« 桑蓬会の2月・3月の研究会(No.3812)  | トップページ | 「“水素社会”の実現に向けた挑戦と課題 (No.3814)  »

2016年2月 4日 (木)

村田製作所、IoT機器のアイデア公募 試作品開発を支援 (No.3813) 

いまや、クルマや家電からフォークや歯ブラシまで、あらゆるモノがネットにつながり、新たなビジネスモデルを可能にするIoT(モノのインターネット)の時代。
▼1月26日の日本経済新聞によると、村田製作所はサイバーエージェントと組み、あらゆるものをネットにつなぐIoT機器のアイデアを公募する。事業を始めて間もない企業や個人が対象で、製品サンプルを提供したり、技術サポートをしたりしながら試作品開発を支援する。▼社外の優れたアイデアを早期に発掘することで、革新的な製品の開発につなげる。▼インターネットで資金を募るクラウドファンディング(CF)の仲介サイトに特設ページを開設しアイデアを募る。▼この仲介サイトはサイバーエージェントのグループ企業が運営する。募集期間は26日から2月末まで。
■関連WEB:IoT機器のアイデア公募、村田製作所

|

« 桑蓬会の2月・3月の研究会(No.3812)  | トップページ | 「“水素社会”の実現に向けた挑戦と課題 (No.3814)  »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。