« 人材育成の課題と家族会(No.3493) | トップページ | 歓送迎会を兼ねた職場の花見(No3495) »

2015年3月30日 (月)

お年寄りは「発明の母」(No.3494)

「三菱商事はミャンマーで食品事業に乗り出す」。日経3月30日の一面記事です。
▼5月に現地の複合企業が持つ製粉・コーヒー会社に3割出資する。▼合弁会社は今後3年で250億円を投じ、加工食品の製造や新たな物流網の整備を進める。▼ミャンマー複合企業はキャピタル・ダイヤモンド・スター・グループで、ミャンマー企業の主力事業に日本企業が出資するのは初めて。

■「人口病に克つ」、お年寄りは「発明の母」
▼「服薬支援ロボ」:薬の時間、ロボットが声掛け。
▼認知症高齢者にGPS端末を着用
▼人工筋肉を付けた「マッスルスーツ」で訪問入浴介護
▼感情認識ロボットで認知症高齢者を見守る手伝い
▼何もしなければ、近い将来に首都の住民が必ず直面する悲惨な未来図。▼厳しい未来を変えようと、日本の技術で補完する試みが始まっている。▼今こそ総力を挙げて日本の知恵と技術を注ぎ込むときだ。

|

« 人材育成の課題と家族会(No.3493) | トップページ | 歓送迎会を兼ねた職場の花見(No3495) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。