« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月31日 (土)

秀頼、幸村の史料に見る薩摩落ち伝説(No3716)

l阪南大学 あべのハルカスキャンパス公開講座

日 時:10月31日(土)11.00--12.30

会 場:阪南大学 あべのハルカスキャンパス

講 師:内倉 昭文氏
    鹿児島県歴史資料センター黎明館調査史料室長

演 題:「秀頼、幸村の史料に見る薩摩落ち伝説」

司会対談:来村多加史氏
     阪南大学国際観光学部教授20151031

レジュメ
はじめに
1.流人・落人の国、かごしま
2.秀頼・幸村らの薩摩落ち伝説の所在地等について
3.史資料に見る「秀頼・幸村らの薩摩落ち」
4.秀頼・幸村らの薩摩落ち伝説の誕生の背景を探る
おわりに


20151031_1

▼1615年の大坂夏の陣から今年で400年。秀頼は、江戸幕府が豊臣勢を滅ぼした大坂夏の陣で死亡したとされるが、豊臣方についた武将・真田幸村らと共に薩摩藩に落ち延びたという伝説があり、鹿児島県内にも秀頼や幸村の墓との言い伝えがある石塔や石碑が残る。

■「天王寺真田幸村博 決戦!天ノ陣」

日 時:10月31日(土)13.15--13.50

会 場:天王寺公園

講 師:黒田慶一氏 城郭研究家

演 題:「真田幸村の戦略 ―真田丸、茶臼山―」20151031_2

▼真田幸村がいかに大坂の陣を戦ったのか? 天王寺区内に存在する真田幸村関連場所の最新研究に基づいてお話されました。▼真田丸、茶臼山はまだ不明な点が多いようです。▼本日の歩数は13058歩。10月の日々の平均歩数は13130歩でした。

| | コメント (0)

2015年10月30日 (金)

中小企業の海外展開支援について(No3715)

日経ビジネス2015.10.26号は
「トヨタ、グーグルも頼る 自動運転の覇者 コンチネンタル」
20151030


▼Prologue
激動期の新たな主役

▼Part 1 強さの秘密
クルマの「目」を制し、次は「頭脳」を狙う

▼Part 2 攻めのM&A
15年で買収100社、タイヤからソフトへ
Interview エルマー・デゲンハートCEOに聞く
M&Aは我々の文化、自動運転に必須な存在に

▼Part 3 日本の急所
製品だけでは生き残れない

■アジアへの海外進出企業の目的は、安価な労働コストの活用から、成長する海外市場における需要の取り込みにシフトしつつあります。2010年の「新成長戦略」でアジアへの事業展開が成長の柱と位置づけられ、翌2011年には「中小企業海外支援展開支援大綱」がとりまとめられ、中小企業の海外展開は幅広く支援の対象となりました。

■2013年6月に打ち出された「日本再興戦略」では、新規海外展開1万社を掲げています。13年までの実績が約1.1万社であることを考えるとチャレンジングな目標です。

▼「中小企業施策活用のポイント:『海外展開』」と「内部監査で効果を上げる」の二つの論文、各6000字を作成中です。11月18日提出です▼本日の歩数は10627歩でした。▼明日はハローウイン、10月31日は古代ケルト文化では大晦日、中国の周時代も、江戸の歌舞伎界も同じと(日経夕刊)。

| | コメント (0)

2015年10月29日 (木)

ISO規格改訂説明会(移行審査申請)へ(No3714)

第36回ISO情報交換会へ参加しました。
日 時:10月29日(木)16.00~18.00
場 所:新大阪丸ビル別館会議室4-1号室
内 容:「ISO9001:2015、ISO14001:2015年版対応の状況」
講 師:インターテック・サーティフィケーション㈱認証部
    吉岡 功氏
内 容:
    もしISO認証のためだけの業務があるならば、事業との一
    体化のために、現行MSと業務プロセスとの乖離を検討し、
    2015年版要求事項と実際の業務プロセスとを関係づける。
    不足部分を新規に策定し、不要なもの(ISO認証のための
    業務)を切り捨てるとよい。
    移行審査申請には、申請書とギャップチェックリストの提出。
 20151029


   

| | コメント (0)

97歳の現役医師が悟った体の整え方(No3713)

今年の三二会は梅田の新modern和食「花椿」E-ma梅田店に集まりました。昭和32年(1957年)入社の同期の仲間。入社時以来58年の交友。
▼田中旨夫著「97歳の現役医師が悟った体の整え方」が話題になりました。▼驚異的なご長寿ドクターには34の秘密があった! ▼97歳の今も週5で毎日50人以上の患者をみている現役医師の著者が実践している、独自の「体の整え方」とは? ▼「毎日20種類以上の野菜をとる」「甘いものは一切食べない」「発酵食品と良質のオイルを積極的にとる」「毎朝10分、足腰を鍛える体操をする」「週一で薬膳スープを飲む」「毎日30分、外を歩く」等々、実行すれば生涯現役でいられる34の秘訣を初公開。▼健康長寿を享受したい人、必読の書。■身の回りの不要なものは整理すること。■来年は福井へおろしそばを食べに行きたい■本日(29日)の歩数は13455歩。
■関連WEB:「97歳の現役医師が悟った体の整え方20151029_1


