« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月31日 (日)

豚の丸焼(NO3557)

20150531_5 31日太子橋橋下の空き地で野外コンサートとを楽しみにました。2015053120150531_n_220150531_220150531_3

| | コメント (0)

2015年5月30日 (土)

「平安時代の碁」と能の鑑賞(NO3556)

30日の午前は大阪市立中央図書館の帰り道に和光寺を訪れました。
▼この和光寺は元禄11年(1698年)堀江新地開発のとき、智善上人が建立。▼境内の池から善光寺(長野)本尊とも言われる阿弥陀如来が出現したことから、通称阿弥陀池ともいわれ江戸時代から多くの人々に親しまれれています。
▼関連web:和光寺 20150530_3
午後2時から5時は
▼大槻能楽堂自主公演能を観賞しました。 
「能の魅力を探るシリーズ」―能の描く女たち―紫式部が描いた女性像
•お話『碁を打つ空蝉と軒端萩を垣間見た光源氏』中西進氏
・お話『平安時代の碁』古作登氏
•復曲能「碁」大槻文藏氏

| | コメント (0)

2015年5月29日 (金)

新しいビジネスを生みだすための地域への関わり方(NO3555)

3.55「日本の未来の縮図」
島根県 隠岐島・海士町。人口2331(20128月末現在)、うち4割が65歳以上という超少子高齢化、過疎の町。50年先の日本の未来の問題が到来している「課題先進地」、それが海士町。

海士町を舞台に「これからの新しい生き方」を学ぶ学校づくりに取り組んでいる「巡の環」が、地域コミュニティの再生を支援してきたNPO法人ミラックとともに、地域コミュニティの課題を共有・共感することで自律的なビジネスにしてきた実例を紹介された。

取り組み内容は、次の3つの軸の活動です。

1)海士町がこれからの社会のモデルとなるための「地域づくり事業」

2)社会のモデルとしての海士町から学ぶための「教育事業」

3)海士町で学んだことを社会全体に伝えるための「メディア事業」

▼関連WEB:海士町

▼関連WEB:「巡の環」、

▼関連WEB:NPO法人ミラック

▼関連WEB:「僕たちは島で、未来を見ることにした20150529_2_2

■なにわ歴博講座「信濃善光寺と大阪和光寺ー善光寺御開帳写真紀行ー」
善光寺の御本尊が数え年で7年に一度開帳される年。531日が最終日です。大阪和光寺の縁起では、善光寺の御本尊は阿弥陀池から出現したという。なぜこのような縁起が大阪にあるのか、その歴史は?
▼関連WEB:善光寺
▼関連WEB:「善光寺前立本尊御開帳20150529

| | コメント (0)

2015年5月28日 (木)

成長エンジン加速化戦略(NO3554)

 第146回 技術向上研究会 5月度例会
日時:52818.30--20.30
講師:山下さん
テーマ:成長エンジン加速化戦略

参加者:14

戦略を開発、調達、生産、営業、物流の各面から説明された。20150528

| | コメント (0)

2015年5月27日 (水)

「ものづくりをことづくりにして付加価値の高い事業に」NO3553)

NOインテックス大阪で新価値創造展2015での特別講演を聴講しました。
■演題:「ものづくりをことづくりにして付加価値の高い事業にそだてよう」
■講師:東京理科大学大学院イノベーション研究科 教授
    ものこと双発学会 理事
    独立行政法人産業技術総合研究所 参与
    ものこと双発協議会 副理事長
    田中 芳夫 氏
■【講演内容】
日本のものづくり産業が進む方向として、5年以上前から「ことづくり」に向かうべきだと言われてきました。▼「ことづくり」とは、生み出したものによってでき上がる新たな生活や社会の様子までつくりあげていくことを指します。▼こうした新たなものづくりを今日の講師の田中教授は「もの・ことづくり」と呼んでいます。▼ものづくりにとどまらず、ものを使って今までにない社会システムまでつくりあげることが「ことづくり」です。

| | コメント (0)

