« 内容のある2030年の電源構成目標を急ぐべきだ(No3436) | トップページ |  最近の国際情勢 (No3438) »

2015年2月 4日 (水)

わが国の再生可能エネルギー政策:課題と展望(No3437)

「「再生可能エネルギー政策と課題」のセミナーに参加しました。
セミナーでは、「わが国の再生可能エネルギー政策と課題」をテーマとして、総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会委員で、エネルギー基本計画作成に参加された京都大学大学院経済学研究科の植田教授より、「日本の再生可能エネルギー政策 ~課題と展望~」について基調講演を頂き、その後に、太陽光発電協会の茅岡様および日本風力発電協会の花岡様からご講演して頂きました。
■「わが国の再生可能エネルギー政策:課題と展望」
・接続保留問題が提起したこと
・再生エネ活用の多面的意義
・再生エネINエネ基本計画
・再生エネ発電固定価格買取制度
・FIT・再エネ政策の成果と課題
・地域再生可能エネルギー経営
・地域エネルギー経営に取り組む

20150204_6


20150204_7


20150204_4


20150204_5


20150204Ecocity20


Huusya12


2015020420090929


20150204_2

▼関連WEB:「緑のエネルギー原論」
▼1999年に学生たちとデンマークの風力発電の工場・設置場所を見学に行ったころから
15年経過していますが、日本の再生エネが伸びていません。残念ですね。

|

« 内容のある2030年の電源構成目標を急ぐべきだ(No3436) | トップページ |  最近の国際情勢 (No3438) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。