« 2014年に世界で新たに建設された風力発電の発電能力(NO3448) | トップページ | 宇宙技術でイノベーションを(NO3450) »

2015年2月16日 (月)

「原油安時代」の政治リスク(NO3449)

大商・≪第1回 金属部会≫講演「消費税増税先送り後の日本経済」に参加しました。
昨年12月の衆議院解散・総選挙の結果、安倍政権が継続されることになり、消費税増税が先送りされることになりました。消費税再引き上げまでの期間をアベノミクスの本丸と呼ばれる成長戦略や財政再建の本格的実行が期待されており、今後の日本経済に少なからず影響を及ぼすものと考えられます。
◆講 師: 日本経済新聞社大阪本社編集局次長兼経済部長   梅谷 哲夫 氏
▼世界経済、キーワードは「原油安」
▼世界で広がる「緩和ドミノ」
▼ロシア、制裁+原油安のWパンチ
▼原油価格大幅下落の背景
2015020727


▼「原油安時代」の政治リスク
▼アベノミクス、正念場の1年
▼「日経産業天気図」の推移
▼景況感、わずかに好転の兆し
▼関西活性化への3つの「イ」
▼先端医療、世界が熱視線
▼拡大するインバウンドパワー
▼水素・燃料電池社会への期待
▼UAV=無人飛行ロボット
▼浮体式の洋上風力発電
▼日経新聞と日経電子版の関係
■誰が何のために仕組んだのか?「原油安の罠」がわからないですね

|

« 2014年に世界で新たに建設された風力発電の発電能力(NO3448) | トップページ | 宇宙技術でイノベーションを(NO3450) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。