« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月30日 (水)

民生委員創設ヒストリー(No3683)

大阪歴史博物館 
館長と学ぼう新しい大阪の歴史第5回
演 題:「民生委員創設ヒストリー」
講 師:飯田 直樹氏
■現在,地域福祉の担い手として活動している民生委員(旧方面委員)は大正7年(1998年)大阪で初めて創設されました。「方面委員一件書類」という資料を見ると、創設当初は地域によって活動の落差があり、活発でない地域では、意外な存在が活動をカバーしたことがわかってきました。このような創設期方面委員の知られざる実態を紹介します(案内文より)。
■大阪府方面委員制度----米騒動前の警察社会事業の限界を克服する新しい事業として創設
■創設期---活動停止の方面が見られ、部落方面では方面委員でもある部落事務員の活動が突出
■克服されるべき警察社会事業が形を変えて「再生」された

Fullsizerender

| | コメント (0)

2015年9月29日 (火)

インターネットで共感を得て資金を集める!(No3682)

インターネットで共感を得て資金を集める!
クラウド・ファンディング 活用セミナー+交流会
~ 起業家・モノづくりを支える新しい資金調達方法 ~
日 時:平成27年9月29日(火)14:00~17:30
内 容:
インターネットを通じて多くの人々に少額ずつの資金提供を呼びかける、いま世界で注目を集めている資金調達方法が、クラウド・ファンディングです。日本でもここ数年、毎年2~3倍のペースで活用が増え、多くの起業家やモノづくり企業等が資金集めに成功しています。また、顧客と直接の関係を築けるクラウド・ファンディングの特長に気づいた多くの企業が、資金調達目的だけではなく、自社の技術力や商品をプロモーションする顧客獲得目的での活用を行っています。クラウド・ファンディングの仕組み、メリット、事例、最新の動向、成功の秘訣など。
▼はじめに 大阪府担当者からの事業説明
▼第一部 クラウド・ファンディング活用セミナー(講師:道端俊彦氏)
▼第二部 投資型クラウド・ファンディングと身近な成功事例
1.投資型クラウド・ファンディング「セキュリテ」の仕組み(講師:杉山章子氏)
2.「松井泉 堺名物あなごファンド」について (講師:松井利行氏)

■関連WEB:Makuake
■関連WEB:あなたのアイデアを魅力的にし、すぐに実現しやすくさせる3つのtips
■関連WEB: ファンドを利用して資金調達をご検討されている事業者様
      よくある質問

■経営理念、ビジョン、経営戦略、経営計画、戦略の実行。いかに具体的に、説得力ある、実態を反映した事業計画であるか。あとはこの計画に沿って実行するか。
■あなたのアイデアを魅力的にし、すぐに実現しやすくさせる3つのtips
1)アイデアを5w1hで具体的に表す
2)人が応援したくなるような理由を明確にする
3)誰が応援してくれるのかのイメージを具体的にわかせる
クラウドファンディングのプロジェクトを成功させるためには、SNSやメディアサイトを活用した「拡散力」が必要となります。
やはりクラウド・ファンディングによる資金調達においても、いかに具体的に、説得力ある、実態を反映した事業計画であるか。あとはこの計画に沿って実行できる力をもっているかの説得力・情熱・実行力が問われています。事業計画作成やファンづくりに効果あるWEB画面づくりが決め手ですね。

20150929img_0181


20150929


| | コメント (0)

2015年9月28日 (月)

インド人の才能と意欲、インド人を経営幹部・トップに(No3681)

20150929グーグルやマイクロソフト、そしてソフトバンクで、インド人リーダーが相次いで誕生しました。
日経ビジネス 2015年9月28日号の特集は「インド人CEO 世界を制す」です(P.26)。
▼インド工科大学(IIT)は国立の理科系大学で、米マサチューセッツ工科大学(MIT)とも比較されるほど難関大学です。▼高度な理数系教育や厳しい環境が生む卓越したマネジメント能力と、世界中に広がるネットワーク。▼こうしたインドパワーがベンチャー企業や製造業の世界にも及んでいる事実だ。▼圧倒的で、これからも増大するこの力にのみ込まれるか、成長の糧とするか。▼日本企業も意識を変え、インドが輩出する人材のパワーを生かすべき時代が到来している。
■<現地編> 「1兆円」 担うアローラ人脈
       インドの頭脳が世界を覆す(P.28)
■モディ首相が狙う 「インドの時代」(P.36) 
■<実践編>日本企業も変われるか 
      変革をインド人に託す(P.38)
■<ニッポンの課題> 「知られていない」
           現実 人的交流が道開く
■相互補完関係を築けるインドと日本。だが現実はお互いを知らず、イメージも良くない。解決には人材交流しかない。官民挙げてそのパイプを太くすべき時期が訪れている(P.47)

| | コメント (0)

