に中国への開戦責任を問うことができなかったこと,マッカーサー自身が日本の侵略戦争を否定したことを,日本人に改めて知ってほしいです。そして外務省の人たちには、国の方針として海外の人に教えていただきたいです。

| | コメント (0)

2015年1月 9日 (金)

「ISO9001/ISO14001規格改正版への移行準備(No3412)

20150108iso_2


20150108iso_3


第118回ISO研究会(2015年1月8日)は2015年の改訂を中小企業へどのように指導するかを話し合いました。
アイソスの最新号で2015年の改訂を特集しています。
■1月号の特集「次期改正版と現行版、差分はここだ」
「ISO9001改正版と現行版との差分解説」P12
「差分から見たDIS14001のポイント」P31
「ISO9001/ISO14001規格に期待されるMSのありかた」P40
「ISO9001次期改正を読み解く、ISO/DIS9001の図解及び要点(2)7章」P60
「認証機関に聞く『次期改正対応』」UL DQS Japan株式会社 P66
「今からはじめる次期改正対応、現行版から次期改正版へのアプローチ」P72
「ISO/DIS14001規格の意図と次期改正版への移行準備」P76

| | コメント (0)

2015年1月 8日 (木)

COP20の成果(No3411)

「大阪カーボンカンファレンス2014」
ペルー共和国・リマで2014年12月に開催の第20回気候変動枠組条約締約国会議(COP20)の成果を踏まえ、日本の国際戦略の柱である新しいメカニズムとしてのJCM(Joint Crediting Mechanism)を主なテーマとして「大阪カーボンカンファレンス2014」を開催された。
 同カンファレンスでは、COP20の出席者から会議の結果のご報告、ポスト京都議定書における日本の国際戦略について考えるのにとても役立ちました。関西で、これからの温暖化対策に関する最新情報が得られる貴重な機会でした。

プログラム
13:00 開会挨拶 大阪 CDM ネットワーク 世話役代表((公財)地球環境センター(GEC))
13:10 基調講演 「リマ会議の結果と今後の気候変動交渉の展望」
    高村 ゆかり(名古屋大学大学院 環境学研究科 教授)
13:45 講演 「COP20 の結果及び日本政府の対応」
    増田 大美(環境省 地球環境局 国際地球温暖化対策室 交渉官)
14:10 講演 「COP20 における市場メカニズムに関する交渉結果と JCM の取組み」
   水野 勇史(環境省 地球環境局 市場メカニズム室 国際企画官)
14:35 休憩
14:50 講演 「ホーチミン市・大阪市連携による低炭素都市形成について」
    泉 憲(大阪市環境局 環境施策部 都市間協力担当課長)
15:15 パネルディスカッション(Q&A セッション)
    コーディネーター:鈴木胖((公財)地球環境戦略研究機関(IGES)
    関西研究センター所長)
    パネリスト:高村ゆかり、増田 大美、水野勇史、泉 憲、白石 賢司(GEC)
16:30 閉会挨拶 大阪市環境局

20150108cop20_1■温暖化を19世紀末の工業化前から2度未満に抑えるという大目標達成のめどはさらに遠のいた。■ただ,各国は曲がりなりにも対立を封じて、決裂を避けることを選んだ。温室効果ガスの削減に世界全体で取り組もうと基本合意した意味は大きい。■今年12月にパリで開かれるCOP21は、2020年以降の新しい枠組みを目指している。先進国だけに削減義務を課した京都議定書は、米国の離脱も招いたが、今回のペルーでの合意では、途上国を含むすべての国の参加が明示された。
■今や世界最大の二酸化炭素排出国となった中国と、第2位の米国も早々に目標を20150108cop20_2決め、責任を果たす姿勢に転じた。
■日本は,国連事務総長や各国から「目標を早く明らかにすべきだ」と強く求められた。■主要国のほとんどが今年3月末までに目標を出す見込みなのに,日本が遅れるようでは、今後の地球環境問題全体での信頼や発言力が後退するだろう。環境技術大国を自認する日本である。内容のある目標づくりを急ぐべきだ(朝日12.29社説より)。

| | コメント (0)

