« 来年のサミットは伊勢志摩開催なるか?(NO3551) | トップページ | 「ものづくりをことづくりにして付加価値の高い事業に」NO3553) »

2015年5月26日 (火)

日本人も気づいていないニッポンの魅力(NO3552)

))「JAPAN RUSHING 世界の企業は日本を目指す」日経ビジネス2015年5月25日号の特集です。
経済は成熟し、少子高齢化で人口は減り、国家財政も大赤字--。
そんな「明日なき国」日本になぜか今、世界中の企業が殺到している。
横浜市にアジア最大の開発拠点を作る米アップルは、ほんの一例。
製造業から外食、サービス産業に至るまで、
世界中の様々な企業が日本で事業を強化し始めた。
中国などアジアの台頭による「Japan Passing(日本を素通り)」から
「JAPAN RUSHING(日本へ殺到)」へ。
その背景には、日本人も気づいていないニッポンの魅力がある。(P.26より)
▼「社会的課題」が山ほどある
▼製品開発に最適な「インフラ」がある
▼「ニッチ市場」でも十分なパイがある
▼実はまだまだ「人材」の宝庫
20150526

|

« 来年のサミットは伊勢志摩開催なるか?(NO3551) | トップページ | 「ものづくりをことづくりにして付加価値の高い事業に」NO3553) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。