« ISO維持審査の立ち会い (No3749) | トップページ | 東アジアのFTAとASEAN共同体(AEC)最新動向(No3751) »

2015年12月 3日 (木)

中国経済の現状と今後の展望~世界経済を牽引する中国の針路~ (No3750)

経済講演会&交流会「中国経済の現状と今後の展望 ~世界経済を牽引する中国の針路~」 
●日  時 平成27年12月3日(木) 15時30分~17時
●場  所 天王寺都ホテル 6階 吉野の間
●主  催 大阪商工会議所南支部  協力:大阪信用金庫
●内  容 ≪第1部≫ 経済講演会 15時30分~17時
 ■テーマ 「中国経済の現状と今後の展望 ~世界経済を牽引する中国の針路~」
 ■講 師 日本貿易振興機構(JETRO) 海外調査部中国北アジア課長 箱崎 大氏
  (1)足元の中国経済の動向~株安、元切り下げと実体経済~
  (2)習近平政権下の経済政策の推移~成長の鈍化は意図せざる失速なのか~
  (3)今後の中国をどうみるべきか~2016年のイメージと中長期の中国をみる視点~
▼社会主義市場経済導入とともに中国は驚くべきスピードで成長拡大を続け、アメリカに次ぐ経済大国として世界経済の好不況を左右する存在となっています。▼しかしながら、成長優先の政策は環境や治安の悪化、貧富の格差拡大など深刻な社会問題や周辺国との軋轢を生み出しています。▼そうした中、今夏は株価の大幅な下落や人民元の切り下げなど中国経済の変調が目立ち、その実態に関心が寄せられています。▼そこで、長年、中国を研究しているJETRO海外調査部中国北アジア課長の箱崎氏からご講演いただきました。
20151203r

 

|

« ISO維持審査の立ち会い (No3749) | トップページ | 東アジアのFTAとASEAN共同体(AEC)最新動向(No3751) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。