2015年1月 7日 (水)

阿倍野・天王寺界隈の現状と課題(NO.3410)

あべの天王寺界隈の現状と課題、111年の時を経て・天王寺周辺の変貌
~1903年第5回内国勧業博覧会から2014年への近代都市風景~
▼博覧会とオリンピックの2つが、近代的な都市を造形する上で、極めて有能な祝祭であったことがよくわかりました。この博覧会誘致で大阪が大きく変貌をとげました。
1903年(明治36年)の出来事・話題「5月勧業博覧会」ほか
■海外13カ国参加、蒸気自動車や冷蔵庫などの出品。入場者530万人。
大阪では初めてのエレベーター、大林組の望遠楼「大林高塔」の料金は10銭。
第4回内国勧業博覧会は京都市岡崎公園で1895(明治28)年開催されました。
■あべの筋の道路は芝生を敷くことなります。
■関連WEB:あべの区役所HP
■関連WEB:天王寺公園リニューアル情報

■関連WEB:あべの筋のデザインについてご提案いただきました
http://www.city.osaka.lg.jp/abeno/page/0000216627.htm

| | コメント (0)

2015年1月 6日 (火)

世界の10大リスク予想の筆頭はヨーロッパ政治情勢(No3409)

20150106necco


20150106


2015010610


1月6日は1階の美容室necco(ねっこ)がグランドオープン。■風邪のため、本日は休養でした。
■政治リスクの調査やコンサルティングを手掛ける米ユーラシア・グループは5日、年初恒例の10大リスク予想で、2015年は「欧州の政治」を一番目に挙げた。■ロシアや中国経済の減速のほか「金融の兵器化」「戦略産業の台頭」といった新潮流も火種に挙げた。■米政治学者のイアン・ブレマー氏が率いる同社の予想は市場関係者らの注目度が高い。

| | コメント (0)

2015年1月 5日 (月)

大発会は下落(No.3408)

多くの企業で仕事始めとなった5日。日経平均株価は昨年12月30日の終値より42円安い7408円71銭で取引を終えた。■欧州不安。ギリシャで現政権が進めてきた財政再建路線が揺らぎ,ユーロ圏離脱につながりかねないとの警戒観から、年末年始の欧米市場が値下がりした。■5日の大手証券会社やメガバンクのトップは新年会では、2万円越えは「十分期待できる」と予想している。大手製造業の企業収益がさらに上向くとことを理由に挙げているが。市場は楽観できない。

| | コメント (0)

2015年1月 4日 (日)

環境・循環型社会研究分科会 合同研究会の開催(No.3407)

工業経営研究学会 

環境・循環型社会研究分科会 合同研究会のご案内

環境研究分科会と循環型社会研究分科会は、2つの分科会の統合を視野に入れて、次のように合同研究会を開催します。ご参加ください。

1.   日時 2015125日(日)1400~1700

2.   会場 大東文化会館 K-302教室

   [東武東上線(池袋発)の東武練馬駅、北口から直ぐのところです]

3.   議事次第

    総合司会 浅野宗克

  (1)開会(浅野)

  (2)報告[30分予定]

  鶴田佳史「環境経営」

  坂本 清「資源循環」

  鈴木幸毅「環境政策」

  九里徳泰ISO26000と企業意思決定の関係性」

  (3)これからの活動方向について(鈴木)

  (4)閉会(浅野)

    4.懇親会(研究会終了後)

 

*参加の有無を、117日までに下記あてお知らせください。

   浅野宗克:munekatsu.asano@gmail.com

      または

     鈴木幸毅:rinrin-.-suzu@nifty.com

*報告者は、できる限り資料を作成の上ご持参下さい。

■前回の研究会
http://asano.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-77d4.html

| | コメント (0)

