« 「中国製造2025」(No.3573) | トップページ | 説得は『言い換え』が9割(No.3575) »

2015年6月17日 (水)

現場力を鍛える~「非凡な現場」をつくるために~(No.3574)

大商夕学 現場力を鍛える
~「非凡な現場」をつくるために~
▼講師:遠藤 功氏 
     早稲田大学ビジネススクール教授
     株式会社ローランド・bルガー会長
▼卓越したビジョンや戦略も、それを実行する現場が弱ければ価値を生み出せない。▼現場が自らの意志で進化しようとする「現場力」。▼競争優位をもたらす「非凡な現場」作りの重要性と日々知恵を絞り合い改善に取り組み現場の最新事例を紹介された。
▼関連WEB:世界のクラゲ水族館、加茂水族館の魅力:
▼デンソーの脅威の現場力、
年間50万件を超える改善、
「N分の1」(1/N)への挑戦(最低でも50%削減)
▼良品計画のボトムアップの力
・店舗:業務改善提案: 約5000件/年
         顧客視点シート:約1万件/年
・本部:WH運動   年間約50テーマ
▼日本の鉄道を支える現場力:TESSEI
▼「微差力」という考え方
「微差」を積み重ねることが「微差力」
▼トヨタ自動車の「微差力」
・年間改善件数61万件・50年継続
▼デンソーの「微差力」
・年間改善件数50万件・40年以上継続
▼「実行」とは「DO](やる)ではない
▼真の実行とは「Penetrate」(やり切る、やり抜く、やり通す)

|

« 「中国製造2025」(No.3573) | トップページ | 説得は『言い換え』が9割(No.3575) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。