« 2015年版への移行対応を考える(No3763) | トップページ | 読んだら忘れない読書術(No3765) »

2015年12月17日 (木)

TPP(環太平洋パートナーシップ)協定説明会(No3764)

中小企業のメリット、「TPP原産地規制」は日本国内での製造も対象になる。TPPの「電子商取引」も中小企業には有利な制度である。

TPP(環太平洋パートナーシップ)協定説明会
  ~中小企業のメリットと実務課題~

日 時: 2015年12月17日(木)14:00~16:00
場 所: 大阪商工会議所
講  演: 「TPP協定交渉の大筋合意について」
講  師:  内閣官房 TPP政府対策本部 
     上席調査役 岡山 英弘 氏

内  容: 関税はじめサービス・投資の市場アクセスに係る各国の
     約束や知的財産等のルール、中小企業が享受できるメリ
     ット等について具体的に解説していただきました。
     中小企業向けの2つの政策
     ▼新輸出大国≪TPPの活用促進≫
      ・丁寧な情報提供及び相談体制の整備
      ・新たな市場開拓
        グローバル・バリューチェーン構築支援
     ▼グローバル・ハブ≪TPPを通じた強い経済の実現≫
      ・TPPによる貿易・投資の拡大を国内の経済再生
       に直結させる方策
      ・地域の「稼ぐ力」強化

|

« 2015年版への移行対応を考える(No3763) | トップページ | 読んだら忘れない読書術(No3765) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。