2015年5月26日 (火)

日本人も気づいていないニッポンの魅力(NO3552)

))「JAPAN RUSHING 世界の企業は日本を目指す」日経ビジネス2015年5月25日号の特集です。
経済は成熟し、少子高齢化で人口は減り、国家財政も大赤字--。
そんな「明日なき国」日本になぜか今、世界中の企業が殺到している。
横浜市にアジア最大の開発拠点を作る米アップルは、ほんの一例。
製造業から外食、サービス産業に至るまで、
世界中の様々な企業が日本で事業を強化し始めた。
中国などアジアの台頭による「Japan Passing(日本を素通り)」から
「JAPAN RUSHING(日本へ殺到)」へ。
その背景には、日本人も気づいていないニッポンの魅力がある。(P.26より)
▼「社会的課題」が山ほどある
▼製品開発に最適な「インフラ」がある
▼「ニッチ市場」でも十分なパイがある
▼実はまだまだ「人材」の宝庫
20150526

| | コメント (0)

2015年5月25日 (月)

来年のサミットは伊勢志摩開催なるか?(NO3551)

(NO3551)首相は6月7、8両日にドイツのバイエルン州エルマウ城で開催されるサミットまでに、日本が議長国となる来年のサミット開催地をギリギリまで熟慮して、決めるとしています。
▼名乗りを上げたサミット開催候補先は、仙台市、新潟市、長野県軽井沢町、浜松市、名古屋市、三重県志摩市、神戸市、広島市の8自治体。
▼25日に訪れた志摩市賢島は、英虞湾に浮かぶリゾート地。各首脳の移動には、中部国際空港(愛知県)からヘリコプターを使用する。
▼賢島が警備面を踏まえ有力な点は、
(1)同県には安倍首相らが毎年参拝する伊勢神宮を抱え、外国要人も頻繁に訪れるなど警備の経験が豊富、(2)賢島は本土から2本の橋梁でしかアクセスができず、交通制限や不審者の排除が容易-という点などが高評価の理由だそうです。
▼賢島の会場候補の「志摩観光ホテルクラシック」はすでに、5月8日から来年の春まで耐震補強、改装工事の為、休館に入っています。
■関連WEB:賢島

| | コメント (0)

2015年5月24日 (日)

しまかぜで伊勢志摩の旅(NO3550)

24日の日曜日、25日の月曜日、贅沢な休日を、近鉄特急「しまかぜ」の展望席で過ごすことができました。
「御食つ国、志摩の海女ならし真熊野の小舟に乗りて、沖へ漕ぐ見ゆ」万葉集、大伴家持。「御食つ国」とは、古代より朝廷や神宮に食料を献上していた国のこと。
▼24日の宿は浜島温泉「プレミアリゾート夕雅・伊勢志摩」。
▼「日本の夕景百景」に選ばれた渚にたたずむ夕景が美しいスローライフリゾート空間。▼旬の食材の宝庫・伊勢志摩で食す会席料理と太平洋を一望する快適な天然温泉の露天風呂が良かった。▼岩牡蠣焼きを特別に追加していただきました。
▼25日は賢島・宝生苑で昼食、午後は賢島エスパーニャクルーズ。16時の「しまかぜ」乗車まで目の前に広がる英虞湾を眺めながら、潮の香りに包まれて自由気ままな「朝なぎの湯・夕なぎの湯」での温泉三昧。
■関連WEB:賢島・宝生苑

| | コメント (0)

2015年5月23日 (土)

呼吸法とヨガ(NO3549)

自律神経を整える運動として、ヨガは効果的です。
▼ヨガは、背筋をそらすポーズがとても多いです。▼背筋を反らすポーズは、背中の中枢神経を刺激し、自律神経を活性化させ、身体の不調、肩こり、腰痛、頭痛、睡眠障害にも効果が高いものばかりです。▼また、ヨガのポーズで大切になってくるのが、やはり呼吸法です。▼日々呼吸を正しくすることで、普段の生活の中でも、体調が次第に違ってきます。▼ヨガのポーズを日々繰り返すことで、体のバランスを悪くしているところを正常な体型に戻し、自律神経の働きを正常に戻してくれます。▼ヨガで習ったことを毎日5分間を実践することが大切です。
■関連WEB:YOGA STUDIO 4Tree
■関連WEB:片鼻呼吸法
20150523yoga20150523

