« ありのままがよい(No3755) | トップページ | 事業活動とマネジメントシステムを一体化させる(No3757) »

2015年12月 9日 (水)

業界の“常識”を“非常識”に変えよ!(No3756)

<第3回中小企業のためのビジネス講演会>

         100年企業の挑戦~企業は変われるか~

~「業界の“常識”を“非常識”に変えよ!」
  老舗繊維企業を存続の危機から劇的に蘇らせたリーダーシップと『経営革命』~

◆日 時:平成27年12月9日(水)14:00~16:00

◆場 所:大阪商工会議所 7階 国際会議ホール     

◆テーマ:「100年企業の挑戦~企業は変われるか~」

◆講 師:セーレン株式会社 代表取締役会長兼CEO  
      川田 達男 氏

 
◆要 旨:
 ▼企業が厳しい競争を勝ち抜くためには、不断の経営改革が不可欠です。中でも、 社歴の長い企業の改革には一層困難が伴い、経営者には『経営革命』を断行する強い覚悟と戦略が求められます。

▼福井の繊維企業として一時代を築き、創業100年を超えるセーレンは、繊維 産業が斜陽産業と言われる中、生き残りをかけて「ビジネスモデルの転換」 「非衣料・非繊維化」「IT化」「グローバル化」「企業体質の変革」といった難題に果敢に挑み、高収益企業へと変貌を遂げられました。

 ▼これら一連の『経営革命』を強力なリーダーシップで成功に導いたセーレン代表取締役会長の川田達男氏をお招きし、ご自身の経験を交えて企業生き残りの経営戦略などについて、お話しいただきました。

▼ITではViscotecsシステムを開発しました。デジタル化、ITを使うことによって、1677万色の表現力、1m、1着分から安く作れる。時間単位、1週間単位でものが作れる。水が20分の1、エネルギーが20分の1。バーチャル在庫、自動化。何百台という機械が無人で動いています。

|

« ありのままがよい(No3755) | トップページ | 事業活動とマネジメントシステムを一体化させる(No3757) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。