« ユニコン会の懇親会(No.3485) | トップページ | 俺のフレンチ・イタリアンと落語会(NO3487) »

2015年3月22日 (日)

「2,000万人の貧困の現実、~生活保護費4兆円~」(No.3486)

日経ビジネス3月23日の特集は「2,000万人の貧困」
「必要なのは福祉より投資」。
昨年から「ピケティ・ブーム」で、格差論議がかまびすしい。
しかし日本の格差の本質は、ピケティの学説で注目された
富裕層の占有にではなく、中間層の没落と貧困の拡大にある。
月10.2万円に満たない額で生活する人は、約2,000万人。
後期高齢者より多いこの層を放置すれば、国の衰退は必至だ。
福祉を慈善のようにではなく、投資ととらえ直す時が来た(中川雅之)。
■日経22日トップ記事
日経が21日まとめた「社長100人アンケート」で、国内景気は「緩やかながら拡大している」とした経営者が全体の74.5%を占めた。円安や米国経済の回復を受け、前回の2014年12月調査を34.4%を上回り、景況感が大幅に改善した。手元資金の使い道でhあ「設備資金」や「M&A」などの成長投資を挙げる経営者が目立った。
■朝日22日トップ記事
岸田文雄外相、中国の王毅外相、韓国の尹炳世外相が21日、ソウル市内のホテルで会談した。王氏は、戦後70年にあたって安倍晋三首相が発表する「安倍談話」などを念頭に日本を強く牽制。終了後に公表された共同報道発表文にも「歴史を直視、未来に向かう」と明記された。20150323


 

|

« ユニコン会の懇親会(No.3485) | トップページ | 俺のフレンチ・イタリアンと落語会(NO3487) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。