201510292


201510293


20151029_97

| | コメント (0)

2015年10月28日 (水)

事業承継・廃業 -次世代へのバトンタッチ(No3712)

東洋経済新報社 経営者フォーラム2015
~ 次代へつなぐ、経営者の想い ~

◆【 特別講演 】
「リーダーの引き際と次世代育成」
株式会社吉野家ホールディングス 会長 安部 修仁氏

◆【 基調講演 】

「中堅・中小企業のためのM&A活用法」
M&Aキャピタルパートナーズ株式会社 代表取締役 中村 悟氏

■今後10年で全国の中堅中小企業(小規模事業者を含む)約385万社の半数が存続の危機を迎える。経営者の高齢化、後継者不足に加え、 相続税の増税もあり事業承継の機運は高まっています。子どもや従業員に事業を承継させるか、第三者に会社を売却するか、自ら事業をたたむか。本日はM&Aを活用した承継の活用法の事例を紹介された。2014年版中小企業白書の「第3章 事業承継・廃業 -次世代へのバトンタッチ-」でした。

| | コメント (0)

2015年10月27日 (火)

マイナンバーバブルに惑わされない!(No3711)

ハルカス大学セミナー
「マイナンバーバブルに惑わされない!
~中堅・中小企業がやるべき5つのこと~」
1)マイナンバーバブルに惑わされない
2)マイナンバーで罰則、懲役はない。
 管理していたことを報告すればよい
3)3つ文書(基本方針・取扱規定・マニュアル)を作成のこと
4)もともと必要なものは購入する
5)なるべくマニュアルに沿って行動する

■大阪市立中央図書館で4冊借りる
・中小企業を変える海外展開
・グローバル経済下の中小企業
・町工場からアジアのグローバル企業へ
・金融機関のための中小企業海外展開支援
 実務のポイント

■JETROのサービス
・海外経済・貿易情報の入手
・貿易・投資相談、知識を得たい
・海外取引先開拓
・海外進出したい

■米海軍のイージス駆逐艦が現地時間の
27日午前、中国が「領海」と主張する
南シナ海の人工島12カイリ(約22㎞)以内
の海域で哨戒活動に入った。領有主張をけん制。

■BSフジのプライムニュースは
中国”百年戦略”の全貌を
米国防総省顧問が暴く
中華帝国復活への野望20151025china_2049


20151027

| | コメント (0)

2015年10月26日 (月)

中小企業の海外展開(No3710)

中小企業が海外需要を獲得するための施策。
一方で、経営資源が限られた中小企業が海外展開するリスクは大きく、海外で成功するためには「ローカル」に徹底的に向き合う必要があること。
(1) 日本再興戦略では、海外展開を企てる中小企業に対して、「ハンズオン支援体制の拡充・強化」「海外現地支援プラットフォームの整備」等の広がりと深化を持った支援を行う方針を示した。
(2) 中小企業白書でも「海外に打って出るちいさな企業」に対する多数の支援施策を解説している。
(3) 「海外展開支援施策ガイド」「中小企業施策利用ガイドブック」他の資料を参考に、中小機構、JICA、JETRO等が提供する施策。
① 「専門家による新興国進出支援サービス」「海外展開戦略支援事業」等のフィジビリティー  調査などを含むハンズオン一貫支援策
② 中小企業の製品・技術が途上国の開発に有効である事を実証し普及を図る「普及・実証事業」
③ 販路開拓・拡大を図るため、展示・商談会を開催する「ASEAN等キャラバン事業」
④ 自社のHP等の外国語化を支援する「パッケージ型海外展開支援事業」

| | コメント (0)

2015年10月25日 (日)

中国「100年マラソン」(No3709)

第5回大阪マラソン大会が秋晴れのもと、3万2千人のランナーが駆け抜けた。午前9時に大阪城公園前をスタートした。20151025_2



■近畿と東京都心に、冬の訪れを告げる「木枯らし1号」が吹いた。
■日本学関西地区講演会
 第13回 関西定例講演会 
▼講師 京都大学名誉教授
      中西輝政先生
▼演題:「今、ここにある危機!」
    -日本の安全保障と中国-
▼今や、中国は、軍事的にも拡大を続け、20151025


わが国も、尖閣諸島・沖縄において、その脅威に晒されています。このままで日本の安全保障は大丈夫なのか(案内文)。
▼南シナ海での作戦で、緊張高まる。「人工島」の12カイリ内に、米軍を派遣する。近づく米軍を中国軍が阻もうとすれば、米中衝突。自衛隊はどう動く?
■マイケル・ビルズベリー著「China 2049」日経BP社は、原題が「THE HUNDRED-YEAR MARATHON」。▼中国が最大のライバルである米国に勝利するため、「マラソン戦略」をとっているとする主張である。▼中国は共産党が政権を握った1949年まで外国の侵略に悩まされ、恥辱の歴史を味わっ20151025china_2049


