« コミュニケーションロボットの開発と利用(No.3833) | トップページ | 石田梅岩と論語(No.3835) »

2016年2月25日 (木)

エコノミックガーデニング(EG)(No.3834)

◇ 第155回 技術向上研究会  ◇
 
1.日 時: 平成28年2月25日(木) 18:30~20:30
2.場 所: マイドーム大阪7階 大阪府中小企業診断協会 第2会議室
3.発 表:「まちづくり・公共政策分野での診断士の可能性」
4. 講 師: 三輪会員
5. 内 容
      ①はじめに
      ②建設コンサルタント業界の概要
      ③まちづくり・公共政策分野でのキーワード
      ④まちづくり・公共政策でんも診断士の可能性
      ⑤終わりに
■エコノミックガーデニング(EG)
企業家精神あふれる地元の中小企業が活躍できるビジネス環境を創出し、地元企業を成長させることにより地域経済を活性化させる政策です。
エコノミックガーデニング(EG)は、1980年代後半にアメリカのコロラド州リトルトン市で初めて実施され、試行錯誤を繰り返しながら15年間で雇用2倍、税収3倍を実現したことで注目を浴びた地域経済活性化施策で現在では全米の多くの都市に広がりを見せています。      
■今後のテーマについて:施策の論文の利用ポイント、IoT、生産性向上、順法、ファミリービジネスなど。

■関連WEB:エコノミック・ガーデニング
■関連WEB:地域経済を救うエコノミックガーデニング(PDF)2016022501

|

« コミュニケーションロボットの開発と利用(No.3833) | トップページ | 石田梅岩と論語(No.3835) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。