« アカルスタジオのオープン記念ライブ (No.3610) | トップページ | 労働法やマイナンバーの法改正対応は大丈夫ですか? (No.3612) »

2015年7月21日 (火)

物価調整ベースGDPで中国は18兆ドル、17.4兆ドルだった米国を抜き首位に (No.3611)

「BRICS、G7に肉薄、 昨年GDP、7.5%増 物価調整ベース、中印けん引」日経21日より。
▼ 世界銀行によると、物価の格差を調整した購買力平価ベースの2014年の国内総生産(GDP)は、33.1兆ドルと前年比7.5%増。主要7カ国(G7)は34.5兆ドルで15年に肩を並べる可能性も出てきた。▼新興国の勢いは足元では鈍っているが、全体では拡大基調が続いている。▼中国は18兆ドルと前年から8.9%増え、17.4兆ドルだった米国を抜き首位に立った。
▼7月21日の経済誌は中国株ショックを特集しています。
▼週刊東洋経済7.25は「ギリシャよりずっと怖い経済大国の混乱、中国㈱ショック、暴落があぶりだした『非常事態』」
▼週刊ダイヤモンド7.25は「中国・ギリシャ、本当の危機が始まった」
▼週刊エコノミスト7.28号は「中国・ギリシャ、終わらぬ危機、デフレ突入の衝撃、金融緩和が効かない恐怖、一段と景気減速する理由」
■関連WEB:世界の経済・統計 情報サイト購買力平価GDP(USドル)の推移 20150721


20150721_2

|

« アカルスタジオのオープン記念ライブ (No.3610) | トップページ | 労働法やマイナンバーの法改正対応は大丈夫ですか? (No.3612) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。