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月22日 (金)

少子化で国内菓子市場が縮小する中、7期連続最高益更新(No3548)

20150522_2
大商夕学のテーマは
「カルビーはどうやって変わったのか」
~少子化で国内菓子市場が縮小する中、7期連続最高益更新~
講師はカルビー株式会社
代表取締役会長兼CEO 松本 晃氏
■今最も注目を浴びている経営者、カルビー株式会社の松本晃会長の講演でした。
■松本会長は、創業家に請われて同社会長に就任、カルビーの60年間を振り返り、業務の棚卸し、仕分けを行った。①良いことだから続ける、②良いことだが、できていない③すぐ止めた方がいい。③の無駄な仕事の廃止から着手。
■徹底した製造原価低減と値下げ戦略の組み合わせで、営業利益1%だった会社が10%程度にまで収益性を確保できる企業に、劇的な改善に成功した、その立役者である松本会長の講演。
■今年3月期決算では、国内はシリアルが伸び、スナックは新製品効果で増収。米国や韓国など海外売上高が大幅増。中国の採算改善。減価償却費の増加や原材料高を吸収し営業利益段階から7期連続で最高益更新。■カルビーは国内では販売拡大によって工場の稼働率を上げ、一括購買などコスト削減に取り組んできた。■今年4月7日、カルビーの株価が上場来高値5590円を付けた。東日本大震災が起きた2011年3月11日に上場してから4年で株価は10倍になった。■「フルグラ」「ベジップス」などメガヒット商品を連発し、百貨店での直営店「グランカルビー」も連日完売になるなど、その販売戦略に注目が集まっています。
■上手くいく経営に欠かせない3要素
①Vision ②Plan ③リーダーシップ
■松本会長のモノの考え方10
1)約束と責任(Commitment & Accoutability)
2)Fair → simple,Digital,contractual
3)厳・甘、暖・冷
4)形状維持是即脱落
5)正しいことを正しく
6)No meeting, No memo 会議を止め、客先へ行け
7)One Doller-- Out 会社の金を使うな
8)すべてのコストは顧客が負担
9)報告の3原則
 ①トラブルはすぐ報告せよ
 ②悪いことかrた報告せよ
 ③ウソをつくな
10)①簡素化、②透明化、③分権化の三つを改革する
■簡素化の例:身分制度、稟議書(廃止)、諸手当(廃止)、日当(廃止)
■平成27年5月12日決算短信P5--7に(4)事業等のリスクも参考となりました。

| | コメント (0)

2015年5月21日 (木)

相続税対策について税理士が伝えるべきこと(NO3547)

桑蓬会 第349回例会
1.日時 5月21日 18時30分ー20時30分
2.場所 エル・おおさか  608号室
3.講師 税理士・中小企業診断士 桑野秀朗さん
4. 議題 相続税対策について税理士が伝えるべきこと
5. レジュメ内容
  相続税対策のまとめ
 「相続税対策について税理士が伝えるべきこと」
 1)相続税増税での影響
 2)相続税の基本と改正の内容
 3)相続における問題点と基本的対応
 4)分割対策
 5)節税対策
 6)納税資金対策
 7)二次相続対策
 8)失敗例
 9)その他
20150521_2_4
20150521_1
20150521_220150521_320150521_420150521_1_3

| | コメント (0)

2015年5月20日 (水)

「どうする?相続増税」(No.3546)