た。その復讐のために、建国100年にあたる2049年までに政治、経済、軍事の面で米国を超える超大国を目指しているという。
■26日から29日まで、中国共産党中央委員会第5回全体会議(5中全会)で、2016~2020年の経済政策の運営方針を定める「5カ年計画」を審議・採択する。

| | コメント (0)

2015年10月24日 (土)

よく聞くことが大切(No3708)

20151025


口は一つ

耳は二つ

よく語ることより

よく聞くことが大切

欣淨寺さんの掲示のことばより

| | コメント (0)

2015年10月23日 (金)

コミュニティデザインの時代~自分たちで「まち」をつくる~(No3707)

「りそな ふるさと名物応援フェア」の特別講演を聴講した。
▼講 師:山崎 亮氏、株式会社studio-L代表
▼演 題:「地域における『ふるさと名物』の応援者を増やそう」
20151023▼山崎氏は地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミュニティデザインに携わっておられます。まちづくりのワークショップ、住民参加型のパークマネジメントなどに関するプロジェクトが多い。
▼本日は「泉佐野緑地」「海士町総合振興計画」「いえしまプロジェクト」「観音寺まちなか再生計画」の事例をあげてお話された。▼長い目で育てることが大切です。
▼山崎亮 著「コミュニティデザインの時代~自分たちで「まち」をつくる~」(中公新書)



■環境マネジメントシステム審査員への最新環境情報講演会
▼テーマ:「ISO 14001:2015の改訂内容について」
▼講 師:吉田敬史氏
     合同会社グリーンフューチャーズ 社長
     ISO/TC207/SC1日本代表委員
     国内委員会委員長
▼EMSの意図した成果
組織の環境方針に整合するとともに、次の事項を含む
・環境パフォーマンス
・順守義務を満たすこと
・環境目標の達成
■JIS Q 14001:2015公示は2015年11月20日(金)の予定。
■審査員補の2015年版移行申請に関する処置の概要
下段に示す内容を含んだ2015年版改訂内容に関するCPDを提出すること
「戦略的環境管理、リーダーシップ、環境保護、環境パフォーマンス、ライフサイクル、コミュニケーション、文書類」

| | コメント (0)

2015年10月22日 (木)

華麗な歴史絵巻(No3706)

京都時代祭は12時スタート。明治維新から延暦へ8つの時代、千余年を遡る時代絵巻。約2km、約2時間の豪華絢爛な行列はまさに「生きた時代絵巻」です。今年の京都の3大祭りを見学できました。



■18.30から技術向上研究会へ、論文まとめの担当を決めました。
201510224


20151022


20151022_220151022_1_2

| | コメント (0)

2015年10月21日 (水)

行動経済学の考え方(No3705)

大商夕学第2回は「経済学的思考法」でした。
▼講師:大竹 文雄 氏 大阪大学社会経済研究所 教授
▼低所得者対策に有効ではない税制に7割の人が賛成するのはなぜか。 合理的のようでいて、実は直観的で間違った意思決定を行ってしまうのが人間。 思考の癖を理解し、経済的合理性を意識することで仕事も家庭生活もが変化する。 大竹教授が直観に頼らない思考法、行動経済学の考え方を伝授(案内文より)。
■「マシュマロ・テスト:成功する子・しない子」
ウォルター・ ミシェル (著),    柴田 裕之 (翻訳)
▼『マシュマロをすぐ1個もらう? 
 それとも我慢して、あとで2個もらう?』20151021



▼これは、行動科学で最も有名なテストのひとつマシュマロ・テストである。このテストの考案者である本書の著者ウォルター・ミシェルは、マシュマロを食べるのをがまんできた子・できなかった子のその後を半世紀にわたって追跡調査し、自制心と「成功」との関連を調べた。人生で成功する子は、初めから決まっているのか? それとも、そうではないのか?長年の追跡調査でわかってきた、人間の振る舞いの不思議を、マシュマロ・テストの生みの親自身が綴る待望の一冊。
■『幸せをお金で買う」5つの授業』 ―HAPPY MONEY
エリザベス・ダン、マイケル・ノートン 著
▼「収入と幸福感が比例しない」、「幸せはお金で買えない」とは昔から言われていることですが、著者は、「世の中には、幸せになるお金の使い方と、幸せにならないお金の使い方がある」ことを豊富な研究成果から解き明かします。車や家の購入、長い通勤時間などの身近な事例を通して、「幸福感を感じる5つのお金の使い方」:
(1)経験を買う、
(2)ご褒美にする、
(3)時間を買う、
(4)先に支払って、後で消費する、
(5)他人に投資する、
■関連WEB:行動経済学会201510215

| | コメント (0)

2015年10月20日 (火)

「にっぽん文楽」(No3704)

「にっぽん文楽」、古代、難波宮があった大阪の都市文化の発祥の地の野外劇場。屋外の開放的な空間で、熱燗を飲みながら、食べながら、間近かで文楽を楽しみました。
▼演目は「二人三番叟」「本朝廿四孝」。
▼開演の前に組立舞台解説・見学、太夫・三味線の解説、人形の解説と人形遣い体験がありました。20151020i


