« 世界一の焼鳥屋、2000店舗への挑戦 (No.3818)  | トップページ | 真田丸と大坂城を結ぶ「真田の抜け穴」 (No.3820) »

2016年2月10日 (水)

石油が招いた真珠湾攻撃 (No.3819) 

「週刊ダイヤモンド」2016年2月13日号は興味深い内容です。

▼特集 地政学超入門

複雑怪奇な国際情勢を理解するために、地政学的な見方の重要性が増している。地政学では、ある地域の政治、経済、軍事、社会的な動向には、その地理的な位置や形が大きな影響を与えていると考える。また、その地域や民族が持つ行動原理を知るには、現在に至る歴史を知ることも不可欠だ。地図と歴史を武器に、激動する世界を読み解いていこう。
▼Part.この国が見ている世界
米国、英国、フランス、ドイツ、ロシア、トルコ、イスラエル、イラン、サウジアラビア、中国、韓国、北朝鮮、インド、インドネシア、イスラム国など世界の15カ国の世界観と行動原理を地政学的に読み解いています。
▼「日本の弱点はエネルギー調達、石油が招いた真珠湾攻撃」
75年前、日本はなぜ無謀ともいえる太平洋戦争に突入してしまったのか。その理由は、エネルギーの調達という観点から見れば、明らかになってくる(P.41)。

▼特集2
「ヤメノキア」が創る 北欧 フィンランドの新興産業20160210

|

« 世界一の焼鳥屋、2000店舗への挑戦 (No.3818)  | トップページ | 真田丸と大坂城を結ぶ「真田の抜け穴」 (No.3820) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。