« 中小企業の海外展開支援について(No3768) | トップページ | 国内全生産事業所・研究所で生物多様性調査を実施、土地の利用通信簿(No3770) »

2015年12月22日 (火)

ASEAN経済共同体を考える3つの視点(No3769)

201512


アジ研ワールド・トレンド 2015年12月号(No.242)は 12月末創設の「ASEAN経済共同体(AEC)」を特集しています。

20140901asean

▼巻頭エッセイ
 ASEAN経済共同体を考える3つの視点 pdf (588KB) / 石川幸一

1)AECはプロセスとして理解すべきである。
2)AECを含めASEANの経済統合の実施プロセスは、時間をかけて段階的に進められていることが特徴である。
3)外国投資への期待大きいことがあげられる。AFTAの重要な目的は1990年代に起きた中国投資ブームに対抗した外国投資誘致だった。

▼特集 : ASEAN経済共同体(AEC)創設とその実態

▼特集にあたって pdf (6088KB) / 磯野生茂

▼AEC創設とは何か / 福永佳史・磯野生茂

▼企業の視点からみたFTA利用状況 / 早川和伸

▼ASEAN経済共同体とサービス自由化 / 石戸 光

▼ASEANの航空自由化とエアアジアの戦略 / 梅﨑 創

▼生産ネットワークの変容と陸上交通円滑化 / 磯野生茂

▼ASEANにおける労働者の移動—2015年に受入国と送出国は合意できるのか— / 山田美和

▼ASEAN連結性の強化と常駐代表の役割 / 鈴木早苗・福永佳史

2016年1月号の特集は
「内戦後のスリランカ経済~持続的発展のための諸条件~」です。
■2016年8月にスリランカを訪れる予定です。■22日の日経記事は「日本マクドナルド売却」、「東芝、国内外1万人削減」「ODA,17年ぶり増額、TICAD:8月ケニアで」「中国と世界、膨張とあつれき2」■22日は冬至、歩数12537歩、■夕刊記事、「新国立A案・大成陣営、隈氏デザインに決定」「TPP効果14兆円」

|

« 中小企業の海外展開支援について(No3768) | トップページ | 国内全生産事業所・研究所で生物多様性調査を実施、土地の利用通信簿(No3770) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。