« 大阪締め(No.3619) | トップページ | 「ほんまもんの顧客サービスとは?」 (No.3621) »

2015年7月28日 (火)

2015年版改正を仕事に生かす(No.3620)

◆◇ 第5回テクノファ フォーラム・大阪 ◆◇
日 時 : 2015年7月28日(火)13:30~17:00
会 場 :大阪科学技術センター
内 容 :
講演1:次期ISO9001改正動向(FDISの特徴)  
      (株)テクノファ 研修事業部長  須田 晋介
       ●プロセスアプローチの適用向上、
     それを支援するPDCAサイクルとリスクに基づく考え方
     組織の意図した結果、パフォーマンス、顧客満足の向上の
     強調
講演2:JIS Q 9005:2014
          (質マネジメントシステム
          ―持続可能な成長の指針)の概要
     平林 良人(ひらばやし よしと)氏    
       株式会社テクノファ 取締役会長
      PC283- 労働安全衛生 国際エキスパート
      ISO9001改正WG国内メンバー、
      元ISO/TMB/TAG対応国内委員
   ●JIS Q 9005は日本発の質マネジメントシステム規格です。
   「顧客への価値提供,事業環境の変化への対応,及びもつべ
   き能力の実装に焦点を当て,品質マネジメントシステムを設計
   し,構築し,運用するための手順を示し,品質マネジメントシス
   テムの各プロセス及びその運用についての具体的な指針を
   提示」されています。
講演3:2015年版改正を仕事に生かす
    土居 栄三(どい えいそう)氏
    大阪いずみ市民生活協同組合 CSR推進室
    マネジメントシステムサポーター
   ●2015改正の中心テーマの一つである、
  事業経営プロセスと個別マネジメントシステムの統合
    ・方針をどのように「統合」しているか
    ・目標設定はどうやっているか
    ・文書管理などの二重管理をどのように克服しているか
    ・内部監査をどのように活用しているか
     ①年3回の相互監査
     ②内部監査の徹底的活用
     ③トップ以外の役員・部長・責任者を内部監査員に
     ④マネジメント課題全体を診る総合監査
     ⑤全サイトに年間3回の監査
      3月:Plan、7月:Do、Check
      11月:Act及びテーマ別
     ⑥外部からゲスト監査員の招聘
    ●改正の特徴の一つである「6.1リスクと機会」への
   取り組み事例として、
   リスク系のマネジメントシステムをどのように活用しているか
■関連WEB:マネジメントシステムの有効活用事例集
      (経済産業省2015年3月)
ダウンロードできます。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

|

« 大阪締め(No.3619) | トップページ | 「ほんまもんの顧客サービスとは?」 (No.3621) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。