« 環境・循環型社会研究分科会 合同研究会(NO3422) | トップページ | 武藤記念講座のご案内(NO3424) »

2015年1月21日 (水)

筆跡は心の鏡(NO3423)

21日18.00から兵庫県民会館 9階「けんみんホール」での「禅をきく会」に参加しました。
■座禅指導は椅子座禅です。
▼「脚下照顧」の意味。
▼曹洞宗の坐禅は「只管打坐(しかんたざ)」、ただひたすらに坐るということです。
座禅の作法の動画があります。
▼呼吸法では長く息を吐くのが大切です。自律神経に良い影響を与えます。息を吸うときと吐くときでは、自律神経のスイッチが切り替わります。
・吸う → 交感神経
・吐く → 副交感神経(リラックス)
■「筆跡は心の鏡」
書かれた文字には無意識にその人の性格や行動の傾向が表れます。筆跡診断はこれを分析することで、それを書いた人の人間像を推定します。▼実際に自分で書いた文字の癖を先生が診断例に基づき解説された。
筆跡診断事務所「オフィスりるも」・代表筆跡診断士・山上りるも20150121_2


20150121_3

|

« 環境・循環型社会研究分科会 合同研究会(NO3422) | トップページ | 武藤記念講座のご案内(NO3424) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。