« 難があってこそ有難いんです(No3702) | トップページ | 「にっぽん文楽」(No3704) »

2015年10月19日 (月)

単に物売る店ではなくライフスタイルを提案する(No3703)

今夜の22.00からのTV番組NHKプロフェショナル仕事の流儀は「常識の外に、未来はある:起業家・増田宗昭」でした。
▼DVDレンタル経営者、
▼話題の書店・家電店で小売業に革命を起こす
▼百貨店開店の裏側(番組表より)
▼大阪TSUTAYAの創業者カルチュア・コンビニエンス・クラブの社長増田宗昭を特集する。
▼出版不況の中、次々と新業態の店を打ち出しビジネスにつなげている。増田氏はインターネット全盛の今、ただ単に物売る店ではなくライフスタイルを提案することに商機があると言う。
▼この夏、増田は前例のないプロジェクトを打ち上げた。大阪の郊外、京阪本線枚方市駅前に地上8階建て、5,000坪の百貨店、「本を軸に生活提案を実現する商業施設」を建設するという計画だ。しかし、増田が店舗を建設する駅前では、これまで相次いで百貨店が閉鎖してきた。目を引くような仕掛けを作らなければ、集客にはつながらない。来春のオープンが近づく中、増田がとった戦略とは。プロジェクトに密着し、失敗のリスクが高いからこそあえて挑むという増田の哲学に迫る。20151019


2015101950

|

« 難があってこそ有難いんです(No3702) | トップページ | 「にっぽん文楽」(No3704) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。