桑蓬会 第349回例会

1.日時 5月21日 18時30分ー20時30分

2.場所 エル・おおさか  608号室

3.講師 税理士・中小企業診断士 桑野秀朗さん

4. 議題 相続税対策について税理士が伝えるべきこと

5. 質問 サイボウズの「コメント」に記入いただくか、質問票に

 記入いただき、市橋さんもしくは浅野まで送付ください

6.ご参考 朝日新聞が5月19,20,21日と

     「どうする?相続増税、基礎控除3000万円+α」を連載

      相続税制度のポイントを3回に分けて整理し、

     対策を考える特集をしています。

     ■基礎控除3000万円+α、

       高い地価→土地だけで課税対象

       納税→死亡から原則10ヵ月以内

       多い紛争、元気なうちに親子話し合いを

     ■相続する順位と生前贈与

       教育資金贈って節税

     ■不動産の遺産

       売却・改修、同意取り付け困難

| | コメント (0)

2015年5月19日 (火)

なにより信念のなさを恐れよ(No.3545)

決断の時には何かを捨てる勇気が必要である。

▼新たにことをなそうとするときには、どうしても失敗の危険がついて回る。▼しかし、その失敗を恐れて行動を起こさなければ、失敗することがないかわりに、成功を得るチャンスも失うことになる。▼失敗を恐れるより、やりとげようとする信念のないことを恐れたい。

| | コメント (0)

2015年5月18日 (月)

大阪都構想の住民投票、僅差で否決(No3544)

大阪都構想の住民投票、僅差で否決 野党再編の行方にも影響 (日経18日一面)
▼大阪市を廃止して5つの特別区に分割する「大阪都構想」の是非を問う住民投票が17日投開票され、反対70万5585票、賛成69万4844票の僅差で否決された。▼これにより大阪市の存続が決まった。▼都構想を推進した橋下徹市長(維新の党最高顧問)は記者会見で、今年12月までの市長任期を全うした上で政界を引退すると表明。▼憲法改正を目指す安倍政権の戦略や野党再編の行方にも影響が及びそうだ。▼日経とテレビ大阪が4月下旬に実施した世論調査では、都構想に反対する理由として最も多かったのは「多くの費用がかかる」。▼市を5つの特別区に分割する場合、新たな庁舎建設やシステム改修費などで600億円程度かかる。▼大阪市の分割で期待できる効果がみえにくい一方で、費用がかさむという点が市民が都構想を拒否した大きな理由だろう。▼120年を超す歴史の大阪市がなくなるのは困る。▼今後も、大阪市の活性化に向けた議論は継続する必要がある。▼道府県と政令市の二重行政は、大阪だけの問題ではない。▼昨年の地方自治体法改正で、16年度から知事と政令市長の「調整会議」の設置が義務づけられる。▼人口減少時代に道府県と政令市がどう連携するか、議論を深めたい。

| | コメント (0)

2015年5月17日 (日)

「111歳、いつでも今から」(NO.3543)

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから「プラスαの魅力」をいただきました。
いつもありがとうございます。 言葉の花束「3305.15 (1).doc」をダウンロード..してご覧ください.
☆もう歳だから、もう遅い。そんなことはありません――後藤はつの「111歳、いつでも今から」(河出書房新社)
☆エッセンシャル思考とはどのようなものか――グレッグ・マキューン=著 高橋璃子=訳「エッセンシャル思考」(かんき出版)20150515

| | コメント (0)

2015年5月16日 (土)

古代中南米風の装飾が魅力的なレトロ建築「芝川ビル」(NO3542)

地下鉄御堂筋線淀屋橋駅から徒歩1分に国登録有形文化財「芝川ビル」があります。 1927年(昭和2年)に竣工した古代中南米風の装飾が魅力的なレトロ建築です。 ▼渋谷五郎と本間乙彦との共同設計、意匠設計:本間乙彦、工事請負者:竹中工務店 ▼80年前の7月2日に、”マッサン”竹鶴正孝氏によるニッカウヰスキーの 前身の大日本果汁の設立総会会場がこの渋川ビルで開催され、大阪出張所が置かれた ところです。また芝川又四郎は設立時の出資者です。

