« アジアの中の日本(No3499) | トップページ | 月例研究会350回(30年間)も続いている息の長いステータスな研究会(NO3501) »

2015年4月 5日 (日)

新小学1年生に「将来就きたい職業」、親の「子供に就かせたい職業」(No3500)

クラレが2015年入学の小学1年生に「将来就きたい職業」を聞いた調査によると、1位は男子が「スポーツ選手」、女子は「パン・ケーキ屋・お菓子屋」。▼それぞれ調査を始めた1999年以降17年連続してトップを占めている。▼「会社員」が初めて男の子の20位圏外に落ちた。
▼クラレの人工皮革「クラリーノ」を使ったランドセルを買った新1年生4000人とその親の回答をまとめ、20位までを発表した。
▼「子供に就かせたい職業」を親に聞いたところ、男子の親は「公務員」が1位で、「スポーツ選手」「医師」と続くのに対し、女子の親は「看護師」が90年代以降トップを占める。公務員、薬剤師も人気だ。
■関連WEB:2015年版新小学1年生の「将来就きたい職業」、親の「子供に就かせたい職業」
▼新小一の孫は1月の幼稚園参観日に「大きくなったらなりたい職業」を「I want to become…」と英語で、全員が発表したそうです

▼NHK連続ドラマ「まれ」のヒロイン・希(まれ)は夢追い人の父に振り回される人生から、「地道にコツコツ」が人生のモットーとなっていた。▼高校を卒業した希は、念願だった地元の市役所に就職し、早くも人生の安定・安寧を得るのだった。▼希にも「パティシエになりたい」という幼い頃に抱いた夢があった。▼市役所で働く中で、その夢を思い出した希は、家族の反対を押し切り横浜の洋菓子名門店に弟子入りする。▼そこでパティシエとして夢を追い続けることを選ぶのだった。
▼希(まれ)の「就きたい職業」の夢:「パティシエ」→「市役所」→「パティシエ」でした。

|

« アジアの中の日本(No3499) | トップページ | 月例研究会350回(30年間)も続いている息の長いステータスな研究会(NO3501) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。