« 「森は海の恋人~人の心に木を植える~」(NO3440) | トップページ | 「善い会社、2015年版 いま必要とされる100社ランキング」(NO3442) »

2015年2月 8日 (日)

:「武藤山治とブラジル移住事業」(NO.3441)

第999 回武藤記念講座は演題:「武藤山治とブラジル」
講師は佐賀大学教授の山本長次氏。
■近代日本を代表する鐘紡や時事新報の経営者で、政治家、さらに國民會館の創立者でもあった武藤山治は、ブラジル・アマゾン河流域への移住事業の端緒をつくった人物でもあった。昨年(2014年)は、アマゾン日本人移民85周年の年であったが、今回は、武藤がこのような事業にかかわった経緯、移住地・トメアスの今日の状況等についてお話いただきました。
1.ブラジル・パラー州のベレンとトメアス
2.武藤の移民思想や使命感の原点
3.なぜトメアスへの移住事業が戦前・戦後と連続性をもてたのか
4.現在のアグロフォレストリーへの取り組みの意義
5.経済面、人的交流面等、日伯関係強化の意義
興味深いお話ありがとうございました。

■トメアスとは
http://www.frutafruta.com/agroforestry/tomeacu.html#01
■トメアス日系コロニアの歴史
http://nipo-brasil.org/archives/1041/

2015208


20150208_3

|

« 「森は海の恋人~人の心に木を植える~」(NO3440) | トップページ | 「善い会社、2015年版 いま必要とされる100社ランキング」(NO3442) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。