« 真田丸と大坂城を結ぶ「真田の抜け穴」 (No.3820) | トップページ | 第7回「KYOTO地球環境の殿堂」入り者 (No.3822) »

2016年2月12日 (金)

関西経済の見通し (No.3821)

央支部経済講演会「関西経済の見通しについて」に参加しました。

●日 時 2月12日(金)15:00~17:00
●場 所 大阪商工会議所 6階 ニューコクサイ 末広の間
●講 師 朝日新聞編集委員(経済担当) 多賀谷 克彦 氏
●内 容 「関西経済の見通しについて」

下記の話題を提供された。
▼GDPの19%が関西、大阪が一番良かったのは大阪万博の頃1970年代がピークで。▼工業(場)等制限法の影響。▼大都市の学生数比較▼中川政7商店が創業300周年を記念して「大日本市博覧会」▼第54回関西財界セミナー、次世代医療次世代フォーラム、特区版「医工連携事業化推進事業」
■2月12日の新聞記事です
▼東証一時 15,000円割れ▼円高一時111円、▼100年前にアイシュタインが存在を予言し、世界の研究者が観測を目指していた「重力波」について、米国の研究チームが11日、初めて観測したと発表した。

|

« 真田丸と大坂城を結ぶ「真田の抜け穴」 (No.3820) | トップページ | 第7回「KYOTO地球環境の殿堂」入り者 (No.3822) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。