201510202


201510203

| | コメント (0)

2015年10月19日 (月)

単に物売る店ではなくライフスタイルを提案する(No3703)

今夜の22.00からのTV番組NHKプロフェショナル仕事の流儀は「常識の外に、未来はある:起業家・増田宗昭」でした。
▼DVDレンタル経営者、
▼話題の書店・家電店で小売業に革命を起こす
▼百貨店開店の裏側(番組表より)
▼大阪TSUTAYAの創業者カルチュア・コンビニエンス・クラブの社長増田宗昭を特集する。
▼出版不況の中、次々と新業態の店を打ち出しビジネスにつなげている。増田氏はインターネット全盛の今、ただ単に物売る店ではなくライフスタイルを提案することに商機があると言う。
▼この夏、増田は前例のないプロジェクトを打ち上げた。大阪の郊外、京阪本線枚方市駅前に地上8階建て、5,000坪の百貨店、「本を軸に生活提案を実現する商業施設」を建設するという計画だ。しかし、増田が店舗を建設する駅前では、これまで相次いで百貨店が閉鎖してきた。目を引くような仕掛けを作らなければ、集客にはつながらない。来春のオープンが近づく中、増田がとった戦略とは。プロジェクトに密着し、失敗のリスクが高いからこそあえて挑むという増田の哲学に迫る。20151019


2015101950

| | コメント (0)

2015年10月18日 (日)

難があってこそ有難いんです(No3702)

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから「プラスαの魅力」をいただきました。
いつもありがとうございます。 言葉の花束「340.10.15.doc」をダウンロード.してご覧ください.

☆難があってこそ有難いんです――ゴルゴ松本「あっ!命の授業」(廣済堂出版)
☆人に好かれる“面白い人”に、年を重ねても魅力的に――多湖 輝・千葉大学名誉教授「聖教新聞」10.14付け
20151001

| | コメント (0)

2015年10月17日 (土)

2nd CD "雨つぶと風のうた" 発売コンサートvol.7(No3701)

2nd CD "雨つぶと風のうた" 発売コンサートvol.7≫

【日 時】 2015年10月17日(土)18:30開場、19:00開演---20.40

【会 場】二十四節記上牧内 MAGARIスペース
     大阪府高槻市神内2丁目1番26号

【奏 者】hataoとnamiが2011年に結成したデュオ
     糸川麗子(ヴィオラ)

■アイルランドやスウェーデンなどの伝承音楽を素材にしたオリジナル音楽を民族楽器の暖かな音色で至福の時を過ごしました。なかでも第一部では、天国のポルスカ(フィンランド伝承曲)、第二部の夜間飛行(ウエールズ伝承曲)が良かったですね。20151017

| | コメント (0)

2015年10月16日 (金)

恒例! 北大江公園 野外オーケストラコンサート(No3700)

「恒例! 北大江公園 野外オーケストラコンサート」
このコンサートは今年で10年目です。
■会 場:北大江公園
■司 会:川那辺昌子
■17.00--18.40プログラム
     ちょい悪おじさん勝手3兄弟:カンツオーネ
     城間バンド        :ロック
     マンドリン&ギターデュオ  :クラシック
     POPOCI          :フランス音楽&タンゴetc
     功刀丈弘&げんた     :アイリッシュフィドル
20.00まで続きますが、中小企業診断士の秋の懇親会へ参加しました。

201510161


20151016_2

| | コメント (0)

2015年10月15日 (木)

ピースボードで日本海一周(No3699)

桑蓬会第353回例会
1.日時 10月16日(木)18.30--20.30、懇親会20.30--21.30
2.場所 エルおおさか 608号室
3.講師 税理士 後藤 利一さん
4. 議題 ピースボードで日本海一周
5. 内容
「 ピースボートの旅」105日間で世界一周で有名な船に10日間乗ってきました。
2015年8月1日(土)から8月10日(月)まで博多を出港して、釜山、ウラジオストック、小樽、長崎に寄港して博多に戻る10日間の船旅。PEACE&GREEN BOATは、ピースボートと韓国のNPO『環境財団』が共同でコーディネートする船旅。日本と韓国、それぞれからほぼ同数の参加者。船内の日々も、寄港地プログラムも韓国の人々と一緒。言葉が違う、文化が違う、歴史が違う―船内では、多くの企画が行われ、参加型・体験型のものあり、そのプログラム(船内新聞)の一端をご紹介いただき--新しい「国際交流の船旅」に参加された貴重な体験をお聞きしました。
■関連WEB:ピースボート日韓クルーズ PEACE&GREEN BOAT 2016(来年のクルージング)

20151015


20151015_2


201510152


20151015_2_2


20151015_3



| | コメント (0)

2015年10月14日 (水)

市民生活の向上と地域社会の発展に貢献(No3698)

「近鉄百、最終黒字9億円 今期」   
▼近鉄百貨店は13日、2016年2月期の連結最終損益が9億円の黒字(前期は20億円の赤字)になる見通しだと発表した。従来予想は7億円の黒字。店舗改装工事などにかかる経費を見直した。売上高は3%減の2710億円と、従来予想から40億円引き下げた。
▼同日発表した15年3~8月期連結決算は、純利益が前年同期比27%増の3億7700万円だった。昨年3月に全面開業したあべのハルカス近鉄本店(大阪市)が苦戦し、売上高は6%減の1325億円だった。全面開業した効果が一巡し、外国人観光客の取り込みも遅れた。▼開業時は好調だっただけに反動減が目立っていて、高松啓二社長は「思ったよりも追い込んだ」と認める(朝日新聞10月14日)。201403124

■経営理念
わが社が百貨店業としての使命を遂行し、市民生活の向上と地域社会の発展に貢献し、もって社業の繁栄と成長を期する。
▼この経営理念に基づき、百貨店として、お客様の満足を第一に考えた事業運営を行い、その結果として社業繁栄を期すことを経営方針に企業活動を行っています。
■経営方針
1.創造と革新の姿勢をもって、積極果敢に目標と取組む
2.顧客第一の精神に徹し、まごころと感謝の念をもって奉仕する
3.よりよき生活の提案者を目指し、魅力ある店づくりに努める
4.相互信頼を基盤として、取引先との共存共栄をはかる
5.理解と協調にもとづく人間関係を樹立し、働きがいのある職場環境をつくる
■関連WEB:近鉄百貨店の企業情報

| | コメント (0)

強い経済が強い日本をつくる(No3697)

大塚商会ビジネスソリューションセミナーに参加しました。
■10月14日(水)12:20~13:30
■「まだ間に合う!実務でどうするマイナンバー!」
   収集~廃棄実務
■講師:ワイズコンサルティングオフィス 
    代表 特定社会保険労務士 山下 晶 氏
▼①マイナンバーのポイント
▼②マイナンバーと企業実務
▼③企業実務の具体例・ポイント

■10月14日(水)14:20~15:30
■「強い経済が強い日本をつくる
  ~経済リテラシーを高めよ!~」
■講師:経世論研究所 所長 三橋 貴明 氏
▼「経世済民」は世を治め、民を済(すく)う。
▼所得創生プロセスの構造図
▼これまでの3本の矢は「大胆な金融緩和」「財政出動」「成長戦略」で「デフレ脱却」のための政策パッケージでした。
▼新しい3本の矢は
「強い経済」で名目国内総生産(GDP)600兆円、
「子育て支援」で出生率1.8、
「安心につながる社会保障」で介護離職ゼロの3つ。
政策的裏付けのないゴールだけ。

20151014

| | コメント (0)

2015年10月13日 (火)

キンモクセイ(No3696)

快晴の京都。秋を代表する香りのよい花木、キンモクセイ。 あちこちから甘い香りが漂います。 午前中は京都で打合せ。午後は京都の大学で打合せ。 18.00からエレベータリニューアルの打合せ。201510169

| | コメント (0)

2015年10月12日 (月)

石川九楊の臨書入門(No3695)

趣味どきっ! 女と男の素顔の書―石川九楊の臨書入門」
[講師]石川九楊
▼臨書とは、書いた人物に出会い、歴史に立ち会うこと
臨書とは書がどのように書かれているかという過程を読み取って再現するものです。
▼「書は人なり」といいますが、「筆蝕(書きぶり)」に作者の生き方や書のスタイルが投影されています。単に手本通りにまねるのではなく、文字を構成する一点一画をたどることを通して、それまで一緒くたに見えていた書の違いがはっきりして、生き生きと見えてきます。違いがわかることで、書をより深く理解できるようになります。
▼テキストでは、良寛、豊臣秀吉、細川ガラシャ、高村光太郎、与謝野晶子、宮沢賢治、岡本太郎など、歴史上の偉人たちの書を、ていねいに臨書=鑑賞します。彼らの「筆触(書きぶり)」から作者の生きた時代や生のスタイルの一端がよみがえってくるでしょう。
▼目次情報
書に出会う、人に出会う 石川九楊
石川九楊 書の世界
臨書に初挑戦 羽田美智子さん
第1回 ―臨書とは 人と時代に出会う旅― 天平の光明皇后から豊臣秀吉まで
第2回 ―愛と情熱の歌人 夫のための百首― 与謝野晶子 × 与謝野鉄幹
第3回 ―戦国の貴婦人 愛と意思の手紙― 細川ガラシャ × 細川忠興
第4回 ―幕末の京 美しき尼僧と弟子の絆― 大田垣蓮月 × 富岡鉄斎
第5回 ―智恵子、愛と死 自省の「道程」― 高村光太郎 × 高村智恵子
第6回 ―“書(ことば)”の達人 細さと歪みの美と教え― 良寛 × 貞心尼
第7回 ―芸術は爆発だ! ルーツは母にあり― 岡本太郎 × 岡本かの子
第8回 ―「雨ニモマケズ」 最愛の妹への思い― 宮沢賢治 × 宮沢トシ
書の基本
ゆかりの地を訪ねて
▼放送はNHK Eテレ毎週火曜日午後9.30--9.55
10月6日(火)から、再放送はEテレ、翌週の火曜日午前11.30~11.55、10月13日から始まります。20151012

| | コメント (0)