2015年1月 3日 (土)

ポジティブなものの言い方とは?(No.3406)

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから「プラスαの魅力」をいただきました。いつもありがとうございます。
言葉の花束「3211.1.doc」をダウンロード..してご覧ください
☆ポジティブなものの言い方とは?――ワークショップ・ポルド「幸運を呼びこむポジティブなものの言い方」(大和出版)
☆スピリチュアルな世界に生きている日本人――たかのてるこ「ど・スピリチュアル日本旅」(幻冬社)20150101_


20150101

| | コメント (0)

2015年1月 2日 (金)

大般若会(No.3405)

正月2日は奈良の三松寺の新年恒例の大般若六百巻を心読し大願成就の祈願法要へ。
禅をきく会は2月25日(水)です。20150102_2


20150102_1



■生駒山から吹く風がとても冷たいです。若草山も良く見えます。
今年の山焼きは1月24日(土)18.15から、雨天の場合は1月31日。
山焼きが良く見えるスポットは西の京駅近くの大池(勝間田池)です。
■関連WEB:禅をきく会:2月25日(水)
■関連WEB:転読大般若 曹洞宗
■関連WEB:曹洞宗の法要「大般若会」

| | コメント (0)

2015年1月 1日 (木)

笑いでつながる(No.3404)

あけましておめでとうございます。■新年もいつも通りの朝と変わらぬ大阪城天守閣前の
ラジオ体操。20150101_001



20150101_2


20150101_1


■午後は、天満天神繁盛亭、帰りは大阪では珍しい雪になった。
■19.00から新年恒例「ウイーン・フィル・ニューイヤーコンサート2015」の生中継を観賞しました。▼序曲「ウィーンの朝、昼、晩」、ワルツ「東洋の物語」、ポルカ・フランセーズ「ウィーンの生活」▼「美しく青きドナウ」「ラデツキ―行進曲」ほか、指揮はズービン・メターさん
▼特等席で至福の時間を過ごした。▼ウィーン・フィルニューイヤーチケッ20150101_2_2

▼新年の新聞各紙のメッセージであるトップ記事は以下です。
■朝日:鏡の中の日本、戦後70年第一部敗戦、道開く原点
■日経:働き方NEXT、変えるのはあなた
■読売:ビットコイン不正操作、マウント社で消失の99%
■毎日:東北被災地のあなたへ、年賀状1600枚全国から
■産経:パラオ・ぺリリュー島の戦い、米軍畏怖させた忠誠心

▼新年の社説
■朝日:グローバル時代の歴史、「自虐」や「自尊」を超えて
■日経:戦後70年の統治のかたちづくりを
■読売:日本の活路を切り開く年に、成長力強化で人口減に挑もう
■毎日:戦後70年日本と東アジア、脱・序列思考のすすめ
■産経:覚悟と決意の成熟社会に、


20150101_1_2

■最近8年間の元旦ブログの記事は下記です。
■関連WEB:2014年1月 1日 (日)ブログ「ウイーン・フィル・ニューイヤーコンサート2014の生中継」
■関連WEB:2013年1月 1日 (日)ブログ「ブログ目標設定で「明るい明日」切り開こう
■関連WEB:2012年1月 1日 (日)ブログ「上向きの『昇竜』の年に
■関連WEB:2011年1月 1日 (土)ブログ「多くの人との出会い、夢を描き、明るい方向へ
■関連WEB:2010年1月 1日 (金)ブログ「あけましておめでとうございます
■関連WEB:2009年1月 1日 (木)ブログ『企業の環境新時代と循環型社会の探求
■関連WEB:2008年1月 1日 (火)ブログ「低炭素社会を目指して
■関連WEB:2007年1月 1日 (月)ブログ「謹賀新年
■関連WEB:2006年1月 1日 (日)ブログ「笑門来福20150101_2_3

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »