« 相続税対策について税理士が伝えるべきこと(NO3547) | トップページ | 呼吸法とヨガ(NO3549) »

2015年5月22日 (金)

少子化で国内菓子市場が縮小する中、7期連続最高益更新(No3548)

20150522_2
大商夕学のテーマは
「カルビーはどうやって変わったのか」
~少子化で国内菓子市場が縮小する中、7期連続最高益更新~
講師はカルビー株式会社
代表取締役会長兼CEO 松本 晃氏
■今最も注目を浴びている経営者、カルビー株式会社の松本晃会長の講演でした。
■松本会長は、創業家に請われて同社会長に就任、カルビーの60年間を振り返り、業務の棚卸し、仕分けを行った。①良いことだから続ける、②良いことだが、できていない③すぐ止めた方がいい。③の無駄な仕事の廃止から着手。
■徹底した製造原価低減と値下げ戦略の組み合わせで、営業利益1%だった会社が10%程度にまで収益性を確保できる企業に、劇的な改善に成功した、その立役者である松本会長の講演。
■今年3月期決算では、国内はシリアルが伸び、スナックは新製品効果で増収。米国や韓国など海外売上高が大幅増。中国の採算改善。減価償却費の増加や原材料高を吸収し営業利益段階から7期連続で最高益更新。■カルビーは国内では販売拡大によって工場の稼働率を上げ、一括購買などコスト削減に取り組んできた。■今年4月7日、カルビーの株価が上場来高値5590円を付けた。東日本大震災が起きた2011年3月11日に上場してから4年で株価は10倍になった。■「フルグラ」「ベジップス」などメガヒット商品を連発し、百貨店での直営店「グランカルビー」も連日完売になるなど、その販売戦略に注目が集まっています。
■上手くいく経営に欠かせない3要素
①Vision ②Plan ③リーダーシップ
■松本会長のモノの考え方10
1)約束と責任(Commitment & Accoutability)
2)Fair → simple,Digital,contractual
3)厳・甘、暖・冷
4)形状維持是即脱落
5)正しいことを正しく
6)No meeting, No memo 会議を止め、客先へ行け
7)One Doller-- Out 会社の金を使うな
8)すべてのコストは顧客が負担
9)報告の3原則
 ①トラブルはすぐ報告せよ
 ②悪いことかrた報告せよ
 ③ウソをつくな
10)①簡素化、②透明化、③分権化の三つを改革する
■簡素化の例:身分制度、稟議書(廃止)、諸手当(廃止)、日当(廃止)
■平成27年5月12日決算短信P5--7に(4)事業等のリスクも参考となりました。

|

« 相続税対策について税理士が伝えるべきこと(NO3547) | トップページ | 呼吸法とヨガ(NO3549) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。