2015年10月11日 (日)

2015年のノーベル平和賞を、対話を仲介した「国民対話カルテット」(No3694)

2015年のノーベル平和賞を、チュニジアの民主化につながる国民対話を仲介した労働組合など4者による「国民対話カルテット」に授与すると発表した。▼憲法制定や選挙の実現に向けて対話を仲介したことを評価した。▼2005年5月にチュニジアの首都チュニスを訪れた。バルドー博物館、チュニス旧市街、フランス門など。
▼2011年の「アラブの春」以降も、過激派によるテロの頻発などで混乱が続く中東地域の安定を後押しする狙いがありそうだ。▼今年の平和賞は、世界中から推薦された273候補の中から選ばれた。 ▼チュニジアは11年1月の「ジャスミン革命」でベンアリ独裁政権が崩壊。▼その後、中東各国に広がった「アラブの春」の先駆けとなった。▼ノーベル賞委員会の発表文では、国民対話カルテットが市民や政党、宗派の違いを超えて、人権の尊重を掲げ、政権崩壊後の意見の総意を形成する道を開いたと指摘。▼フィーベ委員長は「多元的な民主化の構築に向けて決定的な役割を果たした」と述べた。(日経10月10日より)

| | コメント (0)

2015年10月10日 (土)

小学校の運動会(No3693)

曇り空でしたが、暑くなくとても良い運動会日和。孫の小学校の運動会でした。20151010

| | コメント (0)

2015年10月 9日 (金)

IOTで“つながる”ものづくりの変革(No3692)

インテックス大阪での第18回関西ものづくりワールド特別講演③IOTを受講しました。

▼日時:10月9日(金)10.30--12.00
 会場:ハイアットリージェンシー大阪
 主催:リード エグジビション ジャパン㈱

■「製造業の競争力強化に向けた経済産業省の取組み
  ~IOTで“つながる”ものづくりの変革

 講師:経済産業省
    製造産業局ものづくり政策審議室長
    正田 聡氏

■「GEのインダストリアル・インターネット戦略」
 
 講師:日本GE株式会社
    専務執行役員
    田中 豊人氏

▼大阪商工会議所サービス産業部会の講演会
 日時:10月9日(金)14.00--15.10
 会場:大阪商工会議所4階 402号室

 講演:「SNSが生み出す新たなビジネススタイル
      ~シェアリング・エコノミーとは~  」

 講師:株式会社ソーシャルカンパニー代表取締役
    ソーシャルメディア・コンサルタント
    市川 裕康氏

20151009


20151009_2

| | コメント (0)

2015年10月 8日 (木)

中小企業経営に役立てるための新しいISOマネジメントシステム(No3691)

インテックス大阪での第18回関西ものづくりワールド、第18回 関西 設計・製造ソリューション展の見学と特別講演②を受講しました。

特別講演②

▼日時:10月8日(木)10.30--12.00
 会場:ハイアットリージェンシー大阪
 主催:リード エグジビション ジャパン㈱

■「マツダのモノ造り革新とグローバル生産」
 講師:マツダ㈱常務執行役員
    菖蒲田 清孝氏

■「オリンパスのものづくりは人づくり」
 講師:オリンパス㈱取締役常務執行役員
    林 繁雄氏

夜は中小企業診断士の第127回ISO研究会に参加しました。
テーマは「中小企業経営に役立てるための、新しいISOマネジメントシステム」(冊子)の目次を検討し、執筆担当を決めました。

20151008_2

20151008_3

| | コメント (0)

2015年10月 7日 (水)

アジアの経済発展と環境問題(No3690)

りそなアジア・オセアニア財団セミナー『アジアの経済発展と環境問題』を受講しました。
第4回シンポジウム アジアの経済発展と環境問題

■講 演 ~社会の持続的な成長を目指して~私の取材手帳から
      <講師>福島 敦子氏(ジャーナリスト)

■講 演 ~グリーンエコノミーが地球を救う~
      <講師>大沼 あゆみ氏(慶應義塾大学経済学部教授)

■講 演 ~企業の視点から環境問題を考える~
      <講師>国連グローバル・コンパクト ボードメンバー
             富士ゼロックス(株)イグゼクティブ・アドバイザー
            (一社)グローバル・コンパクト・ネットワーク・
                ジャパン代表理事
■事例報告 
     ~インドネシア・エビ養殖河川流域住民による環境整備活動~

     ~持続可能な社会へ、ミクロネシア連邦ヤップ州の取組み動~

■バイオリン演奏 演奏者 伊藤(納庄)麻里子氏 環境音楽演奏

■パネルディスカッション
          アジアの発展と環境のあり方、今求められる日本の貢献

     <コーディネーター>阿部 健一氏(総合地球環境学研究所教授)
     <パネリスト>講演者全員

■「アジアの経済発展と環境問題」をテーマにして、日本が経験してきた、水質および大気汚染、地盤沈下、都市型水害などの環境をめぐる災害を克服した知識と技術を生かして、アジア地域の環境問題を解決し、持続可能な経済発展(クリーン経済)を可能にする施策のあり方を勉強しました。
■環境問題の解決には企業の役割、位置づけが大きくなっています。また、若い人たちへの環境教育が大切で、未来への投資です。■「エシカル消費」への関心が高まりつつあります。児童労働を排した服や雑貨、開発時に動物実験をしない化粧品、放し飼いの鶏肉など。地元産品を愛用するのもエシカル消費。20151007_1

| | コメント (0)

2015年10月 6日 (火)

ノーベル物理学賞を、東京大学宇宙線研究所所長の梶田隆章氏に(No3689)

スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2015年のノーベル物理学賞を、東京大学宇宙線研究所所長の梶田隆章氏(56)とカナダクイーンズ大学のアーサー・マクドナルド氏の2氏に贈ると発表した。
授賞理由は「ニュートリノに質量があることを示すニュートリノ振動の発見」。日本のノーベル賞受賞は、5日に医学生理学賞が決まった大村智・北里大特別栄誉教授に続き24人目。
明日7日は化学賞の発表です。今年注目されるのは有機化学とものづくりの分野。25人目の受賞が期待されます。
■10月6日放送のクローズアップ現代は“小さな泡”が世界を変える!?~日本発・技術革命は成功するか~です。
直径ナノレベル~0.1ミリほどの微細な泡を液体に注入すると、信じられないような効果が生まれる―ウルトラファインバブル(極小の泡)を使った技術で様々な産業に革新が起こりつつある。極小酸素は養殖魚や農作物の成長を促進し、魚のサイズを2倍にまで伸ばす。極小窒素を水揚げした魚に使えば、雑菌の繁殖を抑え、食品の保存期間を5倍に延長させる。界面活性効果で工業製品の洗浄力は薬品を上回り、最新医療ではウィルスや細菌を破壊、一部高温状態にすれば醸造・発酵にも活用できるなど、様々な効果が確認されつつある(NHKより)。
■10月6日放送のプライムニュースは『独VW不正問題の背景 企業体質とガバナンス 燃費と環境保護両立は』でした。

| | コメント (0)

2015年10月 5日 (月)

「持続可能性」評価の難しさ(No3688)

りそな銀行は企業統治の進み具合を独自に評価した指数を使った年金の運用を始める。
▼国内外の上場企業について取締役会の実効性を中心に点数化。▼収益力も加味したうえで点数が上位の銘柄に重点投資する。▼企業統治や環境などへの取り組みを投資判断の材料に利用する「ESG投資」は欧米で活発だ。▼日本でも年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がESG投資を運用機関に促す国連の「責任投資原則」に署名するなど注目度が高い。▼同原則の柱はESGと呼ばれる考え方で、投資にあたって企業を環境(Environment)、社会(Social)、統治(Governance)の側面から評価する。▼自己資本利益率(ROE)や収益の安定性など財務面の評価に加え、取締役の独立性や多様性など11項目で点数化する。▼りそな銀は企業統治の評価が高い会社ほど業績も良好な傾向があるとみている。▼企業からみれば点数が上がるほど株式が買われるため、改革を進める動機になる。▼低公害のクリーンディーゼルを掲げてきたVWへのESG評価は高かった。▼また、日本でも東日本大震災まで、「温暖化ガスの排出抑制に貢献」との理由で、原子力発電を推進する東京電力に投資するファンドがあった。▼環境や社会への配慮を忘れず、統治の利いた企業をきちんと評価するのは難しい。(日本経済新聞5日より)
■ノーベル賞に大村智氏  熱帯病克服に貢献 生理学・医学賞、中国などの2氏と
■TPP大筋合意

| | コメント (0)

2015年10月 4日 (日)

訪日外国人どう獲得、接客でコト消費もつかむ(No3687)

第51回 『天下の台所・八軒家浜市』
産地直送の水揚げされたばかりの新鮮な魚介類や開きものの販売会。
「生・本まぐろ解体ショー」は、午前10時から。
■水都大阪2009で初登場し、水都大阪のシンボルとなったラバー・ダックが、中之島公園に登場します!オランダの若手アーティストF.ホフマン氏のアート作品です。
■中之島グリーンマーケット・ものづくりワークショップ
水都大阪フェス2015も開催中。
■River Side YOGA - Schedule
日時:毎週土曜日、「朝」のレッスンのみ開催
場所:中之島公園芝生広場
■J・フロントリティリング社長・山本良一氏
訪日外国人どう獲得、接客でコト消費もつかむ。英ハロッズは、売上高に占める外国人客の割合は50%。当社は5.5%に過ぎない。まだ伸びしろはある。外商のノウハウを外国人に生かせ(日経)
■ヨドバシがアマゾンに勝つ。
巨艦店×超速EC(電子商取引)の威力。市場の縮小にあえぐ家電量販業界で、ヨドバシカメラの強さが際立っている。ヨドバシのネット通販事業は1000億円へ。日経ビジネス10.05号。、
■セブン&アイ、次の一手
ライバルを引き離すオムニの力。日経ビジネス10.05号。
■平成中村座大阪公演は10月25日〜11月26日まで、西の丸庭園で。
■阪急百貨店9階の催場・祝祭広場・阪急うめだホールがいつも海外の文化紹介などの催事でにぎわっています
■バングラデシュで、日本人男性銃撃、親日国でなぜ
■ラグビー、サモア破る
■TPP交渉1日延長へ20151004_4


20151002_3

| | コメント (0)

2015年10月 3日 (土)

「プロのビジネスマン」の条件(No3686)

2日の大商夕学は元日立グループ会長・川村 隆さんが贈るメッセージでした。
■「自分の後ろにはもう誰もいない」――ビジネスマンに必須の「仕事への向き合い方」とは。決断、実行、撤退…一つ一つの行動にきちんと、しかし楽観的に責任を持てば、より楽しく、成果を出せる。
「どん底」から「過去最高益」、そして「世界」へ―HITACHI復活の立役者が語る「プロのビジネスマン」の条件。

1.「会社は何のためにあるのか」を世界の幹部社員に問うた。稼ぐ力をつけないと存在価値がないことを訴えた。
2.その結果、社員が月次の数字を見るようになった。
3.GEも結果が見えるようになって変わった。
4.これまでに修得しておくべきことは何か?[会場からの質問)
 Doctor of Philosophy、Ph.D
 経営者はドクターの資格、あるいは哲学の分野での知識を持っていないと、世界のマーケットで受け入れられない。 交渉相手はそのようなところ(人格)をさぐる。
5.トップの仕事(必要な能力)は4つ
 ①天下の動きを「読む」
 ②戦略を「描く」
 ③説明する:「話す」
 ④実行力:抵抗勢力に負けない、「断固実行する力」
6.営業利益7%を10%にしたい
7.自分の部門は整理したいという意見は出ない。
 事業を廃止する決断はトップ(上)から。
8.これからのトップは、3年以上の海外社長経験者が必須。 
 GEも同じ。若い時から、社長候補の教育を体験させる。
9.海外比率が50%超える(2015年から)
10.海外の意見が貴重なヒントになる。改善、開発のヒントになる。
■赤字に陥った巨大企業トップに就任したのは69歳のグループ会社社長。経済界で経営陣の若返りが進む中、逆に注目される。覚悟を決めて決断と実行を重ね過去最高益を達成、企業使命利益を創造し社会へ還元することと断言する川村氏が改革の軌跡と日立への思いを語る(案内文より) 
■関連WEB:ザ・ラストマン 日立グループのV字回復を導いた「やり抜く力」
■関連WEB:日立再生を主導した「ザ・ラストマン」
     川村隆・元会長、69歳の再登板
■関連WEB:『ザ・ラストマン』川村隆・著 vol.388720151002

| | コメント (0)

2015年10月 2日 (金)

七転び八起きを超える「九転十起生」を座右の銘として(No3685)

特別展示「大同生命の源流”加島屋と広岡浅子”」を見学しました。
■「九転十起生」広岡浅子の生涯
京都・出水三井家の出身で、17歳の時に大阪の豪商・加島屋に嫁ぎます。明治維新を迎えて加島屋が危機に瀕する中、当時20歳の浅子は経営の立て直しに奔走。大名貸しのように旧来の商売が中心であった加島屋を、炭鉱、銀行、保険など近代的な企業グループへと変える中心的な役割を果たします。
また社会活動家として、日本女子大学の創設にも力を尽くしました。浅子は、七転び八起きを超える「九転十起生」を座右の銘としています。「七転び八起き」よりも二度多い人の何倍もの努力する。転んでもただでは起きず、何かをつかんでまた起き上がる。浅子の負けん気や、力強い生きざまを表すことばです。
■関連WEB:NHK「朝がきた」
■関連WEB:大同生命の源流「加島屋と広岡朝子」
■天王寺公園入り口が10月1日リニューアル・オープンしました。
■大商夕学講座は 第1回「ラストマンの生き方」川村 隆 氏でした。、

| | コメント (0)

2015年10月 1日 (木)

老後は、最初に歩んだ道とは異なる、別の生き方をする人生を(No3684)

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから「プラスαの魅力」をいただきました。
いつもありがとうございます。 言葉の花束「33910.1.doc」をダウンロード.してご覧ください.
☆老後は、最初に歩んだ道とは異なる、別の生き方をする人生を――外山滋比彦「50代から始める知的生活術」(大和書房)2015100150



☆内容と心を鍛えることは、生きている限り無限である――加賀美幸子「心を動かす言葉」(海竜社)20151001



☆辛くても、何か一つ足すだけで幸せになれる――ゴルゴ松本「あっ!命の授業」(廣済堂出版)20151001_2

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »