« よく聞くことが大切(No3708) | トップページ | 中小企業の海外展開(No3710) »

2015年10月25日 (日)

中国「100年マラソン」(No3709)

第5回大阪マラソン大会が秋晴れのもと、3万2千人のランナーが駆け抜けた。午前9時に大阪城公園前をスタートした。20151025_2



■近畿と東京都心に、冬の訪れを告げる「木枯らし1号」が吹いた。
■日本学関西地区講演会
 第13回 関西定例講演会 
▼講師 京都大学名誉教授
      中西輝政先生
▼演題:「今、ここにある危機!」
    -日本の安全保障と中国-
▼今や、中国は、軍事的にも拡大を続け、20151025


わが国も、尖閣諸島・沖縄において、その脅威に晒されています。このままで日本の安全保障は大丈夫なのか(案内文)。
▼南シナ海での作戦で、緊張高まる。「人工島」の12カイリ内に、米軍を派遣する。近づく米軍を中国軍が阻もうとすれば、米中衝突。自衛隊はどう動く?
■マイケル・ビルズベリー著「China 2049」日経BP社は、原題が「THE HUNDRED-YEAR MARATHON」。▼中国が最大のライバルである米国に勝利するため、「マラソン戦略」をとっているとする主張である。▼中国は共産党が政権を握った1949年まで外国の侵略に悩まされ、恥辱の歴史を味わっ20151025china_2049


た。その復讐のために、建国100年にあたる2049年までに政治、経済、軍事の面で米国を超える超大国を目指しているという。
■26日から29日まで、中国共産党中央委員会第5回全体会議(5中全会)で、2016~2020年の経済政策の運営方針を定める「5カ年計画」を審議・採択する。

|

« よく聞くことが大切(No3708) | トップページ | 中小企業の海外展開(No3710) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。