« 大阪のまちの変容と映画館の関係(No.3837) | トップページ | 時間はあなたの人生の貨幣である(No.3839) »

2016年2月29日 (月)

朝の奈良ウオーク「修二会の舞台」へ(No.3838)

201602297_2


奈良の春、
早朝の奈良公園・春日大社・二月堂参拝へ。
いよいよ明日3月1日から東大寺の修二会が本格的に始まります。この修二会は東大寺大仏開眼の752年から一度も途切れずに続き,今年で1,265回目。
▼「お水取り」は、二月堂本尊の十一面観音におわびをする行事です。世の中の罪を懺悔し天下太平をお祈りします。
▼なぜおわびをするのか。昔の人は、災いは人が悪いことをするから起きると考えた。地震、病気、旱魃飢饉……。それらは、人が悪いことをしたから起きる。▼法をやぶるような悪いことをする人は多くないかもしれないが、知らないうちに、あるいは知りつつも、人はさまざまな罪を重ねる。▼悪いことをしているのだから、まずおわびをする。▼おわびして、おわびして、おわびして、みんなの幸せを祈る。▼練行衆は、すべての衆生(しゅじょう)の罪を肩代わりし、松明が消えたあと、深夜に5時間から9時間、一心におわびをする。板に体を打ちつける「五体倒地」など1日6回の厳しい修行が続きます
「お水取り」の本当の魅力より引用。
■コース
JR奈良駅を午前6時にスタートして、一の鳥居、飛火野、高畑、春日大社、若草山山麓、手向山八幡宮、二月堂、公会堂、飛火野、一の鳥居、猿澤池、椿井小学校、R奈良駅へ。徒歩で2時間。
■関連WEB:奈良公園・高畑エリア
■関連WEB:朝の奈良ウオーク神秘的な朝の奈良公園早回りコース20160229_3


201602296

|

« 大阪のまちの変容と映画館の関係(No.3837) | トップページ | 時間はあなたの人生の貨幣である(No.3839) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。