2015年9月27日 (日)

製造業を激変させる3つの切り札(No3680)

日本小集団協会の9月例会は各自15分の持ち時間の中で最新情報を報告しました。
▼本日も貴重な情報を皆さんから多数いただきました。
▼マレーシアハラル制度の基礎と応用
▼ニュースリムの消費者の特性
▼「欧州におけるドイツ」は、「アジアにおける中国」か?
▼「ドイツ帝国」が世界を破滅させる
▼ドイツの会社形態と資本、ドイツ企業の経営統治制度
▼21世紀の「脱亜論」
▼知られざる工業国、バングラデシュ、「造船・船体解体、医薬品」
▼製造の中心地はどこに移るか?
▼ひと「倉石真理さん」:クラウドファンディングを社会貢献活動に活用する
▼クラウドファンディングの市場動向と活用事例
▼製造業を激変させる3つの切り札
▼ソフトで引き出すハードの潜在力
▼「極小工場」へ3Dプリンター活用
▼スタートアップ流で開発を迅速化
▼藤吉雅春著「福井モデル」文芸春秋
▼鯖江市のオープンデータはどう進展してきたか
▼鯖江市コミュニティバス「つつじバス」
▼資金調達で勝つ! 金融機関との付き合い方
▼融資に強い!儲かる経営経営計画書の作り方
▼黒字化実現のための資金繰りキャッシュフロー経営のコツちらし
■次回は12月20日(日)エルおおさか706号室

■27日は中秋の名月でした。20150927

| | コメント (0)

2015年9月26日 (土)

液状化する中東イスラム世界」(No3679)

武藤記念ホールでの第1007武藤記念講座は日本女子大学教授・臼杵 陽氏の「液状化する中東イスラム世界を読み解く」でした。
臼杵 陽先生は2011年7月の第949回では「激動のアラブ諸国の政変を読み解く」をお話されました。
■今回の講演の概要
・2010~13年「アラブの春」(アラブ革命)
・「アラブの春」EU首脳会議、評価見直し
・「アラブの冬」? --米国の視座
・アラブ革命とは何だったのか?
・2014年:」「アラブの春」の混乱からISの伸長へ
・中東における域内対立と5大地域大国(イラン、トルコ、
サウジアラビア、エジプト、イスラエル)の台頭
・「イスラム国(IS)」という名称とその新しさ
・「イスラム国」設立までの略史
・ジハード主義とタクフィール主義(アル・カーイダとISのテロ
戦略の相違)
・米覇権後退後の中東の将来を担う5大地域大国
■私は「ジャスミン革命」が起こったチュニジアには2005年に、エジプトには、2007年に訪れた。
■図書館ビジネス講座元気塾は
「資金調達と新しいきずなを生みだすクラウド・ファンディング成功の法則」でした。20150926_4_2


20150926_3

| | コメント (0)

2015年9月25日 (金)

「両替商銭屋佐兵衛の分家・別家」(No3678)

なにわ歴博講座第二期
日 時:9月25日(金)18.30~19.45
場 所:大阪歴史博物館
講 師:八木 滋氏
テーマ:「両替商銭屋佐兵衛の分家・別家」

大坂島之内両替商銭屋佐兵衛の分家・別家の人物誌から
大店を支える人々の姿を具体的にご説明していただきました。
■分家と別家の違い
・分家:家族が独立して別の家を構えたもの
・別家:店方の奉公人で「暖簾分け」を許されたもの
■時期(経営状況、人材など)に応じて、分家:家族の形態は変わっている。
・別家も「相続」させている。一方で、存続させない別家も。
■幕末は、四代佐兵衛や丈助らを中心に結束→維新の動乱は乗り切る
■関連WEB:朝ドラヒロインの足跡たどる特別展…25日から大同生命保険本社で「加島屋と広岡浅子」
20150925

| | コメント (0)

2015年9月24日 (木)

技術向上研究会(No3677)

第150回 技術向上研究会では、研究論文構成の方向性について話し合いました。 論文の執筆の財産は2年間にわたって、研究会で発表された内容が中心である。20150924_2


20150924_3

| | コメント (0)

2015年9月23日 (水)

「持たない」生活でも豊か、ミニマリスト(No3676)

「モノを持たないくらし」が注目を浴びている!
家具や本などをほとんど持たず身軽に生きる人たちは
「ミニマリスト」と呼ばれる。
「持たない」ことで見えた「豊かさ」とは―
シンプル生活のすすめ!
持ちすぎないで、モノもゴミも減らす。
執着を捨てる。
思い込みを捨てる。
持ち物を減らす。
シンプルに生きるとは、心や体の荷物を捨てることであります。
■関連WEB:驚き!“モノを持たない”暮らし(NHK2015.07.07)
■関連WEB:「持たない」生活でも豊か

| | コメント (0)

2015年9月22日 (火)

「千貫櫓・多聞櫓・乾櫓・焔硝蔵」特別公開(No3675)

9月19日~23日、26日~27日、大阪城公園内の重要文化財「千貫櫓・多聞櫓・乾櫓・焔硝蔵」が特別公開されています。■国内最大級の多聞櫓、大阪城内最古の千貫櫓・乾櫓、比類のない石造りの火薬庫 焔硝蔵です。
■「多聞」とは、石垣の上に作られた長屋のことで、城壁としての機能と、兵士が詰めたり武器を納めたりすることのできる蔵・櫓としての機能の両方を兼ね備えていました。■大手口を守る多聞櫓は高さ14.7m、渡櫓内部は4室、中央は70畳、続櫓は東に9畳・9畳・12畳・9畳・15畳・12畳と6室の部屋があり、外観から想像される以上に内部が広く、兵士が多数駐屯できるようになっています。
■「乾櫓」は西の丸の西北(=乾)に建つ櫓です。
■「焔硝蔵」は江戸幕府の火薬貯蔵庫。「焔硝」とは硝石を精製してつくった硝酸カリウムのことで、これに硫黄と木灰とを混ぜ合わせると黒色火薬ができあがります。
■城東区の東中浜商店街、緑橋商店街を散策しました。
■関連動画:緑橋商店街(2012年5月)
■関連WEB:城東区(17)商店街・小売市場・大型店中型名称等
■関連WEB:重要文化財 櫓特別公開20150922_7


20150922_8


20150922_9


20150922_6

| | コメント (0)

2015年9月21日 (月)

「日本の棚田百選」明日香村の稲渕地区案山子祭(No3674)

「日本の棚田百選」などにも選ばれている、明日香村の稲渕地区。19日、20日(昨日)まで案山子祭でした。まだ作品はそのままで、今日21日も見ることができました。 棚田の畦の部分に植えられた「彼岸花」が咲き誇り、稲の緑と美しいコントラストを魅せてくれます。S20150921_7


S20150921_16


S20150921_49


S20150921_54


S20150921_26

| | コメント (0)

2015年9月20日 (日)

岸和田だんじり祭(No3673)

20日(日)午前、岸和田市の「岸和田だんじり祭」を駅前商店街、カーネーションのオハラ洋装店の前で見学。だんじり3台が勇ましく猛スピードで疾走する迫力ある様子に感激しました。
▼帰途の電車で、韓国の19歳の男性が天満橋へ行く道順を尋ねてきた。天満橋までご一緒した。▼来年徴兵のため、今回日本の旅を楽しむため来日したとか。日本語も少し話され、好青年でした。ホテルに荷物を置いたら、まず楽しみにしていた日本のラーメンを食べたいとのこと。20150920danjiri_5


20150920danjiri_6


20150920danjiri_7

| | コメント (0)

2015年9月19日 (土)

北大江たそがれコンサート2015(No3672)

10周年を迎える「北大江たそがれコンサート2015」は10月14日(月)~17日(土)開催。
楽器の街として知られる北大江地域は、大阪城や中之島など緑と水に囲まれた天満橋駅(京阪・地下鉄)周辺のエリアです。秋の音楽会「北大江たそがれコンサート2015」が楽しみです。
音楽会のちらし・プログラムは下記からダウンロードできます。
■関連WEB:「北大江たそがれコンサート2015

 

| | コメント (0)

2015年9月18日 (金)

企業における個人番号カードの利活用について(No3671)

NECセミナーとショールーム見学に参加しました。

日 時:2015年9月18日(金) 14:30~16:30
内 容:セミナー(60分)+ショールームフリー見学(45分)
(1)「マイナンバー活用セミナー
    ~どんなことができるの?個人番号カードのビジネス利活用」
  
テーマ:『企業における個人番号カードの利活用について』
講 師:日本電気株式会社 番号事業推進本部
▼今後可能性が広がる個人番号カードのビジネス活用を中心にお話しをうかがいました。

(2)「ショールーム見学会2015秋
    ~マーケティング変革やセキュリティを支えるICT」
 
生体認証、SDN,サイバー攻撃自動防御ソリューションなどマーケティング変革、セキュリティの2つのICTをご案内していただきました。

■なにわ歴博講座は講師の松尾信裕氏の「大坂の町屋構造の変遷」
江戸時代に日本で1番の商業の都市として繁栄した大坂の町人地は、豊臣秀吉によって建設された城下町が基礎になっていました。船場では、今でもその形が踏襲されています。発掘調査からわかった町人地の形成とそれぞれの屋敷地の利用の変化を紹介し、豊臣時代から江戸時代さらには今の大阪に至る変遷をお話しします(案内文より)

| | コメント (0)

2015年9月17日 (木)

大坂商人に学ぶ(No3670)

桑蓬会の9月例会は「大坂商人に学ぶ」でした。

日時:9月17日(木)18.30--20.30
会場:エルおおさか608号室
講師:岸保夫氏、中小企業診断士
演題:「大坂商人に学ぶ」
▼第一部 歴史編
▼第二部 組織・人事編
▼第三部 経営理念編
■大坂商人、近江商人、伊勢商人の特徴ほか、活発な意見交換をしました。
■懇親会はいつもの多気で例会の続きと交流を深めました。、
■11月の<近世の豪商>では、江戸から明治にかけての激動の時代に新しいビジネスを生み出した豪商の商才と生き方について、斯界のご専門の先生方からお話をお聞きします。
■大阪企業家ミュージアム (大阪産業創造館地下1階)
時間はすべて15.00~16.30
⑥11月 7日(土) 「天下の台所」を支えた両替商・鴻池善右衛門家
⑦11月14日(土)革新と細心~三井高利と後継者たち
⑧11月21日(土)金融の都・大阪をリードした豪商~廣岡家の近世・近代
⑨11月28日(土)住友400年の企業生命力~初代政友から歴代総理事まで
⑩12月 5日(土)「船場の今太閤」と呼ばれた伊藤忠・丸紅の創業者~伊藤忠兵衛

20150917_soho_3


20150917_10


20150917_soho_4


20150917_soho_5

| | コメント (0)

2015年9月16日 (水)

前期難波宮にみられる建築的ネットワーク(No3669)

館長講座「館長と学ぼう 新しい大阪の歴史」第4回 
日 時:9月16日(水)14.00--15.30
講 師:李 陽浩 氏(大阪歴史博物館学芸員)
演 題:「前期難波宮にみられる建築的ネットワーク」
内 容:
大化改新をきっかけに設けられた前期難波宮には、それまでにない、高い建物の八角殿、内裏南門、回廊(複廊)など特徴的な建物が多く見られます。▼宮殿の性格を考える上で重要な建物の特徴を、当時の日本や東アジアの建築的ネットワークから朝鮮半島の高句麗を経由した技術導入がなされた考えられる。
▼聖武天皇は、当時首都は平城京でしたが、前期難波宮は朱鳥元年(686年)の火災により焼け落ちたままになっていたので、後期難波宮の造営を計画します。▼造営は神亀3年(726年)から始められました。▼前期難波宮が日本古来の建築様式で建てられていたのに対して、後期難波宮はその中心部をより立派にみせるために、大陸式の建築様式で飾っていました。▼延暦3年(784年)、桓武天皇により平城京から長岡京への遷都がおこなわれますが、
この時、 後期難波宮の大極殿や朝堂院の建物は解体・移築された。20150916_9


20150916_10

| | コメント (0)

2015年9月15日 (火)

「大商夕学講座」の2015年度後期講座(No3668)

「大商夕学講座」の2015年度後期講座を10月から開講されます。

第1回 10月2日(金)「ラストマンの生き方」
 川村 隆 氏 株式会社日立製作所 相談役


    赤字に陥った巨大企業トップに就任したのは69歳のグループ会社社長。 経済界で経営陣の若返りが進む中、逆に注目されるが、覚悟を決めて決断と実行を重ね過去最高益を達成。企業使命は利益を創造し社会へ還元すること と断言する川村氏が改革の軌跡と日立への思いを語る。


第2回 10月21日(水)「経済学的思考法」
 大竹 文雄 氏 大阪大学社会経済研究所 教授

 低所得者対策に有効ではない税制に7割の人が賛成するのはなぜか。 合理的のようでいて、実は直観的で間違った意思決定を行ってしまうのが人間。 思考の癖を理解し、経済的合理性を意識することで仕事も家庭生活もが変化する。 大竹教授が直観に頼らない思考法を伝授する。


第3回 11月10日(火)「習近平の中国」
 宮本 雄二 氏 宮本アジア研究所 代表、元駐中国特命全権大使

 反腐敗闘争、領海問題、バブル崩壊リスクなど課題山積の習近平政権。 内情や日中外交の舞台裏に詳しい宮本元大使が独自の視点から解説する。また、日中双方が中途半端なイメージに囚われずに客観的かつバランスの とれた視点で相手を見ることが平和共存に繋がると説く。


第4回 11月11日(水)「アシックスのグローバル戦略」」
 尾山 基 氏 株式会社アシックス 代表取締役社長CEO

世界3位の競合先を射程内に捉えたアシックス。欧米でのランニング人気、ヨーロッパでのレトロ回帰を追い風にブランドを確立し売上を伸ばし、 東京五輪ゴールドパートナーとして更なる飛躍をめざす。尾山社長が示す事 業変革事例と成長戦略に海外ビジネスのヒントを得たい。


第5回 2016年1月26日(火)「高収益事業の創り方」
 三品 和広 氏  神戸大学大学院経営学研究科 教授

 経営と執行を分離し、経営者人材の計画的な育成をしなければ、 長期的な高収益化は実現できない。数年にわたり成功と失敗、合計250超という膨大なケースの分析を行い、多様な戦略パターンとバリエーションを導き出してきた三品教授が会場に新たな視点と気づきを与える。

| | コメント (0)

2015年9月14日 (月)

大きく変わる南アジアの動き(No3667)

「南アジアの動向と投資環境」~大きく変わる南アジアの動き~
(9/14)に参加しました。
▼南アジア(インド、バングラデシュ、スリランカ)地域を担当するJICA所長が、社会・経済状況及び投資環境をご紹介していただきました。
▼日 時: 2015年9月14日(月)14:00~17:00
▼場 所: グランフロント大阪 北館タワーB10階 RoomB01+02
▼内 容:
14:05~14:25 南アジアの概況
            JICA 南アジア部次長 古田 成樹
14:25~15:10 対インドODA 事業とビジネスリスク低減への示唆
            JICA インド事務所長 坂本 威午
15:10~15:55 バングラデシュ概況
           :投資環境を含めた国際協力の取組み 
            JICA バングラデシュ事務所長 廿枝 幹雄
15:55~16:40 スリランカ(光り輝く島)の
           国際協力とビジネスチャンス
           JICA スリランカ事務所長 天田 聖
16:40~17:00 JICA の民間企業連携事業
▼ インドは2007年8月に、バングラデシュは今年8月、スリランカは来年2016年8月に視察の予定です。

| | コメント (0)

2015年9月13日 (日)

桑蓬会の9月から11月の発表予定(No3666)

桑蓬会の9月から11月の発表予定桑蓬会の9月から11月の発表予定は下記です
■9月例会
日時:9月17日(木)18.30--20.30
講師:岸保夫氏、中小企業診断士
演題:「大坂商人に学ぶ」

■10月例会
日時:10月15日(木)18.30--20.30
講師:後藤利一氏、税理士
演題:「 ピースボートの旅 」
~105日間で世界一周で有名な船に10日間乗ってきました~
  
■11月例会
日時:11月19日(木)18.30--20.30
講師:浅野宗克氏、中小企業診断士
演題:『日本一』の脱百貨店とあべのの魅力で大阪の成長を牽引する
   ・第5回内国勧業博覧会から112年を経た天王寺
    ・『日本一』の脱百貨店
   ・百貨店・専門店・スーパー・コンビニの現状 
   ・あべのの魅力 
   ・あべの集客策「縁活」、
   ・あべのへの集客づくりのしかけ

| | コメント (0)

2015年9月12日 (土)

サンゴ島の環境と暮らし(No3665)

京都大学公開講座春秋講座・平成27年度秋季講座
テーマ:『海を考える』
日 時:9月12日(土)13.00~14.30
場 所:京都大学百周年時計台記念館百周年記念ホール
演 題:「サンゴ島の環境と暮らし-海でつながる現代世界」
講 師:風間 計博氏
    京都大学大学院 人間・環境学研究科 教授
内 容:
 海は、長期にわたり人間の移動を妨げてきました。太平洋の島々は、人類が史上最後に到達した地といわれています。本講義では、ロマンティックな楽園を想起させる、小さなサンゴ島の生活を紹介します。資源の乏しいサンゴ島の環境は、想像以上に厳しい条件を人間に突きつけています。一方、主要な産業のない島嶼国から外国へ、出稼ぎに行く人びとが数多くいます。サンゴ島の住民と私たちとの意外な接点についても見てみます(案内文より)

| | コメント (0)

2015年9月11日 (金)

難波宮が『まぼろしの宮』になるまで(No3664)

大阪歴史博物館なにわ歴博講座第2期では、歴史・考古学分野における中世・近世史の最新の研究成果から、
都市・大坂のさまざまな側面にせまります!
■日 時:平成27年 9月11日(金)18:30~19:45
■場 所:大阪歴史博物館 4階講堂
■テーマ:「難波宮が『まぼろしの宮』になるまで」
■講 師:豆谷 浩之(当館学芸員)
■内 容:
難波宮は、今から約60年前にはじまった発掘調査によって「発見」されるまで、実態のわからない「まぼろしの宮」でした。それは、長い年月の間に、難波宮の痕跡や記憶が失われていったことを示しています。難波宮の廃絶以後、中・近世の史料や伝承を追いかけながら、その経過をたどってみたいと思います(案内文より)
■『日本書紀』や『続日本紀』に記された難波宮の所在地は、山根徳太郎を中心とする発掘調査により、現在の史跡指定地にあることが明らかにされました。
前期難波宮の遺構には火災痕跡があり、朱鳥元年(686)に焼失した天武天皇の難波宮にあたり、その創建は「大化改新」ののち、孝徳天皇により造営された難波長柄豊碕宮と考えられています。一方、後期難波宮は聖武天皇によって再建された難波宮です。
■大坂城は本願寺と寺内町の跡地に建設された。築城に伴って、多くの寺社が移転させられた。生玉社・高津社は上町大地北部から天正年間に現在地に移転。大阪城と城下町建設により、四天王寺より北の景観は大きく変化した。仁徳天皇の皇居はどこにあったのでしょうか。まだまだ不明なことが多い難波宮です。

| | コメント (0)

2015年9月10日 (木)

ISO改訂と中小企業診断士のあり方(No3663)

iPhone 5のバッテリが膨張している。
▼お盆過ぎ、バングラデシュへの夜間飛行機中、ふと、鞄の中のiPhoneを出そうとすると、画面の左側から光がいっぱい漏れていた。▼2012年10月購入で3年以内のため、バッテリ膨張の場合は無償で交換可能とのこと。明日11日に新品と交換の予定です。
▼アップルは新型「iPhone 6s」を25日発売と発表した。カメラは1200万画素と画質が高く、高精細の4K動画も撮れるそうです。
▼中小企業診断士の第126回ISO研究会は「ISO2015年改訂を中小企業経営に役立つためにどのように指導すべきか」について話し合った。
■平成20年12月26日作成の報告書の目次は下記です。
平成20年度 登録研究会活動成果報告書
「中小企業に対するISO9001活用策の研究 パートⅡ」
平成20年  12月25日
中小企業診断協会大阪支部登録研究会
I S O 研 究 会
【Ⅰ】はじめに
1.緒言                          
2.ISO9001に対する取組状況           
3.ISO9001の問題点               
【Ⅱ】ISO9001導入を成功させるために              
1.ISO9001導入のポイント           
2.審査機関の選び方        
【Ⅲ】中小企業診断士のあり方
1.コンサルタントとしてのあり方
2.審査員のあり方 

| | コメント (0)

2015年9月 9日 (水)

平成27年度版経済財政白書

「平成27年度版経済財政白書説明会」に参加しました。
▼日 時:平成27年9月9日(水)13.30--15.00
▼場 所:大阪商工会議所 6階 白鳳の間
▼演 題:平成27年度版経済財政白書説明会
▼講 師:内閣府
     政策統括官(経済財政分析担当)付参事官(総括担当)
     付参事官補佐 
     中道紘一郎氏
▼内容
          -四半世紀ぶりの成果と再生する日本経済-
      第1章、景気動向と好循環の進展
          第2章、成長力強化に向けた労働市場の課題
          第3章、イノベーション・システムと生産性の向上
■関連WEB:「平成27年度年次経済財政報告

■今日のニュース
「東証急伸、1343円高 上げ幅6番目、21年ぶり」
 9日の東京株式市場は、世界的な株安への警戒感が和らぎ、日経平均株価(225種)が大きく上昇した。
終値の上げ幅は前日比1343円に達し、過去6番目を記録した。上昇幅は、バブル崩壊後の景気対策への期待から急騰した1994年1月31日(1471円高)以来、約21年7カ月ぶりの大きさだった。
 株式市場は、中国経済失速への懸念と米利上げ時期をめぐる不透明感を背景に、同時株安の様相を呈していたが、今回の株価急伸で投資家心理が好転するとの見方もある。
 終値は1343円43銭高の1万8770円51銭。東証株価指数(TOPIX)は90・66ポイント高の1507・37。(共同)中日新聞9月9日より

| | コメント (0)

2015年9月 8日 (火)

インダストリー4.0は怖くない(No3662)

日経ものづくり9月号
「特集1 インダストリー4.0は怖くない」です。
主な内容の一部です。
▼インダストリー4.0は 怖くない
▼サプライヤー工場もスマート化 世界に先手を打つ日本企業
▼ITの進歩に負けじと 物を造る手法にも新潮流
▼ティーチング不要、人工知能にお任せ 制御システムで大幅な革新
▼ビッグデータだけが解じゃない 現場の使いやすい形に切り出す
▼大企業ほど積極的に推進 67%が 「国が主体的に関与すべき」
▼調査テーマ 「スマート工場の現状と取り組み」201509089



 

| | コメント (0)

2015年9月 7日 (月)

リコーダー協奏曲(No3661)

平成27年9月6日(日曜日)~9月12日(土曜日)の1週間、御堂筋や中之島界隈のオフィスビルやホテル、音楽ホールにおいて「大植英次プロデュース『大阪クラシック~街にあふれる音楽~』」が開催されています。
▼日時:9月7日(月)18.00~
▼会場:大阪証券取引所ビル1階アトリウム
▼プログラム
 ヴィヴァルディ:リコーダー協奏曲ヘ長調RV.442
 ベイベル:リコーダー協奏曲ハ長調
▼出演
 リコーダー:秋山 滋
 ヴァイオリン:高山佳南子、藤木愛
 ヴィオラ:佐藤まり子
 チェロ:庄司 拓

■関連WEB:「大阪クラシック~街にあふれる音楽~

20150907_8


20150907_7


20150907_15

| | コメント (0)

2015年9月 6日 (日)

エレベーターのリニューアル(No3660)

エレベーターの機械室機器や、制御に関する機器の交換を行い、新安全基準に対応するベーシックなリニューアル案です。
2009年建築基準法改正内容に対応する安全装置を付加し、より確かな安全・安心を実現。
1)戸開走行保護装置
巻上機に標準装備された二重ブレーキを含めた「戸開走行保護装置」を設置。駆動装置や制御器の故障による戸開走行を回避し、人命に関わる事故を未然に防ぎます。
2)予備電源に対応したP波感知器付地震時管制運転
「P波感知器付地震時管制運転」が予備電源に対応し、通常の停電や地震による停電時にも管制運転が可能になるため、閉じ込めを未然に防ぐことができます。
■関連WEB:東芝エレベーターニューアル

| | コメント (0)

2015年9月 5日 (土)

クラウドファンディングの活用とその魅力(No3659)

平成27年度中小企業診断士理論政策更新研修を受講しました。
日時:9月5日(土)13.00~17.00
会場:大阪商工会議所 地下1階 1号会議室
内容:
1)13.00--15.00
「新しい中小企業政策について」
「ITを活用した外部資源の活用支援」
講師:中小企業診断士・水谷 哲也氏
2)15.00--17.00
「ITを活用した外部資源の活用支援に関する事例」
講師:中小企業診断士・西谷 雅之氏
■演習「クラウドファンディングのプロジェクト(商品・サービス購入型)
1.プロジェクトのタイトル:30文字以内、リンク記事等で目にふれることが多い。
2.プロジェクトのお金を集める目的:なぜ資金が必要か?それによって解決したい課題、具体的な使い道
3.開発者の想い:なぜ自分はこの問題を解決したいのか、他人事ではなく、当事者感が伝わるように
4.リターン(購入対価):現物、記念品・グッズ、レター、イベント招待、経験・体験(プロジェクトへの参加)
■クラウドファンディングを活用して、資金調達やファン獲得につなぎませんか?
■「資金調達を通じた顧客づくり~クラウドファンディングの活用とその魅力~」

| | コメント (0)

2015年9月 4日 (金)

マイナンバーの利点と課題(No3658)

個人情報保護法とマイナンバー法の改正が3日衆院本会議で可決、成立した。
▼改正で個人情報や10月から番号の通知が始まるマイナンバーを使える範囲が広がる。
■10月5日時点の住所に各個人の番号の通知カードが郵送される。
■通知され番号は扶養する家族の番号とあわせて勤め先に伝える。企業は社会保険や源泉徴収にかかわる書類に全従業員の番号を記入する必要があるからだ。
■プライバシー保護を監視する第三者機関は改組前の組織より権限を強めて来年1月に発足する。
■誰の個人情報か分からないように加工した「匿名加工情報」の枠組みもできる。
■企業がビックデータを外部に提供するなどビジネス等に生かせる。
■マイナンバーでは2018年に本人の同意を条件に個人の銀行口座の情報とも結びつけられるようにする。
■例えば、税務署による税務調査の際、預金残高の状況をつかみやすくなる。
■「メタボ健診」や予防接種の記録も結びつけ、転職や引っ越しの際などにスムーズに引き継げるようにする。
▼法案は5月に衆院で可決したが、日本年金機構の個人情報流出問題を受けて、参院でえ法案が修正され、改めて衆院で採決となった。▼この修正により日本年金機構はしばらくマイナンバーを扱えない。
■情報漏れや悪用等の状況を監視する第三者機関の個人情報保護委員会が,マイナンバー関連の情報をきちんと扱っているかどうか確認するため、行政機関や年金機構へ定期検査の入ることも加わった。
■企業はパートやアルバイトドバイトを含めた従業員のマイナンバーを把握する必要が生じる。
■企業は情報漏れを防ぐ社内体制の整備なども不可避となる。
■関連WEB:マイナンバー「社会保障・税番号制度」(内閣官房)

| | コメント (0)

2015年9月 3日 (木)

竹中平蔵が見る日本丸のゆくえ(No3657)

「国際フロンティア産業メッセ2015」
過去最大の431社・団体、499小間の多彩な出展。
▼ロボット、IoT、ドローンを興味深く拝見しました。、
▼9月4日(金)は生憎雨でしたが、多数の来場者でした。
▼13:00から【特別講演】「竹中平蔵が見る日本丸のゆくえ」を拝聴しました。
▼アベノノミクスは徐々に効果が出ている。▼一方、中国の経済の一層の減速は避けられない。▼米国の利上げに世界の金融市場が注目している。利上げになれば世界中にばらまかれた緩和マネーが米国に還流する。その影響を最も受けるのは新興国である。▼米国の利上げが始まれば新興国の株価や通貨はダメージを受け、日本もそうなれば減速しつつある経済は足を引っ張られる。▼第三の矢、規制改革、民間の成長戦略が期待される。

| | コメント (0)

2015年9月 2日 (水)

「新聞と日本人――なぜ、真実を伝えないか」(No3656)

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから「プラスαの魅力」をいただきました。
いつもありがとうございます。 言葉の花束「「3359.1..doc」をダウンロード.してご覧ください.
☆報道の使命とは、情報をできるだけ公平な視点で提供すること ――井沢元彦「新聞と日本人――なぜ、真実を伝えないか」(詳伝社)
■関連WEB:井沢元彦「新聞と日本人――なぜ、真実を伝えないか」(詳伝社)20150901

| | コメント (0)

2015年9月 1日 (火)

自助、共助の強化が課題、自主防災組織づくりを(No3655)

防災の日の9月1日。 ▼全国で338万人の死者が出る想定の南海トラフ巨大地震、各地で相次ぐ火山や大雨、土砂崩れなどの大規模災害の被害を最小限にするために,住民同士の 助け合いなど自助、共助の強化が課題になっています。 ▼大阪市は今年2月、市防災・減災条例を施行。 ▼市民や事業者の責務,役割を明記した。▼背景には「行政による『公助』には限界がある」との考えがある。 ▼大阪市は小学校校区ごとの自主防災組織づくりを支援。 ▼来年度末を目標に全330地域で地区防災計画を策定し、要支援者名簿も作成する計画だ。 ▼要支援者名簿を作成する計画だ。▼ 同市危機管理室は「自主防災組織による避難所設置訓練などを通じて,地域の防災力強化を促したい」としている (日本経済新聞9月1日夕刊より))

■関連WEB:地域防災力向上活動企画ミーティング(NO3348)

| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »