« 物価調整ベースGDPで中国は18兆ドル、17.4兆ドルだった米国を抜き首位に (No.3611) | トップページ | 「中小工場・小売り連携のネットワーク・システム」に学ぶ(No.3613) »

2015年7月22日 (水)

労働法やマイナンバーの法改正対応は大丈夫ですか? (No.3612)

20150722


労働関係各種法改正で中小企業の労務管理もここが変わる
~労働法やマイナンバーなどの今年度法改正に対応する実務ノウハウセミナー~

1.労基法等改正の可能性とその対応実務
(1)労務管理の現場からみた課題
(2)労務管理の現場への法改正の可能性
(3)労務管理で対応しなければどうなる??
(4)対応実務の実際
2.ストレスチェックの対応と個人情報管理
(1)労務管理の現場からみた課題
(2)より具体的な課題とは?
3.マイナンバーと個人情報の関係
(1)労務管理の現場からみた課題
(2)より具体的な課題
(3)さらなる可能性がある問題点
(4)現在の確認事項1月までに
4.改定に必要な規定の内容
(1)実務的ルールで重要なこと
(2)安全措置とは?
参考:特定個人情報取扱規程(案)
参考:特定個人情報の取扱状況・運用状況のチェックリスト
参考:マイナンバーチェックリスト(以下の内容を確認下さい)
参考:ストレスチェックの実際
▼長時間労働の監督指導に専従で当たる厚生労働省の「過重労働撲滅特別対策班」が4月東京労働局と大阪労働局に発足。▼マイナンバーのポイント:10月1日までに個人番号を取り扱う従業員に対する研修、周知(使用目的、Q&A等を給与通知に入れる)。▼方針、規定を作成。厳格な管理は台帳に周知日などを記入し管理する。
■関連WEB:マイナちゃんのマイナンバー解説
■関連WEB:社会保障・税番号制度<マイナンバー>
■関連WEB:マイナンバー制度施行!企業が行うべき準備と対応(1/5)
 

|

« 物価調整ベースGDPで中国は18兆ドル、17.4兆ドルだった米国を抜き首位に (No.3611) | トップページ | 「中小工場・小売り連携のネットワーク・システム」に学ぶ(No.3613) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。