20150516_5 ◆関連20150516_1 EB:芝川ビル 20150516_2

| | コメント (0)

2015年5月15日 (金)

本間乙彦の建築作品とスケッチ(No.3541)

なにわ歴博講座・第1期「知られざるおおさかの歴史と文化」を受講しました。
◆テーマ:「本間乙彦の建築作品とスケッチについて」
◆主催:大阪歴史博物館
◆講師:酒井 一光氏(当館学芸員)
◆本間乙彦(1892-1937)は関東大震災後、大阪に拠点を移し、芝川ビル(澁谷五郎との共同設計)、小川香料、松竹アドビルのほか、数々の住宅を設計しました。また、「郷土建築」の保存を呼びかけ、古民家や町並みのスケッチを数多く描きました。惜しくも46歳で亡くなった彼の生涯を振りかえりました。20150515_220150515_1

| | コメント (0)

2015年5月14日 (木)

第122回 ISO研究会(No3540)

◇◇◇ 第122回 ISO研究会  ◇◇◇
▼日時: 平成27年5月14日(木) 18:30〜20.45
▼場所:大阪府中小企業診断協会 第2会議室 (マイドームおおさか 7F)
▼内容:
 諸連絡・情報交換
 ISOの動向、セミナー、支援事例等について
 2015年ISO改訂版の研究
 DIS9001 8章運用     【桂】
 DIS14001 改訂のポイント 【浅野】

20150514122_2






| | コメント (0)

2015年5月13日 (水)

ISO新規格・新制度等の最新動向(No3539)

ビューローベリタス主催

BVサーティフィケーションお客様感謝DAY2015 に参加しました。

◆プログラム

 基調講演

「ものづくりの海外潮流(インダストリ-4.0)と日本のものづくりの行方~」
講師:神戸大学大学院 システム情報学研究所 システム科学専攻
    教授 貝原 俊也 

2015年版:ISO9001ISO14001規格改訂情報
BVサーティフィケーション総括

④認証取得企業によるマネジメントシステムの有効活用事例紹介

㈱山田養蜂場ISO22000取得

㈱菜友ISO27001
新規格・新制度等の最新動向
 食品関連・医療機器関連・カスタマイズ監査等について

| | コメント (0)

2015年5月12日 (火)

温暖化対策はもう手遅れか(No.3538)

3538「もう手遅れ?地球温暖化」
ニューズウイーク日本版5.19号の特集です。
◆50年後を生きる「酷暑の世代」に居住可能な地球を残すため今は可能性を信じて気候変動との闘いを続けるしかない。マーク・ハーツガード(環境ジャーナリスト)
◆世界5位の温室効果ガス排出国である日本ももっと努力すべきだ。安倍政権は先月、2030年までに13年比で26%削減という案を公表した。◆だが、地球環境戦略研究機関(IGES,神奈川県)によれば、再生可能エネルギーの推進や省エネなどで31%削減できる。
◆専門家によれば、平均気温の2度上昇でも「危険」と「極めて危険」の境界線あたりだ」。しかしこのまま手をこまねいて、今世紀後半までに4度上昇に突入するよりははるかにましだ(P.24より)。
◆12日の日本経済新聞の一面記事
■ドコモ、ポイント事業で「ポンタ」と連携
 5400万人にカード まずローソンで利用可能に
■安保法制、14日閣議決定 自民・公明が正式合意
 自民、公明両党は11日午後、新たな安全保障法制に関する与党協議会を開き、集団的自衛権の行使を可能にする武力攻撃事態法改正案など関連法案の条文について正式合意した。与党の了承手続きを受け政府は14日の臨時閣議で法案を決定し、15日に国会提出する。安保法制をめぐる焦点は国会での与野党の攻防に移る。
20150519

| | コメント (0)

2015年5月11日 (月)

環境・循環型社会研究分科会(環境経営学)合同研究会の開催案内(No3537)

工業経営研究学会
環境・循環型社会研究分科会(環境経営学)合同研究会の開催のご案内

◆日時 6月4日(木)14:00~18:00
◆会場 高田馬場駅前〈マイスペース 2号室〉
◆報告 九里徳泰「日本企業の収益性と環境配慮の関係に関する試論」
      鶴田佳史「環境政策と企業の環境対応」
         鈴木幸毅「アベノミクスの成長戦略と環境政策」
◆関連WEB:環境・循環型社会研究分科会 合同研究会(NO3427)2015.01.25

| | コメント (0)

2015年5月10日 (日)

環境経営学会 2015年度研究報告大会(No3536)

環境経営学会 2015年度研究報告大会は2015年5月23・24日に法政大学にて開催されます。
◆関連WEB:「2015 年度 環境経営学会研究報告大会/第15回定期総会 次第

◆関連WEB:環境経営学会2014年度報告大会(第14回)。
◆関連WEB:環境経営学会2013年度報告大会(第13回)。

| | コメント (0)

2015年5月 9日 (土)

:「福澤諭吉と武藤山治‐日本を発展させた偉人たち」 (NO.3535)

◆◆第1002回武藤記念講座◆◆
▼場所:大阪「武藤記念ホール」
▼日時:5月9日(土)午後1時30分~3時30分
▼講師:公益社団法人國民會館 理事 松田尚士氏 
▼演題:「福澤諭吉と武藤山治‐日本を発展させた偉人たち」
▼要旨:
本日の講演は武藤山治の松田伝でした。日本を発展させた偉人たち「福澤諭吉と武藤山治」‐2人の独立自尊の生涯の物語り。福澤と直弟子の武藤は、共に青年時代に太平洋を渡り欧米の科学、文化を吸収した。武藤は福澤の教えを守り、学んだ実学を実行して鐘紡を日本一の会社に育て上げ、次に実業同志会を作り政界へ進出した。武藤は、官に頼らず、民間の力で国民が自立するようにすゝめ、晩年には、福澤の設立した時事新報を引き継ぎ日本の発展に励んだ。20150509_1


20150509_3


20150509_4

| | コメント (0)

2015年5月 8日 (金)

「大阪の川魚をめぐる食と流通―ウナギ・フナ・コイ―」(No3534)

第1期なにわ歴博講座では、学芸員のさまざまな研究に基づき、
知られざるおおさかの歴史や文化の一面の紹介です。
5月8日(金)は
「大阪の川魚をめぐる食と流通―ウナギ・フナ・コイ―」を聴講しました。
■講師:伊藤 廣之(当館学芸員)
■内容
1)近世大坂の二つの川魚市場
2)近世大坂の川魚と食文化ー鰻の蒲焼き・鯉の味噌汁・鮒の刺身・泥鱒汁・泥鱒鍋ー
3)幕末頃の鰻の流通圏と広域化ー大坂・京都・江戸ー
4)近代大阪の川魚の流通と共通

◆大阪では江戸時代から川岸や橋のたもとなどに、川魚を専門とする料理屋や船生洲の店が点在するなど、庶民のあいだに川魚を食する文化が根づいていました。18世紀半ば以降、蒲焼きの普及により需要が高まったウナギのほか、フナやコイなども取り上げながら、大阪の川魚をめぐる食と流通を中心についてお話をうかがいました。昭和30年頃から川魚の需要が下がってきた。
■関連WEB:歴史教室
■関連WEB:河川漁撈研究の課題― 研究史と研究課題― 伊藤 廣之・大阪歴史博物館(Adobe PDF)
■関連WEB:近世大坂の漁業と川魚流通ー西成郡漁師方五か村組合を中心にー八木 滋 20150508_2


20150508_1

| | コメント (0)

2015年5月 7日 (木)

能の描く女たち(No.3533)

5月末、能を観賞します。楽しみです。
▼5月30日(土)14:00~
▼大槻能楽堂自主公演能 能の魅力を探るシリーズ―能の描く女たち―
•お話『碁を打つ空蝉と軒端萩を垣間見た光源氏』中西進
•復曲能「碁」大槻文藏
■曲目解説:碁 ― ご ―(観世・金剛)20150530_2

| | コメント (0)

2015年5月 6日 (水)

しあわせは(No3532)

近くの欣淨寺さんのことばです。

「しあわせは

平凡な顔を

している」

20150502

| | コメント (0)

2015年5月 5日 (火)

コミュニケーションの必殺技(No.3531)

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから「プラスαの魅力」をいただきました。
いつもありがとうございます。 言葉の花束「3295.1.doc」をダウンロード..してご覧ください.
☆コミュニケーションの必殺技「ミラーリング」の法則
――――堀尾正明・フリーキャスター「話す!聞く!おしゃべりの底力」(講談社)20150505


| | コメント (0)

2015年5月 4日 (月)

ラテン文化のフェスティバル(No3530)

アメリカ大陸の国々が一堂に会するラテン文化のフェスティバル
「シンコ・デ・マヨ・フェスティバル」
5月4日~6日 11:00~20:00 @太陽の広場
メキシコ・ブラジル・チリ・キューバからUSAまで!
アメリカ大陸の国々が一堂に会し、音楽とダンスとグルメが楽しめる!
シンコ・デ・マヨ・フェスティバル」でした。

20150504_2


20150504_3


20150504_1

| | コメント (0)

2015年5月 3日 (日)

大阪城鉄砲隊の演武(NO3529)

20150503_1連休の大阪城公園のイベントは盛り沢山です!
▼2015年5月3日(日)~5月5日(火)歴史の舞台に、いざ、タイムスリップ!
大阪城ファミリーフェスティバル2015
3日
▼大阪城鉄砲隊の演武
11.00~
13.30~
示現流兵法の演武
12.30--
20150503_415.00~

▼アメリカ大陸の国々が一堂に会するラテン文化のフェスティバル
「シンコ・デ・マヨ・フェスティバル」
5月4日~6日 11:00~20:00 @太陽の広場
メキシコ・ブラジル・チリ・キューバからUSAまで!
アメリカ大陸の国々が一堂に会し、音楽とダンスとグルメが楽しめる!
シンコ・デ・マヨ・フェスティバル

| | コメント (0)

2015年5月 2日 (土)

大坂-考古学が語る近世都市-(NO3528)

大坂の陣400年 大阪歴史博物館 特別展
  「大坂-考古学が語る近世都市-」を見学しました。
大坂夏の陣から400年目。5月7日は大坂城落城。
「天下の台所」として復興を遂げた近世都市・大坂のようすを出土品の展示から大坂の歴史と文化・生活・産業のありさまが興味深く見ることができました。20150502
■連休の大阪城公園のイベント
▼2015年5月3日(日)~5月5日(火)歴史の舞台に、いざ、タイムスリップ!
大阪城ファミリーフェスティバル2015

3日
▼大阪城鉄砲隊の演武
11.00~
13.30~
示現流兵法の演武
12.30--
15.00~

▼アメリカ大陸の国々が一堂に会するラテン文化のフェスティバル
シンコ・デ・マヨ・フェスティバル
5月4日~6日 11:00~20:00 @太陽の広場
メキシコ・ブラジル・チリ・キューバからUSAまで!
アメリカ大陸の国々が一堂に会し、音楽とダンスとグルメが楽しめる!
「シンコ・デ・マヨ・フェスティバル」

| | コメント (0)

2015年5月 1日 (金)

豊臣大坂城(NO3526)

なにわ歴博講座:
第1期「知られざるおおさかの歴史と文化」
■会 場: 大阪歴史博物館 4階 講堂
■テーマ:“石山”は本願寺にあらずして、豊臣大坂城。
■講 師:大澤 研一さん(大阪歴史博物館・学芸員)
■“石山本願寺”の由来やその使われ始めた時期、この“石山”が豊臣大坂城の別称だったこと、それが大坂城の地を指す呼び名としても後世使用されたことをご説明された。

20150501_2


20150501_3


20150